電話代行屋ブログ

警察官を辞めたい人必見!退職理由や解決策を詳しく解説

警察官として働いているあなた。

仕事に誇りは持っているけど、プライベートの時間がない…
常に緊張した状態で業務にあたあるので、精神的にしんどい…

と思っている方も中にはいるかもしれません。

確かに警察官は公務員の中でも社会的信用が高く、安定した職業の一つです。
しかし一方で、拘束時間が長かったり、身の危険を感じたりする仕事も多いです。

この記事では警察官の現状や辞めたいと思う理由、解決策を中心に紹介していきます。

警察官の現状

警察官は公務員のため、社会的信用が高く安定している職業と言われています。
また治安を維持し、事件や犯罪から守ってくれる警察官は暮らしていくなかで絶対に必要な存在です。

安定した公務員の中でもさらに誇りのある警察官ですが、心を病んで退職を余儀なくするケースも多いようです。

警察官が辞めたいと思う主な理由

行きたくないここでは、具体的に警察官を辞めたいと思う理由を紹介していきます。

・拘束時間が長い
・常時緊張感がある
・転勤や異動が多い
・仕事以外の制約が常にある

拘束時間が長い

警察官は他の公務員と比較して拘束時間が長いとされいます。
警察官という特殊の職業のため、勤務体系は2通りあります。

・交代勤務制
・毎日勤務制

これに加えて、どの仕事に就いているかで勤務時間は異なります。

交代勤務制とは、コンビニや病院など稼働時間が長い職業で多く用いられている時間帯を区切り交代のシフトで勤務する制度です。
一方、毎日勤務制とは、市役所などの公務員と同様に、朝出勤をして夕方に帰宅するものです。

両方の勤務形態に共通して休日はしっかりとあります。
しかし事件の規模や緊急性によっては、応援に駆け付けたり、解決するまで帰宅できなかったりすることもあります。
事件の解決や犯人候補できるまでは、生活よりも仕事を優先する必要があり、プライベートの時間を確保することが難しいです。

また仕事は基本的に上司の命令のもと行わなければいけません
そのため、上下関係がより厳しく、新人や若手の警察官は精神的に辛く感じてしまうところもあるかもしれません。
男性中心の社会であるため、女性にとってはストレスが溜まることが多いようです。
場合によってはパワハラやセクハラがあることも。

常時緊張感がある

警察官という立場であるため、常に住民の模範となる言動が求められます。
「警察」は一般的に「正義」という前提のイメージがあります。
そのため、警察官として正しいこと、間違いないことを常に求められ、さらに神経を擦り減らしていくようなことも考えられます

また仕事上、危険な現場に遭遇する確率も他の公務員と比べて高いため、常に緊張感を持つ必要があります。

身の危険が付きまとう

警察官は他の自衛官や消防士などの公安職と比較して、殉職するリスクが高いです。
また災害時もまず駆けつけるのが警察官です。
そのため、犯人と取っ組み合いになって怪我をしてしまったり、災害に巻き込まれたりするリスクもあります。

また事件によっては殺人事件などの凄惨な事件現場に遭遇することもあります。
そのときに精神的なトラウマになってしまうことに繋がります。

警察官という仕事の宿命ではありますが、耐えられない人も中にはいるでしょう。

転勤や異動が多い

結婚する前の若いときは特に転勤や異動が多いです。
一般体的に転勤や異動は他の企業や公務員でも考えられます。
しかし警察官の場合、部署によっては前部署の経験が活かすことが難しく、一から学び直さなければいけないようなところもあります

慣れ親しんだ部署から全く違う部署になったために家族を持っている人であれば、引っ越しやその他諸々の手続きをしなければいけません。

仕事以外の制約が常にある

警察学校卒業後、新人警察官の場合、一定期間の間、独身寮に入ることが多くの都道府県で義務づけられています。

また県外や海外に出ることさえ許可が必要になります。
特に海外の場合は以下の書類が必要になってきます。

・旅行工程表
・旅行の目的
・目的地

このように警察官はその特殊な職種柄、労働環境や待遇面で心身ともに疲弊するところが多いようです。
特にプライベートの時間を確保できないところが辛いと感じるようです。

解決策

ステップ

ここまで、警察官が辞めたいと思う理由を紹介しました。

中には該当する項目もあったのではないでしょうか。
今のあなたが警察官を少しでも辞めたいと思うなら、職種を変更することも一つの選択肢としてあるでしょう。

ここでは警察官を辞めたいと感じたときの解決策について紹介していきます。
少しでも退職を考えている警察官の方は、ぜひ参考にしてみてください。

・現職を続ける
・転職する

現職を続ける

警察官を辞めたいと思った場合、まずはなぜ辞めたいのかをしっかりと考えることが大切です。
もし労働条件や特定の人間関係で悩んでいる場合、上司や人事部署に相談することで改善する可能性があります。
警察官の仕事自体はやりがいがあって、好きだという方は一度考えてみましょう。

転職する

実際に警察官から転職するときにどのような職種がオススメなのでしょうか。
ここでは特に相性のいい転職先を二つ紹介します。

・営業職
・事務・経理

営業職

警察官で培われた精神的なタフさがあれば、完全歩合制の営業職でも選択肢の一つでしょう。
経験でも採用されやすく、体力や精神力が求められる点が警察官と共通しており、人気があります。

営業職は実力主義や成果主義を導入しているところは多くあります。
インセンティブや歩合などで基本給以外に収入を得ることができるため、警察官のときより収入が増加する可能性があります。

事務・経理

警察官から転職する人の中には、事務や経理の仕事を選ぶ人もいます。
警察官時代に警察事務の経験が活かせたり、事務職や経理職に興味があったりする人にはオススメです。

退職をする際

ここまで読んだ人の中で「警察官以外で働いてみたい」プライベートの時間を確保したい」と思っている人もいるかもしれません。
しかし、中には以下のようなことで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

上下関係が厳しく上司に言い出しづらい…
同じ部署や同僚などの視線が気になる…

このような悩みを抱えている状況であれば、退職代行サービスを活用することも一つの手です。
特にニコイチでは以下のような実績があります。

・退職代行の豊富なノウハウや経験が充実
・創業17年と退職代行業者の中では古くから営業
・退職成功率は100%で、業界NO.1の企業で実績あり

言い出しづらいあなたの代わりに職場に辞める手続きをしてくれるサービスです。

詳しくはコチラの記事をチェックしてみください。

合わせて読みたい

まとめ

この記事では、警察官で辞めたいと思っている人に向けて、退職理由や解決策について紹介しました。
本記事の内容をまとめました。

・今一度なぜ辞めたいと思っているのかを考える
・なかなか退職を言い出せないときは退職代行サービスを使用する選択肢もある
・拘束時間が長く、上下関係も厳しい職場のところが多く、心身ともに疲弊してしまう人も多い

警察官は市民の模範であり、とても大切な職業の一つです。
しかし一方で、何よりも仕事を優先しなければいけない状況が多かったり、拘束時間が長かったりするところから精神的に辛いと感じる人も多いのが現状です。

そのため、改めて「なぜ警察官になろうと思ったのか」「辞めたいと思っている原因は何か」などを今一度考えることが大切です。

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。