電話代行屋ブログ

退職代行の相談を使い倒せ!有効活用する方法

アイキャッチ

こんな悩み有りませんか?

・仕事がつらい…
・会社を辞めたいけど方法がわからない…
・退職したその後が心配で踏み出せない…
・誰かに今の心の内を聞いてほしい…

会社を辞めたいと感じていても、なかなか言い出せない方は多く存在します。

仕事がつらいと、その事で頭がいっぱいになり
プライベートでも気持ちが沈んでしまいますよね。

・会社の人に退職の相談はしづらい…
・友人とは予定が中々合わないので話を聞いてもらえない…
・家族には心配をかけたくない…

悩み事というのは、周りに相談する事で解決したり、
解決まではいかなくとも、話を聞いてもらうだけで気持ちが軽やかになりますよね。
しかし、社会人は忙しくそういった時間を中々とることが出来ません

久々に会った友人に暗い話をするのは憚られるし
両親や家族には心配かけまい、と見栄をはってないでしょうか。

このように、周りに相談することが出来ず、退職に関して一人で悩み
抱え込んでしまっているあなたにオススメしたいのが
退職代行サービス」です。

 

退職代行サービスとは

ハテナイラスト

退職代行サービスとは、会社を辞めたい労働者に代わって
代行業者が会社に退職の意思を伝えるサービスです。

2016年頃からサービスを行う業者が出現し、
近年では新聞やテレビ、インターネットやSNSなど
様々なメディアで取り上げられるようになったため、
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

では実際に、退職代行サービスの申し込みから退職完了までの流れを
見ていきましょう。

退職代行サービスの流れ

①無料相談

まずLINEやメール、電話などで代行業者に相談をします。
「何を伝えればいいのか分からない…」という方もご安心ください。
専門の担当者があなたの現状や悩みを聞き
最適な解決策を見出してくれます

普段人に話せないような仕事の悩みでも
退職のプロにならきっと話せるはずです。

 

②依頼

最初の相談の段階では無料で行うことが出来るため
退職手続きが完了するまでの流れやサービス内容をしっかりと聞き
納得ができたら依頼しましょう。

少しでも不安な事や分からない事があれば何度でも相談することが可能です。

 

③打ち合わせ

入金が完了すると、担当の方に個人情報や会社の連絡先を伝え、打合せを行います。
どのような流れで進んでいき、自分は何をすればいいのかなど
しっかりと教えてもらい、ひとり一人に合った最良の方法で進めてもらいましょう。

 

④代行スタート

そして、希望の日時に退職代行業者が職場へ電話をかけてくれます。

連絡が来るまで不安に感じるかもしれませんが、
実行完了後はすぐに結果報告の連絡が来るため、自宅でリラックスして待ちましょう

会社に退職が承認されると、自宅に退職に関する書類が届きます。
退職届を作成し、返却物があれば一緒に職場へ郵送しましょう。

源泉徴収票や社会保険資格喪失証明書など必要書類の話も代行業者から
しっかりと説明してもらえます。

分からない事があれば気軽に相談しましょう。

退職後の必要書類が手元に届けば退職手続き完了となります。

 

退職代行サービスはなぜ浸透したのか

お話しイラスト

他人にお金を払って自分の会社に退職の意思を伝えてもらうなど
一見、おかしなサービスに感じるかもしれません。

そんな退職代行サービスが流行った背景には何があるのか。

それは日本における、
退職への捉え方の変容労働システムがあげられます。

「退職」に対する捉え方の変容

昔に比べ、現代社会では
働いていく上で退職はごく当たり前の事」という認識が広まっています。
その理由としては終身雇用が崩壊したことがあげられます。

大手メーカーやメガバンクで大規模リストラが行われ
経団連が「終身雇用を続けていくのは厳しい」と発表するなど
人生100年時代において企業の在り方も変わってきていることが実際に見て取れます。

出典:日本経済団体連合会「定例記者会見における中西会長発言要旨」

そんな風潮の中、特に現代の若者は退職に対して抵抗がない人が多く見受けられます。
平賀充記(2019)『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』(アスコム)では
インタビューした20代の若者たちは大手や中小問わず、
1社で定年まで勤めあげることなど、誰一人として考えていなかったといいます。

そして、そんな彼らからすると
辞める際の会社とのやり取りは無駄であると感じるのです。

上司に気を使って退職の旨を言い出せずにいたり、調整に労力を割くくらいなら
お金を払ってさっさとやめたほうが良い、

といった合理的で新たな価値観によるものと言って良いでしょう。

実際に退職代行を使う若者も
「上司には申し訳ないかもしれないが、余計な手間が省けるなら使ってみようか」
といった感情のもと依頼するだけであって、
会社に対して悪意もなくただ楽だから、という理由で使う人も多くいます。

礼儀やマナーは勿論大切ですが、若者はそれもわかったうえでなお
退職代行を使ったほうがいいと判断しているのではないでしょうか。

日本の労働システムは異常?

しかし、個人の考え方が変容しても「労働」そのものが
まだまだアナログな企業は多数存在します。

実際、日本でよく問題になる「過労死」という言葉や事例は日本にしか存在せず、
世界では「日本は経済大国でありながらも働く環境は異常で可哀想
と認識されているそうです。

もし、あなたが会社の働き方に違和感があるのなら
その企業に留まる必要はありません。

退職とは、働いていく上で常に選択肢の一つとしてあって当たり前のものであり、
辛い現状から逃げるために行うのではなく
次のキャリアアップのために行う
など
ポジティブなイメージに変容してきたと言えるでしょう。

 

退職代行を利用するメリット

電球イラスト

自分の代わりに退職を連絡してくれるというこのシンプルなサービスには
どのようなメリットがあるのか?ご紹介いたします。

社内の人と顔を合わせずに辞めることが出来る

勇気を出して、ご自身で退職の胸を会社に伝えた場合
その後の会社での居心地はどうなるでしょうか?

会社を辞めるという噂は瞬く間に広がり、
どうせ去ってしまう人間だから、という理由で上司から適当な対応を取られたり
同期や後輩と気まずいランチタイムを過ごすといった状況は
想像に難くないのではないのでしょうか。

せっかく退職を決意しても晴れやかな気分になれず
最後にそんな思いをするのは嫌ですよね。

しかし、退職代行を利用すれば
最短即日から社内の人と会わずに退職することが可能です。

辞められない状況が打開できる

会社に辞めたいと伝えたが、結果辞めることが出来なかった
といった場合にも退職代行は有効です。

退職の意を伝えると、暴言を吐かれたり恫喝される、
などといったパワハラを受けるケースも存在しますが
「今やめられたら困るから考え直してほしい」
「後任が見つかるまでは働いてくれ」
「プロジェクトが終わるまでは待ってほしい」
など心理的に訴えられるパターンも多々あります。

この場合、心が優しい人ほどその願いを強く断ることが出来ず
約束の期限がきても再び退職を切り出すことはせず
ズルズルと仕事を続けてしまうことが多いです。

このような人は、第三者に間に入ってもらい
代わりに退職の意を伝えてもらうことで
惰性で続けてしまうといった状況を打破することが出来ます。

退職に関する心理的なストレスから解放される

退職を切り出したり、話し合いをするのは何かと労力を費やします
退職希望の理由や伝え方を練ったり、
実際に伝える際は上司のタイミングを伺わないといけません。

また切り出した後は、上記で述べたような引き留めへの対応が必要な場合も存在します。

退職代行を利用すると
退職にエネルギーを使用する事無く、代行可能なものはすべて業者に回し
自分は退職後の新たなステップアップに向けての準備
エネルギーを費やすことができます。

 

まとめ

退職イラスト

如何でしたでしょうか?

終身雇用が崩壊した現代の日本において、
退職は辛い現状から逃げるといったネガティブなものではなく
ポジティブなイメージに変容しつつあります。

自分の代わりに退職の意を会社に伝えてくれる「退職代行サービス」は
納得いくまで何度でも相談することが出来、
労力をかけずにすんなりと会社を辞めることが可能です。

是非利用してみてはいかがでしょうか。

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。