電話代行屋ブログ

【許せない!】バレずに浮気や不倫を密告する方法とは。

浮気密告の方法

「浮気された・・・絶対に許さない!」 「既婚者なのにしつこく誘ってきて迷惑している。」 「社内に不倫カップルがいて気持ち悪い。業務に支障がでている。」   最近TVなどでもよく話題になっている浮気や不倫ですが、「密告してスッキリしたい!」という方もいるのではないでしょうか?   このような状況、あなたならどうしますか?浮気相手に復讐する、パートナーに復讐する、会社に密告して制裁を与えるなど様々な方法があると思います。   本記事では、浮気や不倫でどうしようもない怒りに駆られている方、またはうんざりしている方に向けて、浮気を密告できる方法密告者が自分であるとバレないための注意点について詳しく解説していきます。

はじめに

衝撃的 浮気密告には様々なパターンがありますが、ショックな気持ちや怒りの感情から「職場に密告電話をしてやりたい」「本命のパートナーや相手の家族・親に浮気を密告してやりたい」と考えてしまうのも無理ないです。   しかし、浮気の密告は方法によっては名誉毀損訴えられてしまうケースもあります。また、密告者があなたであると特定されてしまうことで不利な立場に立ってしまうなど、密告した側も大きなリスクがあります。そのため、浮気の密告をどうしてもしたいという場合には慎重かつ確実に実行しなければなりません。   大体、本人たちはあまり重く捉えていません。だからすぐバレるのです。そんな頭の悪い人たちになんのダメージもなく、あなただけが傷つくなんてありえません!きちんと正しい方法で密告してやりましょう。   まずは、一度冷静になって本記事をご覧になって下さい。計画的に浮気を密告して、確実に復讐してやりませんか?また、目障りで不愉快な人たちを突き落としてやりましょう!

許せない!浮気を密告する方法を3つ紹介

密告

手紙・メール

密告したい相手に手紙メールを送って浮気の密告をしましょう。浮気を密告する際に一番の王道パターンと言われています。   しかし、密告者があなたであることを特定されないために、差出人不明で送る必要があります。決定的な証拠写を一緒に送るのがベストですが、2人がよく行くホテルやよく会う曜日などを記載するなど、より具体的な内容信憑性を持たせると良いでしょう。

電話

密告したい相手に匿名の電話をかけて浮気の密告をしましょう。手紙やメールに比べて直接会話ができるため、信じてもらいやすく簡単に密告できます。密告者があなたであることを特定されない程度に、詳しい情報をたくさん揃えておくと良いでしょう。   しかし、こちらはボロが出てしまうことを考えると非常にハラハラする密告方法になります。冷静にただ事実を伝えるということを意識して密告しましょう。

浮気密告代行業者に依頼する

浮気を密告したい場合、電話代行業者に依頼する方法もあります。あまり知られていないサービスではありますが、浮気を密告したい人に代わって相手に電話をしてくれるサービスです。 代行業者によっては、都合の良い誰かになりすまして浮気を密告することなど、こちらの要望を踏まえた上で密告を代行してくれます。自分の声を知られてしまうリスクがある自らの電話密告よりも、匿名性が高い浮気密告方法になります。   もちろん、浮気密告代行を依頼するためには金銭的な負担はありますが、上記で紹介した中で最も匿名性が高くリスク最小限で密告できる方法だと思います。

浮気密告代行業者に依頼する際のポイント

ポイント 「浮気密告を代行!?」と、このサービス自体一般的ではないため初めて耳にする方もいるのではないでしょうか?匿名者・なりすましなど様々なパターンや演出の要望を伝えられるので、バレずに密告ができると利用者は意外と多いです。   そこで、浮気密告代行を依頼する際に抑えておくべきポイントを説明していきます!

1.事実を伝える 2.少しだけ具体的な事実を伝える 3.なぜ浮気密告電話をしたのか (例)浮気、不倫を今すぐやめてほしいから。あるいはやめたいから。

浮気密告代行業者に依頼する際には上記の流れで内容を考えるのが良いでしょう。基本的にどのようなパターンであれ、浮気密告を考えている場合は、単独行動はあまりおすすめしません。 浮気密告代行は、合法の範囲内で実行してくれるので正しい密告ができると言えます。

浮気や不倫を会社に密告したらアウト?名誉毀損は知っておこう。

違反 パートナーに浮気をされた時、「制裁を加えたい」「復讐してやりたい」と思う人は少なくないでしょう。しかし、そのような怒りの感情で行動してしまうと名誉毀損などの犯罪となる可能性があります。   名誉毀損とは、公然と事実を適示して、他人の名誉を傷つけ社会的評価を低下させる不法行為や犯罪のことです。

名誉毀損罪・・「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」 (刑法230条より)

公然とこれらのことから、以下の3つの要件を満たすときに名誉毀損と認められます。

  • 公然と

「公然と」とは、「不特定多数が知る可能性がある」状況のことを言います。不倫を密告しようとする今回の場合、職場で色んな人に言いふらすことSNSで対象者が特定されるような書き込みをすることなどが「公然と」という要件に該当します。

  • 事実を摘示

「事実を摘示」とは、「事実として周囲に伝える」という意味合いで必ずしも真実であるとは限りません。不倫をしている事実を伝えるというだけでこの要件に該当します。

  • 人の社会的評価を低下させる

これについては広く自分以外の他者、つまり配偶者やその浮気相手などが対象であり、不倫の事実は一般的に社会的評価を低下させる内容であるため、広めてしまうとこの要件に該当します。   以上のことから、むやみに浮気を密告することは避け、合法に密告するべきです。もし密告が名誉毀損となってしまった場合、たとえあなたが被害者であっても刑事事件では「加害者」「犯罪者」となってしまうのです。それだけは絶対に避けたいはずです。 会社に密告する際は、特定の人物に密告するなど名誉毀損に気をつけながら実行すればアウトにはなりません!   では、浮気を密告する際の注意点についてもう少し細かく見ていきましょう。

バレるわけにはいかない!浮気を密告する際の注意点

注意

情報を伝えすぎないようにする。

「自分だけが知っていて、相手はまったく知らない」というケースは非常に少ないと思って下さい。自分が実行者、指示者ということは悟られてはいけません。 密告は密かに行うものです。密告者がバレてしまえば、それは密告とは言いません。 浮気を密告した人が自分だと特定されないためにも、余計な情報を与えてすぎてしまうことはやめましょう。   もし、自分であるとバレてしまった場合、逆にあなたが責められてしまうかもしれません。全く非がないのに、あなたが悪い者扱いされては余計なストレスですよね。

自分のパソコンやスマホを使用しないこと。

密告方法は上記で挙げたようにいくつかありますが、ネットが普及した現代において密告者を特定する方法もたくさんあります。   どこから何で密告がバレてしまうか分からない状況は危険なため、自分の所有しているパソコンやスマホを使用した密告は避けて、インターネットカフェ公衆電話などからの密告をおすすめします。

証拠はしっかり用意しておくこと。

浮気を密告する際には、きちんとした証拠を掴んだ上で行動するようにしましょう。 事実を証明できない状態で密告をしてしまうと、相手の社会的信用を失ったり、さらに家庭が崩壊してしまった場合、上記で解説したようにあなたが名誉毀損で訴えられる可能性が出てきます。

個人情報をさらさないこと。

恨みや怒りから相手の住所や名前などの個人情報を不特定多数の人にバラまいてしまった場合、個人情報保護法の観点でも問題が発生します。

まとめ

危険 裏切られ、傷つけられ、怒りの気持ちで溢れる方が多いと思います。しかし、感情のままに密告をすることは極めて危険です。自分が悪い者扱いされてしまう可能性があります!感情で動くのではなく、一度踏みとどまってみて下さい。   電話代行ニコイチなら、成功率100%の実績であなたの浮気密告を代行いたします。男性・女性どちらのなりすましも可能です。浮気密告の実行後、ご希望があれば詳細な結果報告をしております。 「自分で密告する勇気がない…」とお悩みの方は、まずは電話代行ニコイチにご相談下さい!LINEで何度でも無料でご相談承ります。

お客様の声

不倫密告電話 依頼の経緯

現在、交際中の彼(既婚)に他に女(不倫関係)がいるようなので別れさせたい。相手も既婚者で週2くらいのペースで会っているので旦那にバレないうちに別れてほしい。

人物設定 相手の母親

探偵を使って色々調べさせていただきました。単刀直入に申し上げます。娘と関わるのをやめてください。婿さんも気付きかけているんです。家族の幸せを壊さないでいただきたい。あなたも既婚者で娘さんがいらっしゃるようだから親の気持ちはわかるでしょう?お願いですから、もう関わらないでください。お願いします。こんな感じのことを一方的に涙ながらに話しました。

お礼

先日は彼氏への電話ありがとうございました。あれから2人は相当、疑心暗鬼になっていたようで、私が何か仕掛けたのではと考えたようですが、もちろん何も証拠はなく、私もしらばっくれていたのでやっぱり向こうの旦那に探偵をつけられたか!となったようで、「もう関係を終わらせる」と全て白状して謝罪もしてくれました。お陰様で本当にありがとうございました。どれだけお礼を言えばいいかわかりません。もう電話代行を依頼することがないことを祈りますが、また何かありましたらお願いすると思います。本当にありがとうございました。

 

不倫相手の男性に慰謝料請求の警告・忠告をしたい

依頼することになった経緯 

友人女性の離婚調停を手伝っている者です。この友人が不貞行為を繰り返しており、調停に不利になるため不倫相手の男性に警告・忠告をしたいと思っております。現在の状況は男性のプロフィールを調べたり、弁護士/探偵/別れさせ屋などに相談中です。実際に伝えてほしい内容は会社宛に探偵業として「ある既婚女性を調べていたところ、御社の社員の出張や仕事などに泊りがけで同行していたことが分かっています。不貞行為に抵触するか判断したく、その同行は業務上必要なものだったのか教えてほしい。」という旨で連絡/警告してほしい。調停中の旦那宛に不貞を密告したい。不倫男性の実家(実家暮らしのため)に「息子さんの交際相手が既婚者であることはご存知でしょうか?現状の証拠では不貞行為の証明として弱いため、今すぐ女性に別れを告げ今後連絡を取らないというのであれば調査は継続せず慰謝料の請求もしません」という旨を伝えてほしい。

 

実行する際のニコイチ担当者の人物設定

探偵。男性役を希望します。不倫を知っている。充分ではないが不貞行為の証拠もある。今完全に関わりを断つなら責任を追求しない。接触や情報漏洩があれば責任を追及するという内容が伝えられるのであれば、上記のシナリオでなくても構いません。

 

伝えてほしい内容

「私、探偵をしております〇〇と申します。ある既婚女性を調べていたところ、御社の出張や営業など、業務に泊まりがけで同行していた事が分かっています。不貞行為に抵触する行動であったか判断したく、その同行は業務上必要なものであったか教えていただけますか?

裁判に持ち込めば不貞行為を認めるに十分な状況ではありますが、不貞の瞬間の証拠がある訳ではないので裁判で争う事になる可能性があります。

慰謝料の請求や今後の接触禁止など、手続きが煩雑になるので、今すぐに別れ、SNSの繋がりも無くし、今後連絡しない、近付かないという事であればそれ以上追求しない意向です。

今後も引き続き対象の既婚女性への調査は継続する中で、次に接触したという事であれば裁判になる覚悟をお願いします。また、探偵から連絡があったので別れるなど、こちらの調査が対象女性に漏れた場合にも直ちに裁判になる可能性があると思って下さい。では、失礼致します。」

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

浮気・不倫忠告電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。