電話代行屋ブログ

謝罪代行を使うとバレる!?その真相を徹底解説

謝罪代行

「謝罪代行について気になるけど、バレたりしないの?」「バレたらどうなる?」など、謝罪代行を考える上で、一番心配する部分ではないかと思います。当記事では謝罪代行がバレるケースやバレないようにするにはどうするべきか、わかりやすく解説していきます。詳細のみ知りたい場合は、下記目次からチェックできます。

目次

謝罪代行を使うとバレるのか?

男性悩み

バレる可能性は極めて低いですが、代行業者の対応次第と言えます。

そもそも退職代行サービスを利用する場合、謝罪前に依頼者と業者間で綿密な打合せをしたうえで謝罪に向かいます。誰が謝罪するのか?文書なのか電話なのか?謝罪相手と依頼者の関係性はどうなのか?など当然詳細を共有しています。
事前に準備を行い対策を練った上での謝罪であれば、そうそうバレることはないと考えて良いでしょう。

それでもバレたということは、準備が足りなかったり代行業者の力不足ということになります。

謝罪代行ってどんなサービス?

青ハテナ

まずは退職代行サービスがどういった手順を踏んで、謝罪にいたるのかを復習しましょう。
通常の流れは下記のようになっています。

1.謝罪しなければいけない事案が発生する。

例えば下記のような事案が考えられます。

  • 相手の家族に不倫がバレてしまったので、その配偶者に謝罪しなくてはいけない。
  • 仕事で取引先に多大な迷惑をかけてしまったので、担当者に謝罪の連絡をしなくてはいけない。
  • 交通事故を起こしてしまい相手をケガをさせてしまったので、本人と家族に電話しなくてはいけない。

 

本来ならご自身で謝罪できれば良いですが、それが難しいという状況もあります。

  • 謝罪に対するプレッシャーに耐えられない。
  • 謝罪相手と連絡を取りたくない。
  • 家族から直接謝罪することを禁じられている。
  • 社会的立場上どうしても謝罪することがはばかられる。

 

どうしても自分で対応することができない場合、できるだけ早く業者と連絡を取ることをオススメします。

2.謝罪代行業者を探す。

謝罪代行はまだまだ若いサービスですが、何か特殊な資格が必要なわけではないので、参入障壁は低いため業者も増えています。その反面、中には対応の質が低い業者がいることも事実です。
依頼者からすれば、料金面も重要かと思いますが、はやり対応内容や過去の実績などを重視して業者選定をしてください。

3.代行業者と謝罪内容について詳細を共有する。

業者はあなたの分身として謝罪します。ここでは謝罪が発生する事案について詳細をお伝えください。
謝罪する内容だけでなく、ご自身について、謝罪相手についても包み隠さずお話ください。

4.料金案内と支払い

謝罪の内容について共有できたら、料金の確定とご入金をお願いします。
複数対応する場合もあるのでオプション費用もありますので、入念にご相談ください。

5.代行業者による謝罪

業者との相談と謝罪方法を確認した上でいざ謝罪代行です。
ここでバレるということがないように、しっかりと確認をお願いします。
代行業者の腕の見せ所です!

謝罪代行サービスの流れについては「謝罪代行で円満解決するまでの一連の流れ。即日対応も夢じゃない」の記事も参考にしてみてください。

バレるケースとは?

身だしなみ

ではバレるケースはどういうパターンがあるかお伝えします。
上から可能性が高い順番で紹介します。

  1. 依頼人の言動でバレる。
  2. 代行業者の言動でバレる。

 

どちらのケースでも、相手が「あれ、本人ではないかも?」と違和感を与えてしまったことから、追及されてバレる可能性はあります。その違和感というのは具体的にどういうことでしょうか?

▼メール
  • いつもとは違うメールアドレスからメールが送信されてきた。
  • 直前までやりとりしていた内容とかけ離れたメールが届いた。
  • 今まで相手の違う呼び方に変わった。
▼書面
  • 筆跡が変わった。
  • 郵便物の消印が変わって届元の郵便局が変わった。
▼電話
  • 依頼人と業者で声色が全然違う。
  • 相手の呼び方を変えてしまった。
  • 受け答えの言葉遣いが変わった。
  • 依頼人だけが知っている情報を問われ、上手く回答ができなかった。

 

このように何かが変わることで、違和感として本人かどうか疑われるケースがあります。
上記にあげた内容のうち、メールや文章はやり取りが複数回発生したとしても、即レスする必要がなくしっかりと返答を練った上でやり取りを継続することができます。
そのため、よっぼど適当な業者でなければバレるリスクというのは非常に低いと考えられます。
しかし、電話での対応の場合はリアルタイムに会話が続けられるため、一度会話が始まると電話を切るまでは、その会話の中で何とかするしかありません。
つまり、メールや書面と比べるとバレるリスクが上がります。
バレないためにも事前の打合せで、どんな小さなことでも気になる部分は共有しておくことがベターです。
そして、謝罪する側の業者も事前に起こりうるリスクは依頼者に共有して情報を聞き出しておき、万全の体制で謝罪に向かうことが必要なのです。

バレたらどうなるか?

気を付けたいポイント

代行業者としてバレるということはあってはならないことです。
バレた場合は事態が悪化します。
「〇〇さんは代行業者を使って謝罪をした。」という認識を持たれます。
それに対して、「誠意がない」、「本人から謝罪してほしい」、「本人はどうしたんですか?」、「なぜ本人が謝れないのか?」、「謝る気がない。」と思われてしまいます。
すると依頼者の評価も下がり、怒りを増大させてしまう可能性が高いです。
こうなってしまうと、次の対応のハードが一気に上がってしまいます。代行業者としてはあってはならない失態です。

バレないようにするには?

主に2つあります。

どんな謝罪代行業者に依頼したとしても、事前の共有をしっかりしておくことです。
そうは言っても、赤の他人ですから恥ずかしくて言いづらいことや、できれば伏せておきたいこともあると思います。
目的はしっかりと謝罪して状況を解決させることですから、自分に不利益な情報であってもしっかりと共有してください。

もう一つは実績のある謝罪代行を選ぶことです。
謝罪代行サービスは参入障壁が低いため、業者も多く存在しています。
しかし、成功実績が多い業者はさほど多くはありません。
成功実績が多いというのは、つまりそれだけたくさんのノウハウが貯まっているということです。
問題に発展しそうなポイントは事前に依頼者と相談して潰しておくことが可能なのです。
そして、急な対応を迫られたときに過去の経験が活かしてうまく解決に導いてくれるのも優良業者の証です。

ニコイチの謝罪代行サービス

謝罪代行

最後に弊社ニコイチの謝罪代行サービスを紹介させていただきます。

謝罪代行実績は業界No.1です。
年間の依頼件数は700件ほどで、平均して毎日2件~3件の依頼がございます。
業界実績は最多ですので、どなたでも安心してご依頼いただけます。

謝罪に関する悩みをほぼ100%解決しており、ここが私たちが選ばれている最大の理由と考えています。
料金体系も3万円~と相場から考えても依頼しやすい価格設定となっております。

この記事では謝罪代行を利用した際にバレないか?という依頼者の不安に回答する内容としておりますが、ニコイチの謝罪代行では直接謝罪というメニューも用意しております。

代理謝罪が難しい場合や、そもそもバレる可能性が高い場合は直接謝罪という選択肢を選ぶというのも一つの方法です。
この場合も念入りな打合せが必要となりますが、お互いの顔を見ながら謝罪相手の温度感を確認しながら対応できるというのも有効な方法になりえます。

やはり、対面になれば難易度は上がりますので業者選びはより慎重におこなってください。
ニコイチではどんな謝罪のお悩みでも無料相談を承っておりますので、是非一度ご相談ください。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

謝罪代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。