電話代行屋ブログ

アルバイトでも退職代行は使える?利用時の注意点を紹介

アルバイトとして働くそこのあなた。

いざアルバイトとして働き始めたら仕事内容が自分に合わず、毎日ストレスを抱えていませんか?

仕事や働いている人も合わない…、苦しい…、なんならすぐにでも辞めたい!

そのように思うとき、ありませんか?

アルバイトで雇用契約があるからカンタンに辞められない?

職場の社員に言ったら止められそう…

そんなことはありません!

本記事では「アルバイトでも退職代行は利用できる?」という疑問についてお答えします。

アルバイトの雇用契約

アルバイトの雇用契約は人によって異なります。この雇用契約の種類によっては契約期間などが異なるため注意が必要です。

アルバイトの雇用契約は2種類あるので、まずは自分がどちらに当てはまるのか確認しましょう。

アルバイトの雇用契約

アルバイトの雇用契約には2種類あります。

  • 有期契約
  • 無期契約

有期契約一定の期間が定められている契約のことです。

基本的にはその期間まで働く必要があります。また、この契約の場合は契約期間が終了すると同時に雇用契約も終了となります。

無期契約期間の定めがない契約のことです。

有期契約と違い期間が定められていないので、下記の民法では2週間前に事前に申請すれば退職することができるとされています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用:民法第627条

契約期間中での退職はできるのか?

あなたがどちらの雇用契約に該当するのかが分かったら、気になるのは「期間中でも退職することができるのか?」というところだと思います。

結論を言ってしまうと、どちらの種類のアルバイトでも契約期間の途中で退職することは可能です。

しかし、有期契約の場合は、契約内容や状況によっては退職が難しい場合もあります。

ですが民法では以下のように明記されています。

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。
引用:民法第628条

特に注目するポイントは「やむを得ない事由がある」という箇所です。辞める際の理由に注意すれば契約期間中でも退職することができます。

無期契約では期間に定めがないため、上記にも記述しましたが、2週間前に事前に申請すれば退職することができます。

ただ、有期契約と同様、辞める際の理由に注意すれば契約期間中でも退職することができます。

結論として、どちらの契約にも退職代行を利用して辞めることができます。

また、雇用契約がどちらか分からない場合は「1か月前」に申請するのが無難でしょう。

アルバイトを辞めるときの理由

いざ辞めたいと思ったけど、どんな理由を言ったらいいのか困りますよね。

アルバイトを辞めるときの理由を人間関係業務内容・労働条件の2つの観点からご紹介します。

人間関係
・セクハラ、パワハラを受けている
・他のアルバイトと上手くコミュニケーションがとれない
・社員がアルバイトに対して当たりが強い

まず、職場の人間関係が原因で辞めたいと思う場合です。

職場の社員がアルバイトに対して、当たりの強い言動をしてくるというケースもあるようです。また、他のアルバイトやパートとの距離感にも注意が必要です。

業務内容・労働条件
・募集時はホールスタッフだったが厨房スタッフで働かされた
・希望のシフトにならない

次に、募集時に聞いていた業務内容労働条件が異なる場合です。

俗にいう“ブラックバイト”と呼ばれる可能性があるものです。募集時に提示された時給や労働時間などの労働条件や業務内容が異なるケースもあるようです。

主にこれらがアルバイトの退職理由として使われることが多いようです。

あなたはどうでしょうか?

あなたが辞めたい理由や現状に当てはまるものはあったでしょうか?

我慢せずに退職のことも視野に入れて考えてみましょう。

アルバイトでも退職代行は利用できる?

結論として、アルバイトでも退職代行することができます。

アルバイトも正社員や派遣社員と同じく雇用契約をしています。雇用形態が異なるだけです。そのため、退職代行を利用することができます

 

退職代行サービスとは?

改めて退職代行サービスとは仕事を辞めたくても、辞められない人を対象に会社や職場に意思表示や手続きなどを代行するサービスのことです。

「退職代行サービスについて詳しく知りたい!」
「退職代行サービスってどんなものなの?」

と退職代行サービスについては知りたい方はコチラの記事をチェックしてみて下さい。

合わせて読みたい

バックレってどうなの?

ここまででアルバイトでも退職代行を利用できることを解説いたしました。

でも中には

辞めるだけでお金かけたくないし、バックレした方がお金はかからないのでは」

と思う方がいるかもしれません。

確かにアルバイトは社員と比べると責任感が薄いように感じるかもしれません。しかし、アルバイトとはいえ雇用契約を結んでいます。

そのため「バックレ」はリスクが高いので、絶対に辞めましょう。

上記にもあるようにアルバイトも雇用契約を結んでいます。そのため、バックレをしてしまうと最悪の場合「損害賠償」を請求されることもあります。

もしバックレをして一時的にその場から逃げることができたとしても、その後、「損害賠償」を請求されたり、何らかの諸事情で電話がかかってきたりする可能性もあります。このようにバックレをしてしまうとリスクが生じる恐れがあります。

確かに「今すぐアルバイト先から逃げ出したい」という気持ちは分かります。

しかし、バックレしてしまうとこのようなリスクがあります。だからこそ、あなたが退職を断られた場合や「退職したい」と言い出しづらい場合は

退職代行サービスを利用してきちんとした形で辞めることをおすすめします。

まとめ

今回はアルバイトでも退職代行を利用できるかについて解説いたしました。

本記事をまとめると以下の3点です。

・アルバイトでも退職代行を利用できる
・まずは自分の雇用契約を確認しよう
・バックレはリスクが高いので、絶対に辞めよう

アルバイトでも退職代行を利用できます。退職代行を利用するためには自分の雇用契約を確認したり、辞める理由を今一度整理したりしてみましょう。ただ、バックレはリスクが高いので、絶対に辞めましょう。

最後に

今のアルバイト先に自分は合っているのかと悩んだり、「辞めたい」と思ったりしていたら、是非一度相談してみてください。あなたにとってよりよい人生にするための決断の一助になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。