電話代行屋ブログ

【早退する方法】事前準備や適切な伝え方で今後が決まる?!

【早退する方法】事前準備や適切な伝え方で今後が決まる?!

皆さんは会社を早退したいなんて考えたことはありませんか?

ただ早退するにしても明確な理由が無ければ急な早退は上司や周囲にも伝えづらいはずでしょう。

また伝え方などを事前に確認しておくことで周囲に悪い印象を与えることなく早退しやすくなるでしょう。

この記事では早退の伝え方注意事項早退理由などをご紹介致します。

早退しづらくて困っている方にはぜひ最後までご覧ください。

 

会社を早退する際の伝え方・注意点

会社を早退する際の伝え方・注意点

まず早退したい旨を伝える際の意識することや注意点をご紹介致します。

 

早退の旨は事前に伝える

早退したい旨はできるだけ早い段階で事前に伝えるようにしましょう。

事前に伝えておけば、仕事の引き継ぎやスケジュールの調整などもスムーズに進みます。

周囲の人たちに迷惑がかからないように前もって伝えておけば、早退後になっても周囲から悪い印象を持たれることは少ないでしょう。

上司に伝えることだけでなく、周りで一緒に働く人の事も忘れてはいけません。

 

必ず上司に直接報告・相談

会社を早退する場合は必ず上司に報告しましょう。

その際にはできるだけメールは避け、直接口頭で報告するか、上司が席を外してしまっている場合などは電話を使って伝えるようにしましょう。

メールで報告してしまうと、返信が無い場合など上司に内容が伝わっているか確証が持てないため、できる限り口頭で伝えるようにしましょう。

また早退に限らず、遅刻や欠勤などの報告も基本的には電話で伝えるのが社会人としてのマナーです。

上司も正当な理由できちんと報告すればきっと認めてくれるはずでしょう。

また必要に応じて上司だけではなく、早退によって影響の出てしまう先輩や同僚、取引先などにも早退する旨を伝えると良いでしょう。

 

周囲へのお詫びを忘れない

早退する日や次の日は周囲へのお詫びを忘れないようにしましょう。

自分が早退することになり迷惑がかかってしまった人達や、自分の仕事を引き継いでくれた人達がいます。

その人達に対してしっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。

早退したい一心でそっけない態度をとってしまうと周囲からのイメージもマイナスになってしまい、今後一緒に仕事しづらくなってしまいます。

そのため仕事の引継ぎに関しても緊急性の高いものだけを任せ、引き継いでもらう相手の負担はなるべく少なくすると良いでしょう。

 

次の日の仕事はしっかり行う

早退した次の日の仕事はいつも以上にしっかりとこなすように意識しましょう。

早退した分を次の日で挽回できるよう、いつも以上に働けば周囲へのプラスのイメージをもたらします。

逆にそこでやる気なく、態度悪く対応してしまうと周囲へマイナスイメージを与えてしまい、自身の信頼を失ってしまいます。

そうなってしまうと今後の仕事はもちろん、次に欠勤や早退するときに受け入れてくれない恐れもあります。

そのため次回以降もスムーズに早退できるよう、次の日の仕事はいつも以上に頑張るように意識しましょう。

 

会社を早退するための理由や方法

会社を早退するための理由や方法

ご紹介した内容を意識しつつ、ちゃんとした理由を告げれば上司も納得してくれるはずでしょう。

会社を早退するためには下記のような理由であればほとんどの場合認められるはずです。

 

体調不良

急な体調不良は会社を早退する理由として使えます。

出勤時や通勤時などに体調が良くても、仕事をしている最中などに体調が悪くなってしまうこともあります。

また体調の悪化を感じるのは頭痛やおなかの痛みなど人それぞれです。

頭痛や腹痛などは表面上に症状が出るものではなく、本人しかその具合がわからないため周囲から見ても嘘か本当か確認しづらいでしょう。

 

体調が悪いまま残っても仕事は手をつきませんし、さらに体調が悪くなる可能性もあります。

風邪であれば周囲にうつしてしまうことも考えられます。

体調不良であれば会社としても認めてくれる場合がほとんどですが、中には病院に行って診断書をもらってくるように言われる可能性があり注意が必要です。

また何度も同じような体調不良を理由にしていると周囲にも怪しまれてしまうため、噓の場合はあまり多用にしないようにしましょう。

 

病院に行く予定

急な体調不良だけでなく、持病などの通院や歯医者などに行く理由も上司に許してもらいやすいでしょう。

病院は休みの日はやっていない場合も多く、平日早退しないと通えない場合もあります。

定期的な健康チェックは健康的に業務をするためには必要不可欠なものなので、予定がわかった時点で報告するようにしましょう。

 

家族の体調不良や急な用件

自分以外にも家族の誰かの体調不良や親族の不幸、また子供の保育園や学校などから呼び出しされる可能性もあります。

このような家庭の事情でも急を要する場合には会社も早退を認めてくれるでしょう。

会社としてもこの部分はプライベートの部分になりますし、本当かどうか確かめるのが難しく、会社や周囲としても引き止めずらいはずです。

「親が倒れてすぐ向かわなければならない」「学校からの連絡ですぐに子供を迎えに行かなければならない」など緊急性が求められる場合は特に納得せざるを得ません。

 

役所に行く予定

役所などの公的機関に行く用事も1つの理由となるでしょう。

区役所や市役所などは15時や17時などの早い時間帯に窓口が閉まってしまうことがほとんどなため、平日の日中に行く必要があります。

パスポートなど様々な手続きや必要な書類を取りに行ったりと、どうしても行かなければならない状況は誰にでも生まれるはずです。

日中の時間帯は仕事の時間と被ってしまうため、どうしても休まざるを得ないでしょう。

また役所と同じく銀行なども休日は対応してもらえず、平日も窓口は早い時間で閉まってしまうため、同じように早退理由としては有効でしょう。

 

伝えづらい場合には早退電話代行

伝えづらい場合には早退電話代行

ここまでは早退の伝え方や理由、注意事項をご紹介しました。

ただご自身の職場環境によってはどうしても早退しづらかったり、上司にも伝えづらい状況があると思います。

そのような場合は「早退電話代行」に頼むのがおすすめです。

「今すぐ帰りたいけど理由やアリバイが無い」「早退したいけどなかなか上司に言い出せない」などで困っている方は特におすすめです。

早退電話代行サービスの業者に依頼すれば自分で伝えることなく、スムーズに早退することが可能です。

他人に任せられるので自分自身であれこれ考えることなく時間の短縮にもなるので非常にメリットのあるサービスです。

 

早退電話代行はニコイチがおすすめ

早退電話代行はニコイチがおすすめ

早退電話代行業者はいくつかありますが、その中でも弊社ニコイチがおすすめです。

ニコイチは他の早退電話代行業者に無い下記のメリットがあります。

  • 最短10分で対応
  • 無料相談も可能
  • 全国対応
  • 成功率ほぼ100%
  • 実績も業界No.1

早退電話代行をご依頼の場合は今すぐニコイチにご相談ください。

上記のメリット以外にもニコイチでは父や母などのほか身内の人間になりすまして実行できるなど、様々なケースに対応致します。

依頼者の情報は一切伝えることはありませんので外部に情報は漏れることは無く、調べられてもバレることはありません。

 

まとめ

どうしても早退したい状況は誰にだってあります。

ただ急な早退などは伝えづらい状況が多く、記事内で紹介した理由や伝え方で周りに配慮して伝えるようにしましょう。

それでも環境的に早退しづらい場合などはぜひニコイチの早退電話代行をご利用ください。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

早退電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。