電話代行屋ブログ

営業を辞めたい人必見!退職理由や解決策を詳しく解説

現在、営業職のお仕事をしているあなた。

毎日数値に追われて、辛い…
仕事量が多く、給与が合っていないように感じる

営業職は、クライアントの課題解決を行いながら、自社の売り上げに貢献する仕事です。
しかし一方で日々ノルマに追われたり、プレッシャーを感じることが多いため、辞めたいと思っている人も多いようです。

この記事では、営業職の現状や辞めたいと思う理由や解決策を中心に紹介していきます。

営業職の現状

営業職は、クライアントの課題を解決に向けて、自社の商品やサービスなどを提案して、購入してもらうことで自社の売上に繋げる仕事です。

一口に営業職といっても業種や扱う商材によって、仕事内容が異なります。

・人材系
・生命保険系
・不動産系(投資用)
・広告・メディア系 など

また営業職はコミュニケーションスキル以外にもクライアントに提案や商談をするときに「ヒアリングスキル」や「プレゼンテーションスキル」も必要になってきます。

営業を辞めたいと思う主な理由

営業職として働いていて辛い・辞めたいと感じる原因や理由は人それぞれだと思います。

そこでここでは、主に辞めたいと考えられる理由を紹介していきます。

ノルマがきつい
・仕事量と給与は見合わない
・コミュニケーションが苦手

ノルマがきつい

営業を辞めたいと思う理由が「ノルマがきつい」という理由が挙げられます。

企業活動や成長のためには利益を追求されて当然です。
しかし、会社の風土や目標によっては利益追求を優先してしまい、心が疲弊してしまって、「辞めたい」と思う方も多くいます。

ここでは以下の内容を中心にみていきます。

・数字を追うことに疲れた
・プレッシャーを感じる

数字を追うことに疲れた

営業職は月初めに今月の目標が掲げられ、月末にかけて目標数値に追われます。

その月のノルマを達成すると、翌月にさらに高いノルマを課されて、いっそうキツくなるという循環に陥ってしまいます。
また逆に達成できなければ、上司や同僚からの目が厳しくなってしまうこともあります。

プレッシャーを感じる

ノルマを達成できず、会社に貢献できていないことをプレッシャーに感じる人もいます。
中には、上司からの𠮟責があったり、ノルマを達成ができていない社員を晒し上げたりする職場も少なくありません。

また個人目標が未達成となれば、周囲の評価が気になってしまうケースも。

中には、ノルマを達成できてない自分自身に嫌気がさしたり、辞めたいと感じることもあるようです。

仕事量と給与が見合わない

職場によっては、膨大な仕事量をこなしているにも関わらず、見合った給与が受け取れていないところもあるようです。

営業職はクライアントの都合を優先する必要が多いため、休日出勤や会社の営業時間外での労働も少なからず起こりやすい傾向にあります。
そのため、担当企業増加に比例して、仕事量や労働時間も増加していく傾向があります。

さらには、商談前の準備、資料作成や打ち合わせなどにより、マルチタスクの動きを求められるため、精神的にも体力的にも疲弊していくことが考えられます。

ワークライフバランスが充実していない

営業職に関して上記にも記載しましたが、クライアントを優先することが多いです。

そのため、自分や家族の時間確保やプライベートな予定を入れたり、リフレッシュしたりすることが難しいところもあります。
このような状況が続くと、気持ちに余裕がなくなってしまい、普段の業務にも影響する可能性もあります。

コミュニケーションが苦手

営業として仕事は必ず人とのコミュニケーションが発生し、一人で完結できない仕事です。
そのため、適切なコミュニケーションが必要になってきます。

社内や取引先との人付き合いが辛い

どの職種であっても人付き合いは大切ですが、営業職となれば社内はもちろん取引先の担当者との関係も良好にしておく必要があります。
しかし、担当者とどうしてもソリが合わなかったり、ハラスメントを受けることもあるかもしれません。

このようなことが積み重なることでストレスが溜まり、辞めたいと感じてしまうこともあります。

解決策

芽前提として人には向き不向きがあります。自分に向いていない仕事をしても、強みが発揮出来なかったり、ストレスの原因になったりします。
改めて自分が本当にしたいことを考えてみましょう。
また現在の会社で改善できることがあれば、上司や周囲の方に相談してみることもオススメです。

・異業界に転職する
・異職種に転職する

異業界に転職する

「本当に営業が向いているのかを知りたい」「営業自体の仕事は好きだ」という人は、他の業界の営業職に挑戦してみることも選択肢としてあります。
一口に営業としても、ルート営業や新規営業、インサイドセールスなど様々な種類があります。

ここでは、身に付けた営業スキルを活かせる業界を紹介いたします。

・商社、流通業界
・メディア・広告業界


商社、流通業界

この業界の営業職は商品を仕入れて、個人・法人のセールスを行います。
会社によっては、複数の企業をつなぎ、大きなビジネスを動かすことも。

あなたが興味を持てる商材を扱う会社であれば、現在の職場で身に付けたスキルや経験を存分に活かすことができるでしょう。

メディア・広告業界

メディア・広告業界の営業職は、クライアントの事業に貢献することが目的です。
営業職を続けたいけど、クリエイティブな仕事にも興味がある方は、やりがいを感じることができるでしょう。

またトレンドに敏感であることが大切なため、あらゆる方面から情報収集をしたり、柔軟性のあるアイディアを提案することが出来れば好印象をもらえるでしょう。

異職種に転職する

営業以外の職種に転職する場合でも、営業で身に付けたスキルや経験を活かせるところは多くあります。
営業の仕事では資料作成や計算をするためにPCを使用することが多く、基本的なPCスキルが身に付いていれば、営業職以外でも転職はしやすいでしょう。

ここでは特に「販売職」と「人事」について紹介いたします。

・販売職
・人事

販売職

販売職は営業職と同じく、より洗練されたコミュニケーション能力が要求される職種です。クライアントの要望を聞いたり、対応したりする臨機応変な対応が求められます。

そのため、営業職で様々なクライアントに関わってきた経験を活かすことができます。

人事

人事は社員の個人情報や会社の情報をしっかりと管理したり、採用活動をしたりする仕事です。

特に採用活動は「会社の顔」として業務にあたります。そのため、営業で培ったコミュニケーション能力を活かすこともできるでしょう。
また人事は社内の人をはじめ社外関係者との信頼関係構築が何よりも重要になってきます。

退職するときに

ここまで読んだ方の中で「他の会社で働きたい」「他業界に挑戦したい」と思っている方も中にはいるかもしれません。

上司に直接言い出しづらい…
同僚や同部署の人などの周囲の目が気になる…

と悩んでいる方もいると思います。

このような状況が長く続く場合、退職代行サービスを利用するものいいでしょう。
特にニコイチでは創業17年を迎え、豊富なノウハウや経験が蓄積されており、業界No.1の実績がある企業です。

職場で退職の意思を伝えづらい方の代わりに退職手続きのサポートをいたします。

詳しくはコチラの記事をチェックしてみてください。

合わせて読みたい

まとめ

今回は営業職の現状を踏まえて、辞めたいと思う理由や解決策を紹介いたしました。
この記事のポイントをまとめました。

・何が原因で辞めたいのかを今一度考える
・営業職から転職するときは「異業種」「異職種」で考える
・退職することを言い出しづらい場合は退職代行サービスを使用することも一つの手

営業職は、業種や個人の感じ方で一概には言えませんが、同じように様々なストレスを抱えています。
また、今あなたが感じている悩みやストレスで営業職を辞めたいと思うことは甘えではありません。

だからこそ、「なぜ営業職をしようと思ったのか」「何が原因で辞めたいと思っているのか」などを一度考えてみることが大切です。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。