電話代行屋ブログ

謝罪しても許されない理由とは?許さない相手側への対処法を紹介

皆さんは、自分が謝罪しているのに相手が許してくれない…なんて状況はありませんか?

間違った謝罪をしてしまっては火に油を注ぎ、さらに相手を不快にさせかねません。

ただ自分としては正しい謝り方だと思っても、相手にとってはあまりよく思われず、許してくれない場合もあるかと思います。

この記事では謝罪しても相手が許してくれない理由許してくれるように謝るポイントなどをまとめてみました。

 

謝罪しても許さない相手側の心理とは?

謝罪しても許さない相手側の心理とは?

『謝罪しても許してくれない相手』側の信条としては、どのようなものが考えられるでしょうか。

下記にいくつかの考えられるパターンをまとめてみました。

 

許せないほど重要なことだった

謝罪しても相手側が許さない理由の1つに、事の重大さが考えられます。

相手側からすれば許せないくらいの出来事だった可能性があります。

そのような場合、自分が誠心誠意謝ったと思っても、相手は許してくれないかもしれません。

重大な物事の場合、慎重に進めるようにした方が良いでしょう。

 

もっと真剣に謝ってほしい

相手がもっと謝罪を真剣にしてほしいと考え、許さない場合も考えられます。

こちら側の謝り方に納得できず、もっとしっかりと謝ってほしいと思っているはずです。

ヘラヘラしたり、適当に謝ってしまうと、相手側としても本当に謝罪の気持ちをもっているのか、誠実さや反省がこもっていないのではないかなどと考えてしまいます。

謝罪する際の態度は、相手側の気持ちや自分側の過失などを考えて、慎んだ態度で臨むようにしましょう。

また謝罪の際はなるべく直接謝るようにしましょう。

 

同じことを何度も繰り返している

同じようなミスや出来事で繰り返し謝罪をすることは相手からも許されないものでしょう。

何度も同じミスを繰り返してしまうと、反省する気が無い、また同じことを繰り返すのではないかと考えてしまうはずです。

ミスや失態をゼロにすることは難しいかもしれませんが、必要最低限は再発防止に努めた行動が必要になるでしょう。

その後の行動によってミスを無くすことができれば、相手側も許してくれるかもしれません。

 

謝っている内容が異なる

相手が謝罪してほしいと考えている内容と食い違っている場合も考えられます。

相手側が謝ってほしい内容と食い違ってしまっていると、それこそ相手側を怒らせてしまいかねません。

謝罪の前には事実確認を行い、なぜ相手は怒っているのかなど改めて確認し、認識違いなどを極力減らせるようにできると良いでしょう。

また自分の勘違いなどが原因で認識違いがあった場合は、素直に謝るようにしましょう。

 

許されるような謝罪のポイント

許されるような謝罪のポイント

続いては相手に謝罪をして許されるために、気を付けるべきポイントをまとめてみました。

1つずつ確認していきましょう。

相手の気持ちを考える

まず相手がどのようなことに腹を立てているのかしっかり考えましょう。

相手の認識と違ってしまっている場合、かえって怒らせてしまいかねません。

この件で相手側がどんなことに対して怒っているのかを意識するようにしましょう。

相手側の気持ちを理解したうえで、謝罪自体もそのような気持ちを考えてあげられると良いでしょう。

また相手の状況などを察し、共感することで相手側の気持ちに立って考えているように思われ、相手としても同じ立場になって考えてくれていると認識してくれる可能性もあります。

 

改善策・対応策をしっかりと考える

怒らせてしまった相手に謝罪する際には、ただ謝罪の言葉を述べるのではなく、改善策やその後の対応策までしっかりと伝えるようにしましょう。

何回も同じ失敗をしてしまっては相手側も許してはくれません。

謝罪が口先だけになってしまい、心から反省していないと思われかねません。

同じことを繰り返さないためにも、今回の失敗を反省し、今後同様なことが起きないように改善策対応策を考え提示するようにしましょう。

 

ちゃんとした態度で謝罪をする

謝罪をする際には相手に謝罪に気持ちを示すため、しっかりとした態度で謝るようにしましょう。

へらへらした態度で謝っても、相手側は許してくれないはずです。

相手側に反省していることが態度でも伝わるように、相手からどのようにみられているかは注意しましょう。

表情も真面目な感じにしておかないと、相手からしても気分は良くないでしょう。

すこし大げさすぎるくらいの態度をとっておくと、相手としても意図を察してくれるはずです。

電話の場合などでも、声のトーンなどで雰囲気を悟られますので、なるべく落ち着いたトーンで反省している気持ちを伝えられるようにしましょう。

表情や声のトーンなどの非言語情報は、謝罪の際はとても重要になりますので、日常から気をつけましょう。

 

謝罪のタイミングは考える

謝罪のタイミングはなるべく早いうちにするようにしましょう。

謝罪が遅くなってしまうと、相手側からも「一向に謝罪が無い」「謝罪するつもりが無いのでは?」と思われかねません。

かえって相手を怒らせかねませんのでなるべく早いうちに謝罪をしましょう。

ただ必ずしもスピードが求められるわけではなく、相手の都合が悪いときなどに無理に謝罪をしてしまうと、逆に不快に感じられかもしれません。

早期の解決を目指すなら、可能な限り相手側のスケジュールも考えておき、相手の余裕があるときに謝罪をするようにしましょう

 

自分に非があることを認める

謝罪する際には、自分に非があることを認めるようにしましょう。

自分に非は無いといった態度を見せてしまうと、かえって相手は怒りかねません。

相手側に多少落ち度があったとしても、こちら側がすんなり謝罪をしてしまえばスムーズに進むこともあります。

また相手が自分にも落ち度があると認めている場合、こちらとしても申し訳ないといった気持になるはずです。

謝罪を行う相手との関係性にもよりますが、今後も円滑なコミュニケーションを行うためにもここはすんなりと認めてしまうのが良いでしょう。

また謝罪の際は、先に原因や理由を説明するよりも先に謝罪してしまうと良いでしょう。

前者を先に行ってしまうと「言い訳ばかりしていて謝る気が無いのでは?」と受け取られかねません。

そのため謝罪の際は自分から第一に謝罪の言葉を述べるようにした方が、まるくおさめられる可能性が高まるでしょう。

 

事例:職場での不正がバレて親として謝罪してほしい

職場で不正をしたことがバレて上司から責められてます、父親と母親に自分の口からちゃんと報告をしろと言われて正直に言えず困ってます。今回、私がお願いしたいことは自分の親の代わりになりかわって上司と話してほしいことです。想定されるであろう会話の内容は、おそらく本人がちゃんと正直に説明したかどうかの確認の電話だと思います。60歳の父親の設定でお願いします。

 

会社のお金を横領してバレてしまい謝罪代行をお願いしたい

依頼することになった経緯は、私が勤める会社のお金を横領し(47万)社長、部長と面談し働きながら返していくと決まりました。部長と夫(何でも屋というところで夫代役頼んで来ていただき一緒に謝罪していただいた)が生活費に困り再び横領(6万〜7万あたりです)また、社長と部長と面談となりました。が、さすがに夫にはいえず、、謝罪代行を依頼しました。

現在の状況は(47万の横領の分は現在私の給料日に毎月五万円ずつ返済しています)お願いした夫代役の方が難しいとなり、大変困っています。さすがに2回目なので家宅捜査や警察に、と部長に前振りされておりどうしたらいいか助けてください。

 

会社のお金を横領してしまい妻として謝罪してほしい2

依頼することになった経緯。建築会社で営業の課長職をしているのですが完全に首の回らない出来事があり、お客様からの契約金から50万円を横領をしてしまいました。それが昨日発覚し、その事実自体は今までの業務に免じて頂き不問となったのですか、弊社の代表が妻と電話で話をして、お金の管理をしっかりして欲しい。といった話を直接しないと完全には無しに出来ない。と、いう話になりました。会社からは他にも今までに300万円ほど借金をしており、その点について、妻には話をしていなかったため、今回は妻に成り変わって、代表と話をしてもらいたいと思っております。

 

想定されるであろう会話の内容

「家族のお金は奥さんがしっかり管理しないとダメだよ。会社から既にお金を借りてるのは知ってるでしょ?今回旦那が苦しんでるのに気がつかなかったの?離婚なんて考えないで、ちゃんと支えてやってほしい。ご実家のリフォームとか、ウチの会社がお金の面も助けてあげたんだから、旦那に仕事でちゃんと返させなさい。

基本は聞くだけで大丈夫だと思いますが、「本当に申し訳ありません。私がしっかりできていなかったので、このような事になってしまい。主人にはキチンと仕事で返させたいと思っております。主人から話を聞いてから体調が優れないのと、精神的にも厳しい所がありますので、直接合ってお話できないのは申し訳ないのですが、今後も主人は仕事を頑張るようですので、わたしも出来る限りの事はしたいと思います。

本当に申し訳ありませんでした。」という感じのお話をして頂けますと大変有難いです。

 

事例:自分の親として代わりに被害者に謝罪してほしい

経緯は、4人でボーリング場行ってに財布が落ちていてそれを拾って持っていたら4人のだれかが財布にあったはずの8万円を抜いていて財布には4000円が入っていてそれを持ち主に落ちていたと嘘をついて渡したのですが後日監視カメラを見られ自分たちが財布を拾っているのを見られてしまい。

その返した2日後に8万円をみんなで渡しに行ったのですがその持ち主の親に、4人全員の親に連絡すると言われたのですが自分は家庭が厳しく、親に言われると学校も退学にされ、警察にも報告されるかも知れません。現在の状況は親の連絡先を教えろと言われています。

伝えて欲しい内容は、相手に謝って貰って子供には厳しく注意しますという風な感じにして欲しいです。人物設定は母親ということにしてもらいたいです

 

謝罪が苦手なら謝罪代行がおすすめ

謝罪代行

ここまで謝罪のポイントをご紹介してきましたが、どうしても謝罪が苦手であったり、自分では謝罪したくない場合があると思います。

そのような場合には、謝罪代行が非常におすすめです。

謝罪代行で担当してくれる方は、謝罪のプロですので、自分で謝るよりも上手くおさめてくれる可能性が高まるかもしれません。

謝罪したのに相手がどうしても許してくれない場合は、弊社ニコイチの謝罪代行にご相談ください。

ニコイチではなりましなど様々なケースに対応しております。最短昨日で実行可能、謝罪電話の実績も業界NO.1!

ご相談は完全無料ですので、謝罪に関するお悩みはぜひニコイチにご相談ください。

 

まとめ

『謝罪しても許してくれない相手』の心理理由をご紹介していました。

謝罪の方法や、今後の対応次第で、相手が許してくれるようになる可能性は大いにあります。

ただご紹介したポイントを実行しても許す許さないは相手側が判断することです。

謝ればいいと思って粗雑に対応せず、謝罪の態度をしっかりと相手側に示すことが大切です。

どうしても謝罪がしたくない場合は、ぜひニコイチにご相談ください。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

謝罪代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。