電話代行屋ブログ

謝罪代行を使うことは恥ずかしい?そんな時代はもう終わり!

仕事での失敗やプライベートでのトラブルをプロが代わりに謝罪してくれるサービス「謝罪代行」

このサービス怪しくない?と思う方も多いと思いますが、近年利用者が増えてきています。ですが賛否両論、様々な意見があるのも事実です。

今回はそんな「謝罪代行」についての詳しい説明と「謝罪代行」を使うことが恥ずかしいのか?という点をご紹介していきます。

謝罪代行とは?

依頼人の代理人として、依頼主の家族や会社の上司といった特定の人物としてなりすまして謝罪を行うサービスです。

仕事上でのトラブルやミスでクライアント様に迷惑をかけてしまった場合に、上司や取引先の担当者などに成りすまして謝罪をしてくれます。

また仕事以外にも不倫などのプライベートな時に、不倫相手になりすまして謝罪もしてくれます。

申し訳ない気持ちはあるけど、自分で謝れないという時や、物事を荒立てることなく穏やかにおさめたい時に即日利用できるので大変便利なサービスです。

なぜ利用されている?

最近ではお笑い芸人が「プロ謝罪師」となり謝罪代行というサービスが有名になりましたが、実は2014年頃から謝罪代行サービスはメジャーになっています。

謝る時は自分で気持ちを込めて謝らないと意味がない!」「なぜ利用するのだろう?」と思う方もいると思います。

ある謝罪代行業者の話によると、このようなサービスが利用される背景には、他人と面と向かって接してこなかった人が増えて、どのように謝っていいかわからないという人の増加があるそうです。

この30年間で携帯はポケベルからスマートフォンへと大きな変化を遂げました。またスマートフォンが普及したことによりLINEやSNSでのコミュニケーションの機会が圧倒的に増加し、対面で話すことが減っていきました。そのため、どのように謝っていいかわからないと思う人が多いのでしょう。

またこれに加えて人とのトラブルを自分で解決する力が欠けてきているという考えもあります。お金を払えば解決できるからとお金任せで、自分で解決する力を付けないまま「謝罪代行」を利用してしまうのです。

近年は新型コロナウイルスが大流行しています。会社は出社することなくリモートワークになり、打ち合わせもZOOMでのオンラインミーティングが基本の世の中です。

このような世の中にいる日本人は、この先もっと対面のコミュニケーションの機会を失い、人との接し方や謝り方、問題解決方法がわからない人が増えていくことでしょう。

謝罪代行はいつ使う?

いつ使う?

ここでは謝罪代行はどのような時に利用するのかという点をお話しします。

謝罪代行を利用するケース~浮気~

謝罪代行を利用するケースとして多いのが「浮気」です。

浮気がバレてしまった時に、浮気相手に迷惑をかけず相手に謝る方法として謝罪代行を利用するケースがあるようです。

浮気相手の女性になりすまし奥さんに謝罪をしたり、逆に浮気相手の男性になりすまして、旦那さんに謝罪をすることで浮気問題を泥沼化する前に解決することができます。

謝罪代行を利用するケース~子供のトラブル~

子供が友達と遊んでいて友達の家の壁に穴をあけてしまった時や子供同士の喧嘩でこちらに非があり謝らなければいけない時などの「子供のトラブル」を利用するケースです。

子供を大切に思う親だからこそ、自分の子供が喧嘩をして怪我をしたと聞いたら怒りがなかなか収まらないものです。

そんな時は謝罪代行で謝罪のプロにお願いすることで、相手の怒りを抑えつつ冷静に謝罪することができます。

謝罪代行を利用するケース~仕事のトラブル~

クレーマーのお客様に謝罪の電話をしなければいけないが精神的につらく電話をしたくない時や、仕事で大きなミスをしてしまいクライアントに迷惑をかけた時、先輩になりきってもらい謝罪してもらうなど「仕事でのトラブル」での利用も多いです。

謝罪することは精神的に辛いことですが、お金を払い謝罪代行を利用することで、精神的な辛さを回避することができます。

精神的な辛さで立ち直れなくなってしまうと働くことが難しくなってしまったりするので、お金を払ったとしても代償が少なくなるのは良いですね。

また自分で謝罪をすると場合によってはさらに相手の怒りを買って、謝罪失敗ということも起きるかもしれません。ですが謝罪代行は謝罪のプロなのでそういった心配をすることもありません!

このようなメリットを考えると謝罪代行を利用したくなってしまいますね。

謝罪代行を利用することは恥ずかしい?

謝罪代行をいつ使う?

結論から言うと、謝罪代行を利用することは「全く恥ずかしいことではありません」。

理由としては謝られる相手は謝罪代行を利用していると気づかないからです。もし相手が違和感を感じていても、今後関わる予定がない人であればバレても問題ないでしょう。

また物事をスムーズに済ませることが出来るので時と場合によっては好都合です。

ですが、気を付けなければいけない時もあります。それは切羽詰まった状態での利用や、公務員の方々です。

静岡市で起きた下記のニュースをご存知でしょうか?

静岡市は建設局の20代男性職員が、要望を受けていたカーブミラーを設置できなくなったことを市民に説明する際に「謝罪代行」業者を雇っていたと発表した。
市は不適切だったとして職員を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。
市によると、職員は昨年8月ごろに市民からミラーの設置の要望を受け付け、正式な手続きを経ずに「設置は可能」と説明していた。しかし、担当部局は優先順位が低く設置できないと判断。
職員は同11月、謝罪代行業者に2万5千円を支払い「上司になりすましてこの市民に説明と謝罪をしてほしい」と依頼した。
代行業者の連絡を受けた市民が不審に思い発覚した。
 引用元:Yahoo! JAPANニュース
 
上記のように公務員の方が利用すると謝罪代行を使用していることがバレてしまうことがあります。
 
このようにニュースになってしまうととても恥ずかしいですよね…切羽詰まった状態で使用したい気持ちはわかりますが、自分の職種や状況を考えて、冷静な判断をしてから謝罪代行を利用するようにしましょう。

謝罪代行利用時のポイント

シナリオを考えておく

事前に「誰に成りすましてほしいのか」「何歳くらいの設定か」「どのようなことを伝えてほしいのか」というところを細かく考えておきましょう。謝罪代行を申し込んだ後にシナリオを送る必要があり、事前に考えておくことで即日実行してもらうことができます。

また細かくシナリオを記載しておくことで、謝罪代行業者もすぐに理解することができますし、相手に怪しまれたりすることが少なくなります。相手から一歩踏み込んだ質問をされることもあるので、想定される質問や回答も考えておきましょう!

 

まとめ

謝罪代行は男女のトラブルや仕事でのトラブルをスムーズに解決したい時にオススメです。

否定的な意見もありますが、自分の状況や立場を冷静に考えて判断すればバレることもないです。そのため謝罪代行を利用することは恥ずかしいことではありません

自分で謝罪をして失敗をしてしまったり、精神的にきつくトラウマになってしまうことを考えるとお金を払って謝罪をしてもらいスムーズに問題を解決した方が良いでしょう。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

謝罪代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。