電話代行屋ブログ

退職代行は恥ずかしい?そんな考えはもう時代遅れ

退職代行は恥ずかしい?

最近少しずつ世間でも聞くことが多くなった、退職代行サービス

仕事の悩みは底が尽きなく考えれば考えるほど嫌になるけれど、責任を感じてしまいやめられない状況にいる人。何度も上司に退職相談をしたけれど辞めさせてくれないブラック企業に勤めている人。会社を辞めたいけど言えずにいる人。

様々な方がいますが退職代行サービスを利用すれば会社側との面会や交渉なしに退職することができるため、気になる!という方は多くいます。

しかし、そんなときに

退職代行の利用は社会人として恥ずかしいのかな…

退職代行を利用して親にバレるのが恥ずかしい…

退職代行の利用は恥じるべきとネットで見た…

と周囲の目が気になって一歩前に踏み出せないという方が非常に多いです。

果たして退職代行を利用することは恥ずかしいことなのでしょうか?

 

退職代行の理由は恥ずかしい?

苦しい

結論からいうと、退職代行の利用は恥ずかしいことではありません。

 

退職代行の利用が恥ずかしいのではなく、経済大国であるはずの日本で、いまだに昭和のような働き方を採用しているブラック企業が恥ずかしいのです。そもそも日本人は世界的に見ても勤勉と有名ですが、その仕事面での風習は世界でも驚かれるほど特異と言えます。

 

特に日本でよく問題になる「過労死」ですが、過労死という言葉は日本にしかなく、英語でも該当する単語がないためそのまま「karou-shi」と言われます。一般的に海外では、オフィス勤めのサラリーマンが働きすぎによる死亡というケースはなく、世界の認識では「日本は経済大国でありながらも働く環境は異常で可哀想」とみているそうです。

 

こういった世界との認識や社内環境にずれが出てしまう背景には、昔から伝わる日本特有の価値観や風習があるからではないでしょうか?

日本特有の価値観 先進国の認識
一つの会社で長く務めるが良し キャリアアップのために転職
一人前になるには残業してなんぼ
上司の退勤前に帰るなんてあり得ない
勤務時間内に仕事を終わらせるのができる人
上のいうことは絶対 自分の意見を持つ人が評価される

 

戦後、日本は経済成長期を迎え、急成長しました。国や生活を豊かにするために多くの人が自分の時間を犠牲にし、国のために費やしたことは言うまでもなく尊敬にあたります。
その結果今の安定した日本があります。しかし、さらに発展した現在はどうでしょうか?

 

様々な技術が発展し世界はより個を尊重する時代になっています。多くの人がワークライフバランスを重視しているのにも関わらず、日本では未だにストレス社会におびえながら日々パワハラや残業に耐えている人が多くます。

 

確かに近年、日本社会も世界に合わせるよう少しずつ変わってきていますが、日本人口のボリュームゾーンはなんと40~50代。まだまだ世界基準の新しい価値観に追いつくには時間がかかりそうです。そんな日本社会で、自分の精神や体を守るためにできたのが、退職代行サービスです。世界的に見ても異常な日本社会において、ブラック企業との縁を切ることのできる退職代行サービスは画期的と言えるのではないでしょうか?

 

・退職の意向を伝えたら、引継ぎ人を見つけろと言われる

・何度退職の話をしても、取り合ってもらえない

・説得され続け、結局ずるずる続けてしまっている

 

こういった方たちから多く相談を頂きますが…今は、昭和でも平成でもなく令和の時代です!

精神的に追い詰められて、身体も限界の中、あなたのことを何もケアしないブラック企業のために働き続ける意味は全くありません…それよりも優先すべきは自身の体調や精神的な安定、余裕です。

 

ブラック企業に勤めていると、正常な判断が下せないほど追い詰められてしまう事もあります。
そんな状況では、精神を病む病気になってしまうだけでなく身体を崩してしまいます。最悪の場合、自ら命を絶つケースも存在します。

 

先程も述べましたが、こういったことが起こるのは、先進国の中で日本のみです。世界では信じられないことが、日本では当たり前に起こっているのです。

 

周囲の目より自分の命、身体を大切にしましょう。退職代行を利用することで、ブラック企業と縁が切れるのであれば、それはプラスではありませんか?そもそも自分の口から辞めますと言って辞められる職場であれば、退職代行を使用せずに退職できていますよね。

 

今回は、さらに具体的に退職代行の利用が恥ずかしくない理由をご紹介いたします。

 

退職代行の利用が恥ずかしくない理由

絶望

退職させてくれない会社も存在する

先程、日本社会は世界と比べても遅れているとお話ししましたが、まさにその通り。

「自分で辞めないで恥ずかしくないの?」

「人任せにして辞めるなんてけじめがない」

「退職代行を使用するなんて覚悟が足りてない」

 

上記のように心ない発言をする人がいますが、残念ながら簡単に退職させてくれる会社ばかりではありません。
代わりを用意しろと言われたり、話に取り合ってくれない場合、さらには何度も説得されて辞めづらくなったというケースは多いです。

 

中には退職する意向を上司に伝えたら、何時間も怒鳴られながら説教され、それ以来退職のことを怖くて言い出せなくなったというケースもあります。

 

こういったことからいつまでも会社を辞められずに、気が付いたら心身のバランスを崩してしまい、うつ病になった。それだけでなく何のために生きているのか分からず、いつも死のことを考えてしまうという深刻な状況に陥っているという人は少なくありません。

 

“仕事を辞める覚悟がないのではなく、仕事を辞めさせてもらえない“

 

このような悩みは実際にその状況にならないとわかりません。経験していないと、悩んでいる人の気持ちが分からないのです。その結果、「退職代行なんて利用して恥ずかしくないの?」といった無責任な発言をしてしまうわけです。

 

退職代行サービスは、上司と上下関係のない第三者が会社に連絡します。そのため無理に引き留められることもなく、円滑に退職までの流れを作ることができるのです。

 

あなたの人生はその仕事だけではないから

life or work

ブラック企業に勤めていると、自分の時間を持てずにいるという方は非常に多いです。それだけでなく、家にいても仕事のことが頭から離れず、心が休まらないという方もいます。そういう方は、仕事に熱心で責任感が強いため、退職代行を利用するなんてプロフェッショナルではない。と思ってしまいがちです。

 

しかし、あなたの人生はその仕事だけがすべてではありません。退職代行を利用することは恥ずかしいことではないですし、それだけであなた自身の価値は下がりません。繰り返しますが、それはその仕事がすべてではないからです。このご時世、あなたを正当に評価し扱ってくれる企業はたくさんあります。

 

人生のライフスパンで見ると仕事に費やす時間は、たったの12%(80歳の場合)だそうです。

<人生>

24時間×365日×80年=700,800時間

<働く時間>

8時間×240日(土日祝休)×50年=96,000時間

96,000時間 ÷ 700,800時間=約12%

 

80年で12%となると、人生100年といわれる近年で考えると、仕事に費やす時間はさらに減るということになりますね。

 

人生において12%しか費やさない仕事で、精神的に追い詰められ、身体を崩し、自分の人生を狂わしてしまうような状態は、賢明と言えるでしょうか?

 

辞められない状況にいるときに退職代行を使って、自分の身体や精神を守ることは恥ずかしいことでしょうか?今は仕事のことで頭がいっぱいで、退職代行の利用なんて恥ずかしいと思ってしまうかもしれませんが、あなたの人生は仕事だけではありませんよ

 

退職代行サービスがまだ普及してないだけ

UP

退職代行サービスが普及し、認知され始めたのはここ数年です。日本人は、価値観においてもそうですが、保守的な人が多く新しい事への挑戦を恐れる傾向にあります。変化を嫌い、現状維持を求めます。何か新しいサービスが始まっても、説明も聞かずに嫌がるという人は少なくありません。きっと変化を受け入れられないからでしょう。退職代行サービスも例外ではありません。

 

より人々がワークライフバランスに重きを置き、価値観が変化していく中で、当然新たな価値観に基づいたサービスも増えてきます。退職代行サービスもそのひとつで、まだまだ浸透しおらず、内容を理解しているという人は多くありません。変化が嫌いな人は、取り敢えず否定から入ります。そのため「恥ずかしくないのか」などといった否定的な意見をしてくるのでしょう。

 

しかし、退職代行の利用頻度は毎年右肩上がりとなっており、認知度も上がってきています。新しい価値観に柔軟な若い世代が社会にでて働き始めることで、今後ますます利用者は増えていくでしょう。退職代行の利用が当たり前になり、抵抗を持つ人が減ることで、「恥ずかしい」などと意見する人がいなくなるのは時間の問題と言えるでしょう。

 

退職代行を利用するメリット

ポイント

①上司と一切顔を合わせずに辞められる

退職代行サービスを利用することで、上司や同僚と一切顔を合わせることなく辞めることができます。早ければ即日から上司との接触を断てます。

 

退職の意向を示すと、一般的に上司や人事との話し合いの場が何度も設けられます。その際に何かと理由をつけられ結局辞めさせてもらえなかった…なんてことにはなりたくありませんよね。特にブラック企業に勤めている場合は、ひどい仕打ちをされるのではないかな…と心配になりますよね。

 

そんな時に退職代行サービスがおすすめです。なんと職届の提出も郵送でOK!退職代行サービスが代わりに電話の受け答えもしてくれるため、上司からパワハラや嫌がらせを受けている場合にも有効です。

②退職手続きに関する心理的ストレスの低減

上司に「退職します」と言うのには、勇気と覚悟が必要で想像するだけでもストレスを感じてしまいますよね。
そして上司とのアポは取れたけど、それを伝えるまでのなんとも言えない緊張感は非常に精神的負担がかかります。さらに退職申告をしてからは何度も話し合いの場が設けられ説得されたり、退職までの手続きが長すぎてストレス…というケースは非常に多いです。

 

ブラック企業の場合は話にすら取り合ってもらえず、肉体的にも精神的にももう限界・・・なんてことも多いです。そういった人は、心身ともに限界を迎えながらもズルズルと仕事を続けてしまう傾向にあります。

 

しかし「退職代行サービス」を利用すれば、その工程が一切必要なくなります。退職代行サービスにすべて丸投げで大丈夫です。全て代理で行うため、利用者への精神的負担はありません!

 

第三者が直接会社に退職の意思を伝えることができるため、度重なる面談や様々な手続きへの気遣いが不要になり、精神的負担を大きく低減させて退職することができます。このように心理的ストレスを避けて退職日を迎えられるのが、退職代行サービスの魅力。

 

これ以上仕事を続けると心身共にバランスを崩しかねない方には大きなメリットとなります。

ブラック企業でも100%退職できる

退職代行サービスを利用すると、どんなにブラック企業で100%退職することができます。その理由は、民法627条に記載されており、会社は2週間あれば退職できると決められているからです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

多くの就業規則に「退職は30日以上前に申し出る必要がある」と記載されていますが、民法は就業規則や労働契約よりも法的効力が強いため、どのような企業でも民法627条に基づき、解約申し入れの日から2週間で退職できます。

 

ニコイチの退職代行は、退職成功率100%な上に、創業から16年トラブルやクレームが1度も発生しておりません!そのためどんなブラック企業に勤めている方でも安心してご利用頂けます。

 

④自力では得られない報酬を得やすい

退職するときに案外疎かにされがちなのが各種手当。
実際、もう心身共に限界だから諦めている… 交渉する余力なんてない…という方は多いです。

 

そんな方には退職代行サービスがおすすめです。
どんな企業に勤めていても会社が定めている各種手当は受け取る権利があります。退職代行を使えば、即日退社ができるだけでなく、こういった各種手当も得やすくなります。

 

退職代行サービス自体は有料ですが、自力では得られなかったかもしれない退職金や残業代、給与が得られるとなると、費用がカバーされるだけでなくむしろお得になるかもしれませんね。さらに、退職代行ニコイチでは転職活動のサポート&二か月間のアフターフォローが付きます。

 

ニコイチは人材会社と提携しているため、転職先が決まっていない方に転職エージェントを紹介することが可能です。そのため手続き等は代行に任せておいて、ご自身は転職活動だけに集中できます。また、二か月間のアフターフォローでは、退職に関する必要書類のお話を無制限で代行致します。なので退職後の手続きに不安のある方も心配無用です!

 

退職代行のデメリットもご紹介しているので、気になる方はこちらの記事もCheck
The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。