電話代行屋ブログ

コールセンターを辞めたい人必見!退職理由や対処法を詳しく解説

コールセンターを辞めたい人必見!退職理由や対処法を詳しく解説

コールセンターは時給が高く、多くのスキルが身につくといったイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

ただ得るものが多いイメージがある一方で、コールセンターを辞めたいと思う人は少なくはありません。

実際に辞めたいと思う方はどのような悩みを抱えていたのか気になる方も多いと思います。

この記事ではコールセンターを辞めたいと感じる主な理由や辞めたい場合の対処法など詳しく解説していきます。

 

コールセンターを辞めたい5つの主な理由

コールセンターを辞めたい5つの主な理由

コールセンターを辞めたいと感じる主な理由を5つご紹介します。

  • 精神的なストレス
  • 仕事量の多さ
  • 覚えることが多い
  • 人間関係が複雑
  • やりがいを感じない

精神的ストレス

コールセンターを辞めたいと感じる理由の一つに精神的なストレスが挙げられます。

コールセンターで働く人の多くは精神的ストレスを抱え込みがちです。

というのも勤務時間中のほとんどは電話で膨大な数の問い合わせを対応をしなくてはならない上、時にはクレーム対応をすることもあります。

理不尽なクレームや暴言は特に気をつかう必要があるため、精神的に負荷がかかってしまうのです

 

また忙しい場合だと電話の呼び出し音が常になっている状態の中、ほとんどの時間座りっぱなしで仕事をしなくてはならず、周りの環境や肉体的にも苦痛を感じる場合が多いでしょう。

インバウンドの業務では特にこの負担が多く、長時間働くうえでは大きなストレスとなってしまいます。

このようなストレスにどうしても耐え切れず退職するといった方が多いです。

 

仕事量の多さ

コールセンターの離職理由の一つに仕事量の多さが挙げられます。

アウトバウンド・インバウンド関わらず、仕事中は多くの電話を対応しなくてはなりません。

特にアウトバウンドの場合だと1日に〇件のような営業のノルマが課されることも珍しくはありません。

1日〇件を達成できれば一定額のインセンティブが設定されている場合もあり、給与的にはプラスに感じるかもしれません。

ただノルマを達成できれば良いですが、達成できない場合は仕事へのプレッシャーやモチベーションの低下から、仕事をつらく感じたり、やりがいがないと感じてしまうことも多いです。

 

覚えることが多い

仕事量の多さにに加えてコールセンターでの仕事は覚えなくてはいけないことがたくさんあります。

電話口で対応するためには必要な情報を全て覚えておく必要があります。

会社の規模によってはその量は膨大になり、研修段階でも覚えることがたくさんあります。

実際に働く前の研修の時点で辞めたいと感じる人も少なくはありません。

 

人間関係が複雑

離職理由の一つに人間関係の複雑さが挙げられます。

コールセンターは多くの場合、閉鎖的な空間で仕事を行うため、どうしてもギスギスしてしまいがちです。

コールセンターで働く人はクレーム対応などでストレスを抱えがちなため、人間関係の面でも居心地が悪いと感じてしまうようです。

またコールセンターは辞める方も多いため、人の入れ替わりが多く人間関係の部分でも付き合いずらかったり、苦手と感じる方も多いです。

周囲との人間関係を変えることは難しいため、耐え切れず退職するといった場合が多いです。

 

やりがいが感じない

コールセンターの仕事自体にやりがいを感じなくなったという理由も挙げられます。

コールセンターでの仕事は基本的に同じことの繰り返しとなってしまうため、どうしてもモチベーションが保てなくなってしまいます。

またマニュアル通りに仕事を行うことが多いため、一度全て覚えてしまうとスキルアップしにくいと感じる場合も多いようです。

結果的にコールセンターだけではなく、他の仕事をしたいと感じるようになり、退職するになってしまいます。

 

それでもコールセンターで働くメリット

それでもコールセンターで働くメリット

主な離職の理由を紹介しましたが、精神的にきついコールセンターでも働くメリットはあります。

どうしても辞めたい場合は以下のメリットを思い出してみると良いかもしれせん。

 

  • 研修体制が充実している
  • 時給が高い
  • 多くのスキルが身につく

研修体制が充実している

コールセンターの研修体制は充実していることが多く、未経験からでも始められる場合が多いです。

多くのコールセンターでは誰が対応しても同じような対応ができるように、マニュアルや研修体制が整っています。

そのため資格やスキルなどが特に必要とされず、未経験者でも研修を受けることでしっかりと働けるようになります。

 

時給が高い

コールセンターでの仕事は全体的に時給が高いことでも有名です。

未経験からでも時給1,500円以上になることもあります。

コールセンターは仕事量に加えて覚えることも多い上に、電話対応でのコミュニケーション能力が必要となります。

その分給与が高く設定されていることが多いため、効率的に稼ぎたいという方々にはおすすめです。

 

多くのスキルが身につく

コールセンターで働くことでビジネスマナーや言葉遣いなど様々なスキルが身につきます。

電話越しではもちろん相手の声しか聞こえないため、相手への話し方や言葉遣いを気を付ける必要があります。

敬語やビジネスマナーなどは社会人としての基礎スキルを高めることができます。

またコールセンターでの業務は電話のみならず、データの入力や書類整理などを行うため、WordやExcelのようなツールの使い方に慣れることもできます。

コールセンターでの仕事はこのようなスキルの向上にも役立つメリットがあります。

 

コールセンターを辞めたい場合の対処法

コールセンターを辞めたい場合の対処法

コールセンターで働くメリットを紹介しましたが、それを踏まえても辞めたい場合の対処法をご紹介します。

もうすでにメリットがないと感じた場合は参考にしてみてください。

 

まずは上司に相談

仕事量や労働環境に悩みがある場合は、上司やスパーバイザーに相談してみると良いでしょう。

ノルマや仕事量を正しく目標設定をすることでモチベーションの向上にもつながるかもしれません。

ただ相談しても何も変わらなかったり、聞いてもらえない場合もあるかもしれません。

そのような場合は思い切って退職し、新たな仕事を探すのも一つの手でしょう。

 

早期に退職する

上記のような方法がとりづらかったり、伝えても何も変わらない場合は退職も視野に入れてみると良いでしょう。

コールセンターの仕事以外にも転職の幅は様々あります。

ただ退職はどうしても伝えずらいと感じる方も多くいるはずです。

その際は、退職代行を利用するのがオススメです。

 

コールセンターを辞めたいなら退職代行がおすすめ

コールセンターを辞めたいなら退職代行がおすすめ

コールセンターをどうしても辞めたい場合は退職代行もおすすめです。

退職代行は会社を辞めたくても辞められない方など、退職を希望している方々に代わって会社に退職の意思を伝えてくれるサービスになります。

コールセンターでも上司などにはどうしても退職を伝えずらい場合や、スムーズに辞められない場合もあると思います。

退職代行を使えばもっとスムーズに退職が可能です。

退職代行について詳しく知りたい方々は以下の記事をチェックしてみてください。

 

あわせて読みたい

 

まとめ

コールセンターでの仕事は激務になることも多く、辞めたいと感じる方も後を絶ちません。

ここでは主な退職理由をご紹介しましたが、会社や職場によっては良い環境が整った場合ももちろんあります。

自分にとっての目標や働くメリットを今一度考え直し、新しい職場を探してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。