電話代行屋ブログ

妊娠をしたとき仕事はどうする?悩みやするべきことを紹介

女性の社会進出が進み、結婚・出産後でも仕事に復帰して勤務することが当たり前となりつつあります。

妊娠が発覚したときに、周りからは祝福されたり、子どもが出来て喜んだりして嬉しい気持ちになると思います。
しかし一方で、現在勤めている仕事はどうするべきかと葛藤したり、悩んだりする気持ちの方が大きい人も中にはいることでしょう。

今回は、妊娠中に仕事を辞めたいと思う理由や仕事を続けたい理由などについて紹介していきます。

辞めたいと思う理由

復讐した方が良い?妊娠初期は体やホルモンバランスの変化によって体調が不安定になることも多いです。
また今後の生活を考えると精神的にも不安定になることがあります。

ここでは妊娠中に仕事を辞めたいと思う理由について、主に心身的な面仕事・生活面に分けて紹介していきます。

心身的な面
・つわりなどによる体調不良
・ストレスなどで母子ともに影響がないか

 

仕事・生活面
・育休・産休などのサポートを受けれるか
・出産後、今の仕事や職場に無事復帰できるか

心身的な面

つわりなどによる体調不良

妊娠初期はつわりなどの体調不良に悩まされることが多いです。
また精神的にも不安定になってしまうこともあります。

そこから、出勤ができない日が増えたり、普段の業務に支障が出てきてしまったりすることがあったりします。
確かにこれは仕方がないことですが、このような状態が続くと心身ともに疲弊することに繋がります。

ストレスなどで母子ともに影響がないか

普段仕事をしていると、職場の人間関係や業務内容からストレスを抱えてしまうこともあると思います。
当然ストレスを抱えることはあなた自身にとっても良くないことですが、胎児への影響も加味しなければいけません。

妊娠中のストレスによる胎児への影響

妊娠中のストレスによって胎児はどのような影響を受けるのかを紹介していきます。

・早産・流産の可能性が高くなる
・胎児に血流が十分に届かない可能性がある
・出生後の赤ちゃんが情緒不安定になりやすい

人はストレスを感じてしまうと、無意識のうちに体に力が入ってしまい、筋肉が硬直します。
筋肉が硬くなると、全身の血液の流れが悪くなります。そうすると、胎児へ送る酸素や栄養が十分に届かなくなる恐れがあります。

またストレスは自律神経系の働きを乱します。この乱れは血管の収縮を招き、さらに血流が悪化してしまう恐れがあります。

このような状態が続くと、早産や流産の可能性を高めたり、胎児の神経系に影響を与えたりすると言われています。

仕事・生活面

続いて仕事・生活面で悩みを紹介します。
主に職場に対する不安が多い傾向にあります。

育休・産休などのサポートを受けれるか

職場によっては育休や産休の制度が整っていないところもあります。
また制度として存在するけど、会社の雰囲気や風土によっては取りづらいところもあるかもしれません。

同じ職場の女性社員や上司にしっかりと確認してみましょう。

出産後、今の仕事や職場に無事復帰できるか

仮に育休や産休を無事に取れたしても、現在の業務内容や役職で復帰できるかどうか不安に抱えている人もいるかもしれません。
ブランクがあって仕事についていけるかどうか不安に思ったり、人間関係が変化して悪化してしまっているのでは、と心配する人も。

また他には

・そもそも勤めていた職場や仕事内容が好きではなかった
・現在の仕事内容やポジションに復帰できないことが分かった など

の理由で妊娠を機に退職する人も中にはいます。

続けるべきと思う理由

ここまで仕事を辞めたいと思う理由を紹介してきました。

自身のことや胎児のことを思って仕事から離れる人も多くありません。
しかし一方で、妊娠をしても仕事を続けたいと思う方もいます。

出産・育児を含めた今後生活にかかるお金の悩み

妊娠を経て出産が無事終わると、そのまま育児が始まります。
育児が始まると時間も費用もかなり必要になってきます。

また子どもが育っていくにつれて、保育園や幼稚園に通ったり、習い事などをさせたりすることもあるでしょう。
そうすると出費が多くなり、経済的な面で不安になる人もいるようです。

そのため、経済面から仕事を続けた方がいいのでは…?と思っている人も多いようです。

妊娠したらやるべきこと

流れ

今まで妊娠をしたときに辞めるべきか、仕事を続けるべきかについての理由を紹介していきました。
ここでは、妊娠をしたときにするべきことを「会社関係」「その他」について紹介していきます。

会社関係
・上司や同僚、会社に報告する
・支援制度について確認する

 

その他
・心身ともに健康な状態に保つ
・退職する場合、後悔しないかどうかもう一度考える

会社関係

上司や同僚、会社に報告する

妊娠が判明したら、まずは職場に報告しましょう。
理解のある上司や同僚に相談をすることで、今後の働き方について一緒に考えてくれることもあるでしょう。
そのため、体調不良の際にサポートをしてもらえるように事実をしっかり伝えておきましょう、

支援制度について確認する

会社に妊娠や出産にまつわる支援制度や給付金に条件次第でありますが、調べておくことが重要です。
主に産前・産後育児休暇の期間や金額を入念に確認しておきましょう。

その他

心身ともに健康な状態に保つ

仕事を辞めたい理由のところでも記載いたしましたが、心身ともに健康な状態を保っておくことが大切です。
生まれてくる胎児に少しでも影響がないようにストレスを抱えないようにすることが大切です。

退職する場合、後悔しないかどうかもう一度考える

現在の会社を退職する場合、本当に後悔がないか今一度再考してみましょう。
育休・産休などの支援制度はないのか、現在の職場のどういったところが自分に合っているのかを考えてみましょう。

退職をするとき

妊娠をしたときの悩みやするべきことについて紹介してきました。
ここまで読んだ人の中には

職場の雰囲気的に言い出しづらい…
上司や同僚の視線が気になる…

という悩みを持っているしれません。

このような悩みをずっと持っていると心身ともにストレスがかかりますし、胎児にも影響が出る可能性があります。
そのため、解消する選択肢として退職代行サービスを活用することも一つの手です。
特にニコイチでは以下のような実績があります。

・退職代行の豊富なノウハウや経験が充実
・創業17年と退職代行業者の中では古くから営業
・退職成功率は100%で、業界NO.1の企業で実績あり

言い出しづらいあなたの代わりに職場に辞める手続きをしてくれるサービスです。

詳しくはコチラの記事をチェックしてみください。

合わせて読みたい

まとめ

今回は妊娠中に仕事を辞めたいと思う理由や仕事を続けたい理由などについて紹介していきました。
この記事のポイントはこちらです。

・育休・産休は事前に期間や金額を確認しておく
・退職をする場合は、なぜ退職をするのかを考えること
・妊娠をしたときに、体調管理に十分に気を付けて仕事は無理はしない

妊娠や出産は心身ともに疲弊し、大きな負担になります。その後に育児もあります、
そのために妊娠や出産のタイミングで退職するということは常識的なことです。

仕事に関して無理はせずに家族やパートナーと相談しながら、自分に合った方法を選択してください。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。