電話代行屋ブログ

【謝罪代行は後悔する?】後悔しないためのポイントをご紹介

【謝罪代行は後悔する?】後悔しないためのポイントをご紹介

皆さんは謝罪代行を利用したことはありますでしょうか?

謝罪代行では自分自身の代わって謝罪を行ってくれるサービスになりますが、謝罪代行を利用したことであとになって後悔してしまう人も少なからずいるでしょう。

それ以外にも実際に謝罪代行を利用した人の声も聞いてみたい人も多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな方々に謝罪代行を利用した人の声謝罪代行で後悔してしまう理由謝罪代行で後悔しないポイントを中心にご紹介致します。

今謝罪代行を検討している人はぜひご覧ください。

 

謝罪代行を利用した人の声をご紹介

謝罪代行を利用した人の声をご紹介

謝罪代行を利用した方々に後悔した人は多いのでしょうか?

ここでは実際にニコイチに寄せられたお客様の声をご紹介致します。

本当に後悔した人が多いのか確認してみましょう。

 

お客様の声①

他社の会社と比べてブログを始め、料金や過去の実績などが細かく記載されていたので信用することが出来ました。数ある謝罪代行屋の中でもこちらの会社だけが、相談無料でしたので相談だけでもまずはと勇気を出すことが出来ました。

この度は、難しい内容をお受けしていただきありがとうございました。おかげさまで全てが円満に解決いたしました。感謝しております。

引用元:【謝罪代行】お客様の声1

謝罪代行ニコイチでは謝罪代行の相談は完全無料で行っています。

謝罪代行のご利用で不安な部分があればぜひ1度ニコイチにご相談ください。

 

お客様の声②

本日はご対応頂き、本当にありがとうございました。本日お伺い致しましたが、本人ご不在の為納品完了後にお電話致しましたが、出られなかったので、留守番電話にメッセージを残させて頂きました。今回お電話頂いた後の事もまだまだ心配が残りますが、ひとまず安心しております。今後お願いする事のない様に努めたいと思います。ありがとうございました。

引用元:【謝罪代行】お客様の声2

こちらはお客様の社長になりすましてお客様に電話を実行致しました。

謝罪に関しても相手方は特に怒ることは無く、許していただくことができました。

ニコイチでは特殊なケースの謝罪も行っております。

 

お客様の声③

HPを他社と比較させて頂いて、こちらなら安心してお願い出来ると思ったからです。金額はそこそこお高めかと思いましたが、金額以上のサービスをして頂いたと思っております。また利用する機会がありましたら迷わずこちらにお願いすると思います。その時はまたご相談させて下さい。

引用元:【謝罪代行】お客様の声3

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目の会社です。

実績件数も豊富ですので他社様よりもご安心してご利用いただけます。

 

ご紹介させていただいた上記のの3つはいずれもニコイチをご利用したお客様の声になります。

この3人では後悔や不満な部分は無く、皆さん問題なくご利用頂けております。

ニコイチでは謝罪代行の成功率はほぼ100%で、謝罪代行を行う前にも1度お客様と打合せを行います。

どんな方法で謝罪するのが一番効果的か、どんなシナリオが必要かなど事前に準備をするため、問題なく謝罪が成功する場合が多く、後々後悔することも少なくなります。

謝罪代行の事例

当時、約1年間仲良くしていた女性と電話で口論になりました。私は一般人ですが、相手の女性は市役所の福祉事務所の職員です。口論になった理由は、女性の上司が私と女性にあべこべの嘘を伝えたことが原因です。そのため、私と女性は上司から「そう聞いた。そうは聞いていない。」と口論になりました。上司が私達に嘘をついた理由は、私と女性が仲良くしていたことが単純に気に入らないこと。

私が上司の不正行為を発見し、福祉事務所に改善させたことで逆恨みされていたことが原因だと思います。私は、その嘘を女性に証明し和解しようとしました。ですが、嘘をついた上司の妨害を受けてしまい、女性と話もできない状況にされ、私が送付した手紙も届くことなく、搾取されていました。私は、真剣に書いた手紙を搾取閲覧されていたことから、手紙を書く気持ちが萎えてしまいました。

その事情を相談していた友人らとても許せないと怒り、私に代わって抗議する手紙、女性と和解するための手紙を代行すると言い出しました。PCやプリンターが無かったこともあり、状況を変えるため、手紙の代行をお願いしました。ただし、差出人の名義はトラブルを避けるため、私の名義を使うとしました。結局、友人らが手紙を代行しても問題は解決することはなくありませんでした。つい最近になって友人らか代行して送っていた手紙の内容を、たまたま知ることが出来ました。

その手紙の内容は、私が希望していた女性と和解をする内容とは、全く真逆の内容でした。何故、こんな手紙を送ったのか問い詰めると、改善しないことに苛立ち、悪ふざけが助長した。また、私が相手の女性をずっと良く言うことや、好意があることに嫉妬していた。だから和解できないようにしたかったと聞きました。その友人の女性との関係は、私の友人の元彼女であり、親しかったけれど私とはただの友達でした。手紙の代行の件で、その女性の友人とは縁を切り、もう付き合うこともやめています。

伝えて欲しい内容

私が、相手の女性と電話で口論になった日のことを、本当に申し訳ないと思っている。嘘をついた上司に、手紙を搾取されていたことが原因で、友人の女性らに手紙の代行をしていたこと。私が市の職員の女性を良く言い続けたことが原因で、手紙を代行した友人女性に実績され、和解できない内容をなりすまして送っていたこと。当時の本当のことを話す機会が欲しい。迷惑をかけたこと、きちんと謝罪したい。当然、女性の立場を考え、このお話することは誰にも言わない。だから話をするため、和解するために連絡して欲しい。と私の電話番号を伝えて下さい。人物設定は私の手紙を代行していた友人の女性 40歳です。その友人があべこべの手紙代行していたこと。事情を知った友人として謝罪を伝えて欲しい。

 

事例:職場での不正がバレて親として謝罪してほしい

職場で不正をしたことがバレて上司から責められてます、父親と母親に自分の口からちゃんと報告をしろと言われて正直に言えず困ってます。今回、私がお願いしたいことは自分の親の代わりになりかわって上司と話してほしいことです。想定されるであろう会話の内容は、おそらく本人がちゃんと正直に説明したかどうかの確認の電話だと思います。60歳の父親の設定でお願いします。

 

事例:自分の親として代わりに被害者に謝罪してほしい

経緯は、4人でボーリング場行ってに財布が落ちていてそれを拾って持っていたら4人のだれかが財布にあったはずの8万円を抜いていて財布には4000円が入っていてそれを持ち主に落ちていたと嘘をついて渡したのですが後日監視カメラを見られ自分たちが財布を拾っているのを見られてしまい。

その返した2日後に8万円をみんなで渡しに行ったのですがその持ち主の親に、4人全員の親に連絡すると言われたのですが自分は家庭が厳しく、親に言われると学校も退学にされ、警察にも報告されるかも知れません。現在の状況は親の連絡先を教えろと言われています。

伝えて欲しい内容は、相手に謝って貰って子供には厳しく注意しますという風な感じにして欲しいです。人物設定は母親ということにしてもらいたいです

 

謝罪代行で後悔してしまう理由

謝罪代行で後悔してしまう理由

謝罪代行で後悔してしまっている人にはどんな理由があるのでしょうか?

以下の理由など後悔が残ってしまうことがあります。

 

謝罪代行の利用に罪悪感があるから

謝罪を自分自身で行わなかったことに後になって後悔してしまうからです。

本来自分で謝るべきところを他人に任せてしまうため、「自分で謝るべきだったのでは」と後になって考えてしまう人もいます。

ただそうであっても自分では抱えきれないトラブルや、直接自分自身ではどうしても謝罪したくない場合は必ずあります。

この部分を謝罪のプロに任せることで本来かかってしまう時間や精神的な負担を減らせるのと同時に、自分が直接謝罪するよりも任せた場合の方が上手くいく可能性もあります。

自分にとってこのメリットが魅力的かどうかを、あとになって後悔しないためにも、一度謝罪代行を利用すべきか改めて考えてみましょう。

そのうえでどうしても謝罪代行が必要と感じる場合は、ぜひニコイチに相談ください。

 

業者選びに失敗してしまったから

謝罪代行業者選びに失敗してしまうのも後悔してしまう1つの理由です。

実績や情報が少ない業者や、対応やサービスに問題がある業者に依頼してしまうと、思ったような対応をしてもらえず、あとになって後悔してしまいます。

「謝罪代行が上手く成功しなかった」「思ったようなサービスを受けれなかった」「違う業者に任せた方がよかった」など、

事前に業者を確認しておけば、ある程度避けられるものばかりです。

業者選びで後悔することないよう、実績や知名度の少ない業者を選ぶよりもしっかりとした実績の業者を選んだ方が安心して依頼できるでしょう。

業者選びの際には特に、実績・サービス内容・金額を比較してみるのがおすすめです。

 

謝罪代行で後悔しないためのポイント

謝罪代行で後悔しないためのポイント

次に謝罪代行で後悔しないためのポイントをご紹介致します。

これから謝罪代行のご利用を考えている人には必見の内容です。

 

本当に謝罪代行が必要か改めて考える

謝罪代行を利用する前に一度、自分にとって謝罪代行が本当に必要なのか考えてみましょう。

自分で謝罪できない理由としては「自分で謝罪する勇気が出ない」「どう謝罪すればいいのかわからない」「一人で抱えきれないトラブルがある」など様々だと思います。

自分自身の置かれている状況も考え、後になって後悔しないためにも依頼前に一度必要かどうか考えておけば、あとになって後悔することも少なくなるでしょう。

その際は謝罪代行のメリット・デメリットを考えてみるのがおすすめです。

下記記事では謝罪代行を利用する際のメリット・デメリットをご紹介していますので、依頼前に一度確認してみると良いでしょう。

 

あわせて読みたい

実績や知名度で謝罪代行業者を比較

謝罪代行を依頼する際にはまず業者の実績や知名度ある程度確認してみると良いでしょう。

業者の中には実績が少ない業者や、謝罪代行サービスを始めたばかりであまりノウハウのない会社も存在します。

そのような会社を選ぶより、実績や知名度が十分にあり、知識や経験も豊富な業者を選んだ方が後になって後悔することも少なくなるでしょう。

ニコイチの謝罪代行の年間依頼者は700件と、謝罪電話の実績としては業界No.1です。

このほかにも下記の記事では謝罪代行ニコイチについて、実績や対応範囲など詳しご紹介しています。

ニコイチをご利用になる前や、業者選びの際にぜひ一度確認してみてください。

 

あわせて読みたい

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

謝罪代行で後悔しないためには、本当に謝罪代行が必要な状況なのか一度整理したうえで、事前に業者の実績やサービス内容など確認するようにしましょう。

後になって「自分で謝罪すればよかった」「違う業者の方を選べばよかった」などで後悔しなくなるはずでしょう。

上記も含め、謝罪代行のご利用の際はお気軽にご相談ください。

ニコイチでは謝罪代行やその他サービスでも、ご相談は完全無料で承っています。

謝罪代行のご利用にあたって不安のある方は、メール・LINE・電話などご都合が良い方法で、ぜひ一度ご相談ください。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

謝罪代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。