電話代行屋ブログ

介護職を辞めたい人必見!退職理由や解決策を詳しく解説

現在介護職として働いているあなた。

職場の人間関係がつらい…
待遇が悪く、仕事内容が給料と見合わない…

介護職はやりがいがあり、責任感のある尊い仕事です。
しかし一方で、たくさんの方々と関わるため、慢性的なストレスがあったり、体力仕事の部分も多いなどの理由から辞める人も多いようです。

このような中で、介護職を辞めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、介護職の現状、介護士が辞めたいと思う理由や解決策などを中心に紹介していきます。

介護職の現状

介護職は人と接し、人の役に立つことができる職業です。

また、日本は少子高齢化が進んでおり、要介護(要支援)者数は増加しております。
そのため、介護業界では慢性的な人材不足が問題になっています。
在宅・介護施設問わず介護を必要とする人の数が物理的に増えるため、介護職のニーズをこれまで以上に高まると考えられています。

一方で、かなりの体力仕事であることも知られています。
また、介護者のサポートをしないといけないため、まとまった休みもなかなか取りづらい職場も多いようです。

介護職が辞めたいと思う主な理由

行きたくないここでは、介護士がなぜ辞めたいと思うのかの原因を紹介していきます。
介護士を辞めたいと思う原因は主に下記のように分けられます。

・人間関係
・仕事内容
・給与・待遇面

それぞれ紹介していきます。

人間関係

まず、人間関係です。
介護職を辞める理由で多くを占める理由として、「人間関係」が占めます。

介護業界では様々な方が働いています。

・立場が異なる:スタッフ、入居者
・職種が異なる:介護士、ホームヘルパー、ケアマネージャー、調理・清掃・リネンスタッフなど
・学歴が異なる:高卒から専門学校、大卒の方
・年代が異なる:10代~60代

このように、職歴や年齢層が異なる職場となるため、価値観の違いで意見や考え方が食い違うことも少なくありません

仕事内容

続いて、仕事内容です。
介護職の仕事は、やりがいがあり、責任感の必要な仕事ですが、体力面で辛いと思っている方も多いようです。

確かに、介護職は入居者と接することも多く、体力仕事の面が多いです。

連休もなかなか取りづらい職場も多いです。

ストレス

スタッフや入居者など常に人と関わる現場のため、慢性的にストレスがかかり続ける職場とも言われています。

・入居者からの暴言や暴力、ハラスメント
・職場の従業員同士で仲や雰囲気が悪い

また介護職場では、不測の事態への対応も念頭に入れておかず、緊張感のある職場でもあります。
そのため、責任感とプレッシャーの中で仕事を進めていかなかればなりません。
そのような環境のため、神経をすり減らしてしまう方もいます。

これらが続き、精神的に疲弊している人も多いようです。

収入が少ない

仕事内容に対して給料が見合っていないなどという収入面での不安から、介護職を辞めようと考える人も多いようです。

・介護職が基本給が安くサービス残業も多い傾向がある
・介護の仕事の特性上、スキルや実績が見えづらいため、勤続年数で評価する風潮がある

また、専門学校や大学で資格を取得している場合は、手当がつきます。
しかし、他業種からの転職や未経験の場合は手当がつかず、収入が少なく感じることが多いようです。

このように働いていても、仕事の努力や成果が、給料というかたちで還元されないと、仕事のモチベーションにも影響が出てきてしまいますよね…

介護職を続けるメリット

ここまで、介護職を辞めたいと思う理由を紹介してきました。
現在、介護職に就いて、働いているあなた。介護職で働く際に、何かしら魅力を感じて働き始めたことだと思います。

ここでは、介護職を続けるメリットについて紹介していきます
なぜそもそも介護職になろうと思ったのかなど原点を考えるきっかけになればと思います。

安定した雇用

介護職は安定した雇用があると言われています。

・日本では高齢化社会が進んでいるため、介護職業界全体の需要は増加
・未経験の方や資格がなくても就職でき、将来性がある職種の一つ

市場全体が昨今の日本の社会構造の歪みから、追い風市場になっています。
そのような追い風市場の中で、他業種からの転職も比較的容易であるため、安定した雇用があるとされています。

給与改善がされる可能性がある

介護職は比較的給与が低いことは、冒頭にも紹介いたしました。
これを受けて、国と民間のそれぞれが介護業界への処遇の改善が進められています。

・介護施設をコンビニや病院を併設
・休みを取りやすく制度改革を行う

近年では育児・介護休業法の改正によって「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革)」が施工されました。

この法律は2018年7月6日に公布、施行されたものです。ワークライフバランス実現のために長時間労働の抑制や、非正規雇用労働者の保護などを目的として関連する法律を改正するものとなっています、具体的には労働基準法、労働安全衛生法、労働契約法、労働派遣法などです。
また、法案提出時に理由として、以下のとおり説明されています

労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を推進するため、 時間外労働の限度時間の設定、高度な専門的知識等を要する業務に就き、かつ、一定額以上の年収を有する労働者に適用される労働時間制度の創設、短時間・有期雇用労働者及び派遣労働者と通常の労働者との間の不合理な待遇の相違の禁止、国による労働に関する施策の総合的な推進に関する基本的な方針の策定等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

引用元|働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律

このように、介護職は今もなお待遇改善が図られ続けれているため、より改善されていくことが期待されます。

解決策

まとめ

ここまで、介護職を辞めたいと思う理由、続けるメリットについて紹介していきました。
改めて現状、どこに不満があるのか、何が原因で辞めたいと思っているのかをよく考えてみましょう。

それぞれの状況にあったここでは解決策を紹介していきます。

・現在の職場に残る
・職場を変える
・転職する

現在の職場に残る

まずは、現在の職場でもう少し続けるという選択があります。
なぜ辞めたいのかを考えたときに、自ら働きかけることで解消される問題であれば、留まることも1つです。

・特定の人間関係が悩みの場合、上司に相談して出勤日を調整
・夜勤に入る回数が多くて体力的に厳しいと感じる場合、シフトの見直しを検討

このように、自分自身が働きやすい環境を整えるために、自らアクションをしていくことが大切です。

職場を変える

上司に相談やお願いをしても聞き入れてもらえなかったり、そもそもハラスメントが横行したりしている場合は、職場を変更することも検討しましょう。
介護職の将来性のところで紹介しましたが、介護職は追い風市場です。

そのため、職種を変えずに働けるチャンスはたくさんあり、自分に合った働きやすい職場を見つけることができると思います。

転職する

介護職自体を辞めたいと思っている場合は、他職種に就くという選択肢があります。
ただ全く違う業界へ転職するとなると、ゼロからのスタートとなりますので、注意が必要です。
介護職で培ったコミュニケーションスキルマナーを活かして営業やサービス業の職種に挑戦することも1つの手です。

現職を退職するとき

人手不足や年度末まで~と何かと言い訳をされてなかなか辞めらない…
上司に言い出しづらい…

今いる職場を退職する場合、このように止められる可能性もあります。
このような悩みを持っている状況なら、退職代行サービスであるニコイチがオススメです。

・創業17年と退職代行業者の中では古くから営業しており、退職成功率は100%で、業界NO.1の企業で実績あり
・退職代行の豊富なノウハウや経験が充実

言い出しづらいあなたの代わりに職場に辞める手続きをしてくれるサービスです。

詳しくはコチラの記事をチェックしてみください。

合わせて読みたい

まとめ

この記事では、介護職で辞めたいと思っている人に向けて、退職理由や解決策について紹介しました。
本記事の内容をまとめました。

・人間関係が原因で退職する人が多い
・介護職を辞めたいと思っている原因を改めて考える
・現状維持、職場を変える、転職するといった解決策あり

介護職はやりがいのある大切な職業の1つです。一方で関わる人が多く、責任やプレッシャーも多い仕事です。

そのため、今一度介護職になぜなったのか、今後どのようにしていきたいのかを考えることが大切です。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。