電話代行屋ブログ

退職代行の選び方は?トラブルを防ぐ会社のポイントを紹介

退職代行

「会社の人間関係が悪くて退職したいって、なかなか言えない…」

「上司に退職したいと伝える勇気がでない…」

「一回勇気を出して退職したいって言ったけど、退職できずに怒られてしまった…」

と自力でやめられない状況に代わって、会社へ行く必要も上司と会うこともなく退職を代行してくれる退職代行サービス。

最近よく耳にするようになって、何となくは知っている方も多いはずです。

しかし、自分で利用をするとなると「詐欺に合わないか不安…」「本当にやめられるの..?」と不安になりませんか?

本記事では、

・退職代行ってどんなサービス?

・退職代行業者で起こるトラブルって何だろう?

・退職代行業者を選ぶときに見るべきポイントが知りたい

と悩んでいる方へ、退職代行を選ぶときのポイントを中心にご紹介します。

 

退職代行とは?

退職代行とは?

退職代行とは名前の通り、退職したい人に代わって退職を行うサービスのことです。

退職したい本人に代わって、会社に退職したい意志を伝え、退職の手続きを行ってくれます。そのため、会社に行く必要も上司と話すこともなく退職することが可能です。

退職代行の一般的な相場は3~5万円前後が多く、弁護士事務所が運営している退職代行サービスは5万円~10万円が相場となっています。

あわせて読みたい

 

退職代行は業者選びが非常に大事

スマホ

退職代行を失敗せずに利用するためには、退職代行業者を選ぶところが非常に大事です。

退職をしたくて代行を依頼したのにも関わらず、実は詐欺業者で代行費用を騙し取られた上に退職できなかったというケースや退職代行を依頼したのにトラブルが発生して損害賠償を請求されたケースが存在します。

一般的に退職代行を一回利用するのに3~5万円はかかります。決して安い金額ではないので退職をしたいと考えている人は、信頼できる退職代行会社を選ぶことが非常に大事です。

そのため、退職代行を失敗せずに利用するためには、退職代行業者の事前調査をしっかりと行ってから依頼することが非常に大事です。

 

退職代行でよくあるトラブルや失敗事例4選

退職代行をオススメする人

まずは、注意すべき退職代行業者で起こる可能性のあるトラブルや退職代行業者の失敗事例についてご紹介します

 

①質の悪い業者の依頼をしてしまう

よくある失敗例として、即日対応をすると謳っている代行業者に依頼をしたのに、依頼が立て込んだという理由で当日対応しなかったケースが存在します。

また他にも通常は退職代行を行う前に、入念なカウンセリングや打ち合わせを行ってから退職する意志を会社に伝えますが、それらを疎かにしたまま退職代行を行う業者が存在します。

その結果、退職理由と退職の意志が会社に伝わらず退職に失敗してしまうトラブルがあります。

 

②退職代行を依頼した業者と連絡が取れなくなる

一番起きてほしくない事例として、業者に退職代行を依頼して料金を支払ったのにも関わらず、連絡が取れなくなってしまい、退職もできずにお金もられてしまうトラブルがあります。

退職代行は近年認知度も利用者も増えたことにより、多くの業者が参入するようになりました。

その影響で、利用者の弱みに付け込むような詐欺業者も増えてしまい、料金を支払った後に連絡が取れなくなるトラブルが多く発生しています。

 

③追加費用が必要になった

退職代行の相場よりも非常に安い料金をアピールしている業者を利用してしまって起こるトラブルがあります。

退職代行の相場は3~5万円です。相場よりも非常に安い退職代行をしたつもりが、実は様々なオプションの追加が必要で、結果当初の予定金額よりも高い料金を請求されてしまったトラブルがよくあります。

 

④損害賠償を請求された

損害賠償を会社から請求されるというトラブルは非常に稀ではありますが、過去に請求された事例が存在します。

会社の売上を左右するようなポジションに在籍している方や、退職による仕事の引継ぎが不十分だった場合に損害賠償を請求される可能性がありますので、退職代行を利用する前に会社の規定を確認する必要があります。

 

失敗しないための退職代行を選ぶときに見るべき5つのポイント

上記でご紹介した失敗事例を経験しないためには、しっかりと退職代行会社を選ぶ必要があります。

 

①料金システム

基本料金とオプション料金と分けられているプランや、全部セットになっているプランなど退職代行業者によって料金プランは様々です。

基本料金とオプション料金が分かれている業者はセットプランよりも料金が安く、一見お得だと思われがちですが基本料金の内容が「退職したい意志を伝える」だけの場合があります。

他に代行してほしいことがある場合は、オプションで代行してくれる内容を増やす必要もありますので、結果的に料金が高くつくことも。

また、正社員やアルバイトで退職代行料が違う場合もありますので退職代行業者を選ぶときは、料金システムの確認をしっかりとしましょう。

 

②退職代行の実績や成功率

確実に退職したいために退職代行へ依頼をすると思います。そこで見てほしいのが、退職代行の実績や成功率です。

実績が多ければ多いほど退職に関する知識や経験、ノウハウを持っていますし、成功率や成功人数を公開しているということは確実に退職できる根拠にもなります。

退職代行業者を選ぶ際は、実績や成功率も確認するようにしましょう。

 

③運営会社のHPが存在しているか、定期的に更新されているか

詐欺業者や質の悪い業者は、運営会社のホームページがない場合も少なくありません

また、ホームページは存在していても、定期的に更新されていないような退職代行業者には、注意が必要です。

ホームページがない場合は信頼できる会社か調べることができないですし、ホームページが存在していても更新されていない会社は最新の情報を知ることができないので避けた方が無難です。

 

④アフターフォローなどサービスが充実度

退職代行業者の中には、退職代行を利用後に転職サポート付きや心理カウンセリングなど様々なアフターサービスを受けることができます。

次の仕事が決まっていない状態で退職代行を依頼する場合は、退職代行以外のサービスもあるかどうか。また、現職が辛くて精神的に参っている方は心理カウンセラーが在籍している退職代行業者を選ぶようにしましょう。

 

⑤口コミも参考に

口コミは実際に退職代行を依頼した利用者の声です。退職代行を利用しないとわからないような情報を事前に知ることができる貴重な情報源なので、退職代行業者を選ぶときは利用者の口コミも見て参考にしましょう。

 

 

ポイントまとめ

失敗しない退職代行業者の選び方は、下記の5つです。

  • 料金システムをしっかりと確認し、加料金がかかるか把握する
  • 確実に退職をするために退職代行業者の実績や成功率を確認
  • 運営元のHPがそもそも存在しているか、また定期的に更新されているか確認する
  • 退職代行以外のサービスも充実している業者を選ぶ
  • 実際に利用した人の口コミも参考にする

退職代行業者を調べもせず依頼をしてしまうのではなく、ご紹介したポイントを見ながら自分に合った退職代行業者を選ぶようにしましょう。

 

 

まとめ

退職代行に依頼をして退職をする場合は、事前調査が非常に大事です。

事前調査を怠って依頼をしてしまった場合、退職が出来ずにそのまま働くことになってしまうこともあり、最悪な場合は会社から損害賠償を請求されてしまう可能性もあります。

そのようなトラブルを回避するために、依頼する退職代行業者は下記のことを意識して選ぶようにしましょう。

①料金システムをしっかりと確認し、追加料金がかかるか把握する

②確実に退職をするために退職代行業者の実績や成功率を確認

③即日退職の対応ができるような対応が早い業者を選ぶ

④退職代行以外のサービスも充実している業者を選ぶ

⑤利用者の口コミも確認

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。