電話代行屋ブログ

美容師を辞めたい人必見!退職理由や解決策を詳しく解説

現在美容師として活動しているあなた。
アシスタントで働いているが、労働時間が長すぎてしんどい…
職場の人間関係で憂鬱だ…

一般的には美容師は華やかで洗練されたイメージがある憧れの人気職業としての印象があります。ただ、拘束時間が長いなどの労働環境から辞める人も多いようです。
そして、思い描いていた理想とのギャップを感じて、仕事に対して情熱が無くなっているかもしれません。
このような中で、美容師を辞めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、美容師の現状と辞めるときにどのようにしたらいいかなどの対策を中心に紹介していきます。

美容師の現状

美容師・理容師の平均勤続年数は5.2年といわれています。これは全産業の11.9年の半分以下の期間であり、離職の多い仕事の1つとされているところもあります。

また一口に美容師と言っても、大きく「アシスタント」と「スタイリスト」の2つに分けられます。
そのため、それぞれの立場や勤続年数によって抱える悩みも異なります。

辞めたいと思う主な理由

美容師を辞めたいと思う理由をまとめてみました。

拘束時間長い
給料低い
人間関係、職場関係
下積み期間が長い
ギャップ etc

拘束時間が長い

美容師の仕事は基本的にお客様の予約状況で左右されることが多いです。一般的に美容師の一日の平均勤務時間は10時間です。
た、お店の営業時間前後で準備や後片付けをしないといけないため、実質の労働時間も長くなります。

特に、アシスタント時代は営業時間前後に技術練習などをしないといけないため、朝早くからお店に行ったり、夜遅くまで勉強したりしないといけません。

給料が低い

美容師の給料は平均年収は約260万円です。これは他の全産業の平均年収の441万円より低くなっています。
また、前述したように拘束時間が長いため、仕事量と給料が見合わないと感じることもあるようです。

特に1年目のアシスタントは月13万円~17万円ほどです。給料が低く、拘束時間も長いので、このまま働いていてもいいのかと悩むこともあります。
さらに、美容師はカット練習用のウィッグや道具も自腹で購入することがあるので、生計が苦しいと感じることもあるようです。
参考:厚生労働省の職種別賃金実態調査

人間関係の問題

各美容室に美容師は平均4~5名ほどいます。1店舗ごとの人数が他業種に比べて少なくなっています。また労働時間が長く、同じスタッフと一緒に働くことも多いです。
そのため、職場の人間関係が良好ではない場合、辞めたいとより感じてしまうことが多いようです。また、上下関係が厳しいと続けることも困難だと思います。

技術職の1つでもある美容師は職人気質の面もあり、上下関係が厳しいところも多いようです。

下積み期間が長い

美容師ではスタイリストになるまでにアシスタントとして2~3年働くことが一般的です。
拘束時間が長いため、営業時間が終了したあとも、夜遅くまで練習をしたりしなければなりません
そのため、精神的疲労が溜まったり、十分に休息したりすることが難しくなってしまうことがあります。

どうしても現状を変えたいとき

ここまで、美容師の辞めたい理由について紹介してまいりました。

ここで改めて、「なぜ辞めたいと思っているのか?」をしっかりあなた自身の中で明確化してみましょう。
一口に「辞めたい」にしても、美容師の仕事がそもそもが嫌になってしまったのか、サロンや美容室などの働いている職場に不満を持っているのかによってとる手段が変わってきます。
それに対する解決策が他にないかを検討もしてみましょう。

感情的になるところだと思いますが、あなたの人生に影響する選択です。様々な選択肢を吟味して慎重に検討しましょう。

解決策

美容師を辞める際に、次のキャリアとして何が選択肢としてあるのか分からない人もいるのではないでしょうか。
また、あなたが「アシスタント」か「スタイリスト」によっても状況が異なります。1つの参考にしましょう。
ここではさっくり3つパターンを紹介します。

そのまま同じ店舗で働き続ける
店舗を変える:美容師として働き続ける
業界を変える:ネイリスト、ブライダルスタッフ、営業職など

そのまま同じ店舗で働き続ける

アシスタントとして働いている場合は、一般的にスタイリストになるまでは続けた方がいいとされています。
スタイリストになるためには、技術基準のクリアが前提とされています。それに加えて、研修カリキュラの終了や、カットモデルを対象に施術した人数などの規定があるところがございます。所属しているサロンや美容室によって異なります。

店舗を変える

現在の職場の「環境」や「待遇」が悪い可能性があります。
店舗のスタッフとは長時間同じになることが多いので、スタッフ同士の仲が良くないと、辛いと思うことがあるかもしれません。

すでにスタイリストとして3~5年が経過していたり、お客様から指名をいただけていたりするときは、1人前の美容師として活躍している時期です。

業界を変える

美容師で培った接客スキルやノウハウを活かして、他業界、他職種で働くことを一つの選択肢としてあります。美容に関連する職種は多岐にわたるので、この機会に調べてみましょう。

例)
アイデザイナー
ヘッドスパ専門
ウィッグ販売・メンテナンス
など

もし今すぐにでも辞めたいけど、一歩が踏み出せない方は

繁忙期だから辞めるな
このまま辞めても他で採ってくれないぞ、と脅される

こんな悩みを持っている状況なら、退職代行サービスを利用することも一つの手です。
退職代行サービスであるニコイチでは、下記のような強みがあります。

・創業17年と退職代行業者の中では古くから営業しており、退職成功率は100%で、業界NO.1の企業で実績あり
・退職代行の豊富なノウハウや経験が充実

言い出しづらいあなたの代わりに職場に辞める手続きをしてくれるサービスです。

詳しくはコチラの記事をチェックしてみください。

合わせて読みたい

まとめ

今回は美容師で辞めたい人に向けて、退職理由や解決策について紹介いたしました。
本記事で紹介した内容をまとめました。

・「なぜ辞めたいと思っているのか」を改めて考える
・「アシスタント」や「スタイリスト」によって異なる
・退職するか悩んでいるなら、ニコイチなど第三者機関に相談

美容師は人気で華のある職業の1つです。しかし、スタイリストになるまで1~3年間ほどの下積みも必要になってきたり、お店によっては拘束時間が長くなったりする面もあります。
今一度なぜ美容師になったのか、今後どうしていきたいのかを考えることが大切です。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。