電話代行屋ブログ

バイトで失敗やミスをしてしまった時のシーン別の対処法

体調不良

 

家でまったりくつろいでいたら、バイト先から電話‥。

 

嫌な予感がする〟と電話に出たところ、バイトのシフトが入ってた!なんて、焦った経験はないでしょうか?

 

このように、欠勤遅刻をしてしまったり、思わずミストラブルをしてしまった際に信用を失わないための対処法や謝罪方法をお伝えします。

 

いざという時のために、ぜひ参考にしてください。

 

バイトで無断欠勤した時はいち早く電話で連絡を

 

うっかりバイトのシフトが入っていることを忘れていたときに、真っ先にやらなきゃいけないことは、電話連絡です。

 

バイトのシフトは、その業務内容にふさわしい人数配置がされていますので、一人分の穴があくことで、他の人の労働に負担が出てしまいます。

 

バイトの予定が入っていることを忘れていることに気づいたら、すぐに電話連絡を。

 

電話で通じない場合には、メールやLINEなど連絡が取りやすい方法を使って、一報を入れておきましょう。

 

とはいえ、電話で直接謝罪することが一番誠実です。

 

メールなどを送ったあとに、改めて電話で連絡をしましょう。

 

メールで送る際には、以下のような文章を付け加えると良いです。

 

「本来なら電話で謝罪すべきなのですが、繋がらなかったため、取り急ぎメールにて連絡をいたしました。のちほど改めて電話させていただきます。」

 

バイトでの失念シーン別の謝罪方法とは?

 

 

ミスは誰でもしてしまうもの。

 

ミスをしないように気をつけていきたいところではありますが、大事なのは、ミスをしてしまった後の謝罪とその行動です。

 

うっかり遅刻した、気づいた時は既に遅し・・そんな時の謝罪連絡はどのように行ったら良いのか?を解説します。

 

重要なことは、何時に出勤できるのか?を明確に伝えること。

 

シーン別に例文をご紹介します。

 

数分〜數十分遅れる場合

 

「お疲れ様です。アルバイトの〇〇です。大変申し訳ありません。本日△時に入っていたシフトですが、寝坊してしまい、今急いで向かっておりますが、到着が△分ほど遅れてしまいそうです。ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありません。」

 

このように、数分であれば、バイト仲間に迷惑をかける時間は短くて済みます。

 

手短に連絡を済ませられるよう、簡潔に謝罪をしましょう

 

1時間や2時間など、到着が大幅に遅れてしまう場合

 

「お疲れ様です。アルバイトの〇〇です。大変申し訳ありません。寝坊してしまい、到着が◯時になりそうで大幅に遅れてしまいそうですが、今から出勤してもよろしいでしょうか?ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありません。」

 

1時間以上などの大幅な遅刻をしてしまう場合は、上司やバイト仲間が心配している可能性が高いです。また、欠員が出たことによって、本来行うはずの業務が出来なくなってしまう損失も出てきます。

 

そのことも踏まえ、一旦落ち着いた状態で、できるだけ早く連絡をしましょう

 

無断欠勤してしまった場合の謝罪方法

 

バイトの時間に寝坊してしまったり、シフトの日時を間違えていて、思わずバイトを無断欠勤してしまった場合、速やかに電話で連絡をしましょう。

 

言い訳などは絶対にNGです。

 

「この度は、無断欠勤してしまい、大変申し訳ございませんでした。シフトを間違って把握しておりました。今後このようなことがないよう、気をつけていきます。」

 

このように、謝罪する時は、シンプルな言葉の方が伝わりやすいです。

 

ミスをしてしまった場合の対処法

 

ミスをしてしまった時は、そのままにせずに、上司に報告しましょう。

他のバイト仲間など、迷惑をかけてしまった相手にも謝罪をしておきたいところです。

 

言わなかったことで更に大きなトラブルを招くこともあります。

 

さらに、そのミスが後々バレてしまうことで余計に気まずい雰囲気になってしまうことがあるので、

 

自己判断はせずに、ミスをしたら報告する姿勢を持ちましょう。

 

そして、その後のバイトで挽回していきましょう。

 

バイトでのミスこれだけはしちゃダメ!NG行為

 

バイトでミスをしてしまった時に絶対にやってはいけないNG行為は、嘘の理由を並べることや言い訳を言うこと

 

祖母が病気で」や「交通事故に巻き込まれて」など、その場しのぎの理由を伝えても、相手はすぐに見抜かれてしまい、結果として信用を失うことになってしまいます。

 

どんな理由があろうとも、言い訳はせずに素直に謝りましょう

 

遅刻やミスは、もちろんあってはいけないことですが、起きた理由を正直に伝えた方が、誠実な印象を与えることができます。

 

ミスをした時のその後の対処法

 

 

遅刻をしたり、無断欠などをしてミスをした場合、肝心なのがそのあとの行動です。

 

どうせなら、信頼関係を継続したまま、バイトを続けたいところですよね。

ミスをしてしまった時、どのような行動をしたら良いのか?対処法をお伝えします。

 

出勤したらすぐに直接スタッフに謝りに行く

 

謝罪は、スピードが大事です。

出勤したら、一目散に謝りにいきましょう。

 

これまで以上に真剣に仕事に打ち込む

 

ミスをしてしまうことは誰でもあるもの。しかし、周りの人が見ているのはその後の言動です。

ミスをした後、どのような行動をするのか?で、あなたへの信頼度が大きく変わってくるのです。

 

  • 与えられた業務内容は最後までやりきる
  • 上司やバイト仲間にも報連相を伝える
  • 業務以外のことも自分にできることを率先して行う

 

など、これまで以上に真剣に仕事に打ち込みましょう。

 

ミスをしないために心がけるべき3つのポイント

 

 

ミスをした時は、精神的にもストレスが溜まりますし、業務への影響も出てしまうので、できれば回避したいところです。

 

どうすれば、ミスをせずに過ごせるのでしょうか?

なるべくミスをしないように心がけたいポイントをお伝えします。

 

二重チェックする

 

日頃の業務の中で、先輩から教えられたことや、重要なことや自分が苦手な事項は、特に念入りに確認しましょう。

 

うっかり、寝坊して欠勤してしまったことがある場合は〝目覚まし時計が鳴るか寝る前に確認する〟〝目覚まし時計を2個セットしておく〟など起きられる環境を作り、

 

出勤時間を間違えてしまったのであれば〝寝る前にもう一度、出勤時間を確認する〟など、二重チェックしましょう。

 

大事なことはメモしよう

 

私たちの脳は、日々色々な情報量を受け取っていますが、脳の中に取り入れられる情報量は決まっています。

 

そのため、大切なことを記憶しようと思っていても、〝あれ?あの時なんて言ってたっけ?〟という経験は誰でもあるのではないでしょうか?

 

どんなに頑張って覚えようと思っていても、頭の中だけでは限界があり、どうしても日々起きる情報に流されていきがちなのです。

 

そんな時は、メモをすることが一番。

 

書くことで脳に刺激がいき、書いてる最中にも記憶され、内容も記録して残すため、いざという時に振り返ることができます。

 

さらにメモに書いておくことで、わからない時に人に聞くという手間も省けます。

 

他のスタッフと日頃からコミュニケーションを取ろう

 

ミスをした時に、人間関係のコミュニケーションが構築出来ていると、助けられるシーンがたくさんあります。

 

例えば、どうしても出勤できない時は、シフトを代わってもらえたり、いざ、ミスをしても〝大丈夫?手伝うよ!〟と力を貸してもらえたりします。

 

そのようなコミュニケーションを築けるように、普段から他のスタッフが困っていたら、率先して助けにいきましょう

 

このように、お互い様の精神を築いておくと、いざというときに、とても気が楽になります。

 

そうできるように、日頃から他のスタッフともコミュニケーションをとっておくと、

報連相が取りやすいので、気持ちの面でも安心して業務に集中することができるため、ミスが起きることさえ減ってきます。

 

まとめ

 

バイトで失敗した時の謝罪の仕方をお伝えしました。

 

ミスをしないように日々気をつけたいところですが、バイトでミスをすることを恐れるよりも、ミスをしたあとの対処法を知っておくことで、心の余裕が生まれます。

 

何かやらかしてしまった時には、謝罪の仕方とその後の言動に気をつけて、誠実さを忘れずに対処しましょう。

 

合わせて読みたい
The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

謝罪代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。