電話代行屋ブログ

【実践版】当日のバイトの欠席連絡!納得してもらえる伝え方とは(例文付き)

ソファで横になりながらスマホを見る男性

 

病気や急用など、突然バイトを休まないといけないとき、ありますよね?

 

そんなときに一番のハードルなのが、バイト先への欠席連絡

 

理由はなんて伝えたらいいのか?

一番先に誰に伝えるべき?

電話、メール、LINE、どうやって伝えたらいい?

 

当日のバイトを欠席するというのは、とても言いづらいですし、あまりいい顔はされないと分かっているだけに、躊躇してしまうと思います。

 

しかし、言葉のチョイス伝え方によって、相手の反応が劇的に変わっていくんです。

 

荒波を立てずに当日の欠席連絡を伝えるためには、どうしたらいいんだろう・・?〟

 

と思われている方には、ぴったりな内容になっています。

 

相手に納得してもらえる伝え方をシーン別で紹介していきます。

 

すぐに使える例文も載せていますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

これだけは抑えて!当日のバイト欠席連絡の基本のき

 

まずは、当日のバイトの欠席連絡をするにあたって、抑えておきたい基本をお伝えします。

 

  • とにかくスピード重視
  • 理由は正直に伝える
  • 責任者に連絡

 

順番に解説します。

 

とにかくスピード重視

 

一番抑えておきたいことは、とにかくスピード!

 

1人でも抜けてしまうと、場合によっては業務に悪影響が出てしまうことがあります。

 

その場合、早く代わりのバイトを見つける必要があるので、店側としては大変なコストがかかってしまいます。

 

その時間が早ければ、代わりの人を見つけられる可能性も高まります。

店側としては、とにかく人手が欲しい。

 

そういうことが多いので、欠席連絡をするときは、とにかくスピード重視で連絡をしましょう。

 

理由は正直に伝える

 

バイトを休む連絡をするときに、理由を伝える必要があります。

そのときに注意したいのは、ごまかしたり、ありふれた嘘の理由を言わないこと。

 

〝母が急病になって病院に運ばれて・・〟

〝祖父の葬儀が入って・・〟

 

など、明らかに嘘だとわかりそうな言い訳をすると、今まで培ってきた信用が失われてしまいます。

 

そして、一旦嘘をついてしまうと、その嘘をつき続けなければならないという、余計なストレスが生まれます。

 

もしも、仮に寝坊してしまったとしても、なるべく正直な理由を伝えるようにしましょう。

 

責任者に連絡

 

バイトの欠席連絡は、誰に連絡をすれば良いのでしょうか?

 

基本の連絡先は、バイトの責任者です。

 

店長やその場を仕切っている現場責任者、もしくは上司に連絡をしましょう。

 

嫌なイメージがつかないバイトの欠席連絡方法

 

 

では、バイトの欠席連絡は、どうやって伝えるのが良いのかというと、やはり直接電話で伝えるというのが有効です。

 

しかし、業務内容やバイト先によっては、連絡方法を指定されていることがあります。

 

その場合は、その方法に従うということが一番です。

 

しかし、メールやLINEなどの文字でのメッセージは、相手が開封しないと欠席連絡を受け取ってもらうことができません。

 

つまり、せっかく欠席連絡を送ったとしても、気づかなかったり読んでもらえない可能性が高くなってしまうのです。

 

急用なことは電話連絡」が基本です。

 

もちろん、欠席連絡は急用なケースなので、直接電話で伝えると良いでしょう。

 

無断欠席にならないようにだけは、注意しましょう。

 

【実践版】相手に響くバイト連絡の伝え方

カフェ店員に話しかけるバイト

 

では、欠席連絡を伝えるときは、どのように伝えれば良いのでしょうか?

 

相手に伝わる欠席連絡の伝え方(例文)を、シーン別にご紹介します。

 

  • 体調不良
  • 寝坊
  • シフトの日にちを勘違い
  • 言いにくい用事

 

体調不良(自分)

 

バイトを休むことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、体調不良のまま出勤することによって、さらに体調が悪くなったり、感染が広がったり、さらに迷惑をかけてしまうことがあります。

 

そんな時は、しっかり休養して、早く復帰できるように努め、復帰後に休んだ分を挽回できるようにしましょう。

 

例文1

「アルバイトの〇〇です。

当日のご連絡になり、大変申し訳ありません。

本日16:00出勤予定なのですが、昨日から体調が優れず、今日も万全な状態ではないため、お休みをいただくことは可能でしょうか?

自己管理不足でご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。

次のシフトまでには、治っているかと思いますが、何かあれが早めにご連絡させていただきます。」

 

例文2

「アルバイトの〇〇です。

本日16:00出勤予定なのですが、昨夜から高熱が出てしまい、今日も熱が下がらないため、本日はお休みさせてください。

長引くようでしたら、またご連絡させていただきます。」

 

体調不良(家族)

 

家族の場合も同様、バイトを優先させた気持ちもわかりますが、健康第一

無理をすることは良くありません。

 

家族の体調が悪い時も、ご自身同様、素直に理由を話しましょう

 

例文

「アルバイトの〇〇です。

母が昨晩から高熱が出ており、病院での付き添いが必要になってしまいました。

申し訳ありません、本日お休みをいただいてもよろしいでしょうか?」

 

寝坊

 

寝坊してしまった場合は、例え到着時間が遅れたとしても、なるべく出勤する意思があることを伝えた方が相手には誠実さが伝わります。

 

その上で間に合う時間を伝え、向かってもよいかどうかを聞くと良いでしょう。

 

しかし、どうしても無理な場合には以下のような言い方で伝えるのが

 

例文

「アルバイトの〇〇です。

本日10:00〜の出勤予定だったのですが、寝坊をしてしまい、先ほど起きました。

今からですと、到着が◯時頃になるので、間に合いそうにありません。

 

大変申し訳ありませんが、本日はお休みさせていただいてもよろしいですか?

今後、二度とこのようなことがないように気をつけます。

この度は、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。」

 

シフトの日にちを勘違い

 

シフトを間違えて把握していた場合は、言い出しづらいですが、変に嘘を並べてもバレてしまうリスクを考えると、正直に伝えた方があとあと楽でしょう。

 

例文

「アルバイトの〇〇です。

本日18:00〜の出勤予定だったのですが、明日だと勘違いをしていました。

今から出勤すると時間がかかってしまうため、本日はお休みさせていただいてもよろしいでしょうか?」

 

言いにくい用事

 

休む理由を言いにくい場合は、シンプルな言葉で伝えることが一番です。

 

例文

「アルバイトの〇〇です。

申し訳ありません。

急な用事ができてしまい、本日の◯時からのシフトに間に合いそうにないのでお休みをいただきたいのですが、良いでしょうか?」

 

言い出しにくい場合はプロにお任せ

 

 

ここまで、バイトの欠席連絡の方法をご紹介しました。

 

そうとはいえ、〝やっぱり、自分の口からは、どうしても言い出しにくい・・〟時もあると思います。

 

そんな時は、電話代行のプロ!ニコイチに任せてみましょう。

 

電話代行ニコイチは、業界実績No.1、全て丸投げOKの電話代行のプロフェッショナル集団です。

 

成功率100%を誇る実績でありながら、申し込みから電話までのスピードにもこだわっています。

 

「朝から熱中症の症状が出て、現在病院で点滴をしているため、しばらくは本人は連絡できそうにないため、代わりに電話をさせていただきました。」と親の代行をしたり、医者になりすまして電話したりと、一番最適なシナリオを一緒に考えて、相手にとっても〝それは仕方ない・・〟と思ってしまう口実を綿密に作成します。

 

〝自分では、電話できそうにない・・〟

〝電話しなきゃいけないけど、後々スッキリした状態でいたい!〟

 

そんな時は、電話代行ニコイチにお任せ!

 

まずは、お気軽に無料相談でお話をお聞かせください。

それだけでも、気持ちがスッキリする人も多くいらっしゃいます。

 

 

バイトに復帰したらすぐに感謝の言葉を伝えよう

 

今回は、当日のバイトの欠席連絡の仕方をお伝えしました。

 

バイトに復帰したら、すぐに感謝の気持ちを伝えましょう。

当日に欠席連絡を入れたとしても、そのアクションがあるかどうかで、あなたへのイメージが変わってくるはず!

 

同じ内容を伝えるにも伝え方次第で、相手への伝わり方が全く異なってきます。

 

欠席連絡を入れたことで職場の人との関係性がギクシャクしないよう、連絡を入れる時は、ぜひ今回の内容を参考にされてみてください。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

休む電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業18年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。