電話代行屋ブログ

入社1年未満の新卒が退職代行を利用する本当の理由を10個紹介

 

今まさに退職を考えて職場を退職しようかと悩んでいる新入社員のあなた。期待を胸に初めての社会人生活をスタートさせてみたものの、アレレ?何か入社する前に聞いていた話と全然違うなんて感じていませんか?実は、同じことを思っているのはあなただけではないんです。

 

退職代行業者ニコイチが調べた結果、入社1年⽬以内の新卒、第二新卒の離職率は以下のグラフを⾒てもわかるように平均して10%以上を記録しており10⼈に1⼈は新卒で⼊社した会社を1年以内に退職していることがわかります。

                                              青色・新卒入社3年目 白色・新卒入社2年目 黒色・新卒入社1年目   

※出典:厚生労働省 新規学卒者の離職状況より


そこで今回は、あなたが今知りたいと思っている新卒の退職理由を紹介し、実際に職場を退職すると決めた時どう退職手続き進めていけば良いのかなど流れを説明いたします。退職代行会社で4500人以上の退職を実際にサポートしてきた退職代行ニコイチの西村が新卒の退職理由と合わせて適切な向き合い⽅や対処法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ会社を退職したい場合、退職代行ニコイチへお問合せください!

 

新卒入社3年以内の社員が退職を決意する8つの理由

多くの新⼊社員達はどんな理由で退職に⾄っているのでしょうか。以下は退職代行サービスを利用した新⼊社員約100⼈に聞いたリアルな退職理由10選です。

1:仕事が合わない

圧倒的に多かった退職理由が「仕事が合わなかった」でした。仕事が合わないと答えた退職者達に話を聞いてみると「入社前に聞いていた話と違っていた」「成長を実感できない」「仕事が覚えられない」などという声が多く聞かれました。

やはり初めての社会⼈⽣活ということで、⾃分が想像していた業務や働き⽅に⼤きなギャップを感じ、そこから⼀気に仕事へのモチベーションを失って退職に⾄る⼈が多いようです。よく「⽯の上にも 3年」ということわざがあるようにまずは3年働いてみないと⾒えてこない仕事の本質や、やりがいがあるのも事実です。


しかし、ノイローゼやうつになるまで我慢して仕事に⾏っている状況や⾃分が本当にしたい仕事に気づけたのであれば、迷わず退職した⽅が良いでしょう。ずるずると退職を⻑引かせるよりもスパッと早めに⾒切りをつけ、次の仕事の勉強時間や資格取得に時間をあてた⽅がよほど有意義ですよね。

2:仕事にやりがいやおもしろさを感じられない

自分が仕事に何を求めているのか考えてみましょう。ほんの数ヶ月やっただけではわからないこともたくさんあります。もう少し頑張ってみても気持ちが変わらなければ転職を考えましょう。

3:自分には向いていない仕事だった

なぜ向いていないのか、自分の適性を見極める必要があります。会社の違う部署にあなたのやりたい仕事はありませんか?あれば部署異動を打診してみましょう。

4:社風が合わない

まず、会社のどういったところが合わないのか考えます。やりたい仕事であったとしても将来性などをしっかり吟味した上で判断しましょう。この場合は割り切ってやっていけるかがポイントになります。

5:雰囲気になじめない

職場の人達ときちんとコミュニケーションをとっていますか?業務をする上で、ある程度の関わりは必要となりますからまずはどんな人にも自分から率先して元気よく挨拶をすることから始めてみましょう。たとえ挨拶を返してくれなくても必ず挨拶をします、挨拶は何をするにも「基本」です。

6:仕事が覚えられない

本当に今のやり方であっているのか今一度、考えてみてください。大事なことを覚えられない場合はメモを取り覚える努力をしましょう。仕事ができる人にコツを聞いたり、観察してみたりするのも一つの方法です。

7:上司や同僚と合わない

特定の人が苦手でなのか、どうしてその人のことが苦手なのか分析してみます。会社の中に話しやすい人がいれば、一度相談してみましょう。人事異動があれば人間関係も変わります。それまで待てるのであれば、もう少し続けてみます。改善が難しく、心身に影響が出始めているのであれば早めに退職を決意しましょう。

8:ワークライフバランスが取れない

やらなくていい仕事までやっている可能性があります。生活を犠牲にしてまでも残業する必要はありません。自分の限界を超えているようであれば上司や先輩に相談し、仕事を分散してもらうのも一つの方法です。

仕事が合わないと感じた時の対処法を紹介

では、仕事が合わないと感じたら最初に考えることは何故、仕事や職場が自分に合わないのかを見極めることが重要です。

 

②自分の考えを整理してみる

今の状況は本当に改善できないのでしょうか?原因を紙に書き出し状況を整理し、その上でさらに以下の二点を考えてみます。

 

  • 続けるべきメリット·デメリット
  • 転職した時のメリット·デメリット

後悔しないためにもこれから先、自分がどうしたいのかをきちんと考えメリットとデメリットを天秤にかけた時、今の自分に一番良い方法を選択すべきです。

 

③何をやってもどうしても自分に合わないと感じた場合は転職

モチベーションが下がった状態で毎日仕事を続けていれば、態度にも出てきます。こういう気持ちというのは一緒に働いている人にも伝わりやすく、人間関係をも壊しかねません。

そんな時は転職するチャンスだと気持ちを切り替えて転職活動を始めます。興味をそそられるような仕事が決まれば退職の話を進めていきましょう。

 

人間関係 編

人間関係が原因と答えた退職者達に話を聞いてみると「上司の言い方がきつい」「毎日怒られるので、聞きたいことも萎縮して聞けない」「一緒に仕事をしてる人と合わない」「パワハラがひどくて」などという声が多く聞かれました。

職場の人間関係で悩む人は非常に多く、仕事を辞める大きな原因の一つとなっています。会社というのは年齢や価値観が違う様々な人達と関わる訳ですので、人間関係に悩むこともあるでしょう。

しかしながら、1日の中でも職場で過ごす時間は長いため、たとえ仕事が楽しくても人間関係が劣悪な環境ではせっかくのやる気も下がってしまいますよね。

人間関係でつまずいてしまった時には、この先自分がどうしていきたいのか考えましょう。

  • 現状を改善して今の仕事を続ける
  • 今は判断できないのでしばらく休養する
  • 我慢して仕事を続ける
  • さっさと諦めて転職する


今後どうするのかを定めることによって、ある程度方向性が見えてきます。職場でもプライベートでもそうですが、信頼関係を作るには時間が必要となります。仕事も人間関係も1日1日少しずつ築き上げていくことが大切です。

ただ、体や心を壊してまで執拗ないじめに耐えたり、パワハラやモラハラ、セクハラなどの過度な嫌がらせを我慢する必要はありません。


問題を一人で抱え込まず、同僚、家族や友人、第三者機関へ助けを求めましょう。

 

職場の人間関係に悩んだ時の対処法を紹介します

①ケースごとに原因を探ってみる

人間関係に悩むと言ってもその内容は人によってバラバラです。まずは原因を突き止め、どのように改善していけば良いのかを考え、実践することにより職場の人たちとの付き合い方を学ぶことができます。ここではよく聞くケースごとによって対処方法を紹介していきます。



A.仕事を教えてくれない

考えられる理由

  • 忙しすぎて教える余裕が無い
  • 相手が教えることに慣れていない
  • ただ単に嫌がらせをしている
  • 自分自身の言動や行動、態度、仕事ぶりなどに問題がある

 

まず自分に本当に問題がないか考えます。ここをきちんと見極めないと、関係性がさらに悪化してしまう可能性があるからです。見当がつかない場合は、周りの人に自分の態度や仕事ぶりを聞いてみましょう。

 

そうすることにより、自分では見えていなかったことに気づかされるかもしれないからです。自分自身に問題がない場合は相手に理由を直接聞いてみるか、上司に相談しましょう。仕事のことを質問する場合はタイミングも大事です。


人は忙しくなると余裕がなくなり、イライラしてしまう傾向があります。相手が忙しそうにしている時をなるべく避け、わからないことをあらかじめ絞って聞きましょう。聞きたいことを明確にすることにより相手も何を教えれば良いのかを理解することができるからです。

 

それでも教えてくれない場合には、その人以外の人に聞いてみるのも一つの方法です。ただし、教えてもらえないからと言って勝手に判断して作業するのはやめましょう。

 

そこでミスをしてしまうと、ますます気まずくなり、相手との関係性がさらに悪化することも懸念されます。



仕事をしていく上である程度の自発性とコミュニケーションは必要となります。何をすれば良いのかわからないからと言って、ボーっと立っているのはよくありません。


「次は何をすれば良いでしょうか?」と、自分から積極的に尋ねるようにしましょう。



B.言い方がきつい、威圧的

考えられる理由

  • 早く成長してほしいために、あえて厳しくしている
  • 相手の性格やコミュニケーション能力に問題がある
  • 声が大きいため、きつく聞こえてしまっている
  • 自分自身の言動や行動、態度、仕事ぶりなどに問題がある

 

ここでもまず大切なのは、自分自身の行動や言動を振り返ることが必要です。相手がそのような態度をとっているのには、何かしらの要因があると考えられるからです。

挨拶がなかったり、返事をしていなかったり、基本的なところはどうでしたか?


仕事中、毎回のように同じことを注意されているのであれば、まずはそこを改善しましょう。相手に原因がある場合は、その人自身が弱い人間であったり、コミュニケーションが不得意であるがために、そういう仕打ちをしていることが考えられます。



こういったタイプの人間の場合は、その人が何に対して過剰に反応するのかを観察し、傾向を探ることが必要です。反抗的な態度は相手をさらに刺激してしまう可能性が高いのでオススメできません。無理難題を押し付けてくる時には、相手の意見を一旦受け入れた上で自分の意見を冷静に主張することが大切です。



相手のポイントをつかみ、時にはフォローしたり、さりげなく褒めたりして感謝されるような関係性を築くことができればうまく付き合っていけると思います。



C.職場で無視される、仲間はずれ、いじめ

考えられる理由

  • 気に障るようなことを言ってしまった
  • 嫌われるような行動をしている
  • 仕事が出来すぎるために妬まれている
  • 自分自身の言動や行動、態度、仕事ぶりなどに問題がある

 

出勤初日から無視されたりするようなことは考えられにくいため、きっかけとなった原因を特定することが先決となります。素行や仕事ぶりなどが悪く、やる気がないと見なされた場合には、無視される原因にもなるかもしれませんので気をつけることが肝心です。

 

とくに影響力の強い人を敵に回してしまうと、自分が不利な立場にさせられてしまう可能性があります。自分に原因があった場合は素直に謝り、原因がわからない場合は徹底的に聞いてみたりして、それでも解決が難しい場合は上司や話しやすい先輩に相談してみましょう。

 

社内で相談できる人がいなければ、外部や第三者に相談してみてください。人によっては仕事は仕事と割り切り、余計な話をしたくないという人もいます。それが受け取り方によっては、冷たく感じたり無視されているように感じてしまうこともあるかもしれません。

 

ただし、無視されたり、いじめられたりしても挨拶などの最低限のマナーは守りましょう。



D.パワハラ、モラハラ、セクハラ

ハラスメントを疑うような行為

  • むやみやたらに怒られる
  • 殴られる、蹴られる
  • 不必要な残業をさせられる
  • あからさまに仕事を押し付けてくる
  • 性的な言動や執拗なボディタッチを受けている

 

このようなハラスメントは人として許し難い行為ですが、批判を個人的に受け取らず、思い込みや勘違いなどもあると視野に入れながら、一旦落ち着いて現状を分析してみましょう。すぐに決めつけるのではなく、正しく判断することが重要となります。



常識外れな扱いを受けていると感じた場合は、まず職場内に助けてくれる人を探しましょう。上司や違う部署の先輩、会社のコンプライアンス部、外部の相談窓口など相談できるところはたくさんあります。



ハラスメント行為が確定的である場合は、録音やメール、メモ、日記などの事実が確認できるものがあると有利です。心身にダメージを受け病院に通っているのであれば、診断書も書いてもらいましょう。



証拠を集める時は、5W1H【いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように行なった】を記しておきます。

 

相談しても改善がみられなければ、人事異動や転職を視野に入れていきます

体に不調が出始めているのであれば休養する

すでに何らかの不調が出ているということは、体や心が限界に達しているということです。そのような状態で仕事を続けていても、パフォーマンスが下がったりミスをしてしまう可能性が高くなります。ミスをすればまた怒られたりして、さらに悪循環に落ちいることも懸念されます。

 

そんな時は無理をせず、休みを取ってしばらく休養しましょう。新入社員であっても会社によっては休職させてくれるところもありますので、長期間休養したい場合は会社の上司などに一度話をしてみてください。

 

自分で休みを申し出るのが難しい場合は身内の人にお願いするなどして、会社に電話をしてもらいましょう。その際に診断書があると休養を認めてもらいやすくなるので、ぜひ活用してください。

 

第三者機関に相談する

会社内に相談できる人がいない、何度も相談したけれど一向に改善される様子がない場合は、第三者機関に相談をしてみましょう。外部の専門家に相談することにより、解決の糸口が見える可能性もあります。

 

改善されないからと言って泣き寝入りしたり、すぐに退職を考える前に専門家に頼ってみましょう。家族や友人に話しにくいことも親身になって聞いてくれます。

 

相談料は無料ですし、電話が苦手な方はメールでも対応可能です。人に聞いてもらうことにより、自分では見えてこなかった改善方法などを提案してくれるかもしれません。

 

いくつか候補を挙げておきましたので、ぜひ参考にしてみてください。(名称をクリックしていただければサイトにアクセスできます。)

 

【無料相談所 一覧】

こころの耳

 
(相談可能な時間や曜日は、相談をする機関によって変わります)どこに何を相談すればいいのかわからない方は、まずこちらのサイトを見てみてください。

 

職場のこと、病気、生活、不安や悩みなど様々な相談機関が10ヶ所掲載されています。臨床心理士や社労士の方とも相談できるのがポイントです。

 

法務省 みんなの人権110番 


0570−003−110 (月~金 8:30~17:15)主に人権に関する相談を行なっているところです。パワハラ、モラハラ、セクハラなど人権に関することでお悩みの方はこちらに相談すると良いでしょう。内容を聞いた上でいろいろと提案し、専門機関を紹介してくれます。

 

法テラス 


0570−078−374(月~金 9:00~21:00 土 9:00~17:00)主に法律に関する相談を行なっているところです。内容を聞き弁護士と直接話した方が良い場合、仲介をしてくれます。

 

弁護士に相談するお金がない人には、3回まで無料で相談できる制度もあります。(ただし、利用する場合は一定の条件があります)

 

日本労働組合総連合会 


0120ー154ー052(月~金 9:00~17:30)主に労働条件や雇用に関する相談を行なっているところです。解雇、退職強要、契約打ち切りなど労働に関することでお悩みの方は、まずこちらに相談してみてください。内容が複雑で電話では話しきれないという場合は面談も可能となっております。

 

体調を崩した

昨日まで元気だった人がある日突然、会社に来なくなった、なんてことも最近はよく聞く話です。

 

体調を崩したことが原因だったと答えた退職者達に話を聞いてみると「人間関係が原因で」「圧力に耐えられなくなった」「うつ病になってしまったので」「不安と緊張でストレスが溜まり、体に症状が出るようになってしまった」などという声が多く聞かれました。

 

入社したての頃は緊張感もあったので、それほどまでに辛いとは感じなかったことも日が経つにつれ、焦りと不安から体調を崩してしまい退職をするという人が多いようです。

 

せっかく入社した会社をすぐに辞めるわけにはいかないからといって、無理をして働き続けてしまうと、ますます体や心を壊してしまう可能性があります。

 

これ以上悪化させないためにも、まずはゆっくり休むことが先決です。休んでいる間にこのまま仕事を続けることができるのかということもじっくり考えて、どうしても続けることが難しいようであれば退職を選択しましょう。

 

体調を崩して仕事が出来なくなってしまった時の対処法を紹介します

 

会社に現状を把握してもらう

体調が悪い人を無理やり働かせるような会社はないので、限界を超える前に自分の状態を会社に知ってもらうことが必要です。まずは直属の上司に体調のことを伝え、今後について話し合いましょう。

 

仕事を続けたいのであれば、仕事の量を減らしてもらったり、残業を無くしてもらえるよう調整してもらうことから交渉するのも良いと思います。



こんな症状が出始めたら無理は禁物です

  • 眠れない、食欲がない、やる気が出ない
  • 出勤前になると頭痛や腹痛がする
  • 急に悲しくなって涙が出る
  • 布団から出られない、電車に乗れない
  • 通勤中に事故にあってしまいたいと考えてしまう

 

体がSOSを出していることが考えられるので、なるべく早めに休養をしましょう。

 

休職する

まずは少しだけ休んで今後について考えたい場合は休職を選択するのが良いと思われます。休職とは会社に籍を残しつつ、労働者側の都合で一時的に休むことです。

会社によっては制度を設けていないところもありますので、まずは就業規則を確認します。休職中は賃金の支払いはされませんので注意してください。長期的に休むことになった場合、傷病手当金制度を検討してみましょう。

 

傷病手当金制度とは、病気やケガのため働けなくなったとき、その間の生活を保証してくれる制度です。申請をして認められれば、給料の約2/3の額が最長で1年6ヶ月間支給されます。

 

ただし、支給を受けるには条件がありますので、まずは全国健康保険協会(協会けんぽ)に問い合わせて確認をしましょう。会社によっては仕事を休むにあたって、診断書の提出を求めてくるところもあります。必要な場合は病院に行って診断書を書いてもらいましょう。



詳しくはこちらへお問い合わせください→全国健康保険協会 

 

退職

この際、思い切って退職を決意した方が楽になるかもしれません。何をするにも体は資本ですので、体調が悪いまま転職をしたとしてもすぐに良くなるとは限りませんし、むしろ病状を悪化させてしまう恐れもあります。

 

そうならないためにもまずは治療に専念し、しっかりと体や心を治すことが大切です。

 

精神的に辛い

精神的に辛いと答えた退職者達に話を聞いてみると「プレッシャーに耐えれなくて」「毎日、人の悪口ばかり聞かされて気分が悪い」「周りの人たちの顔色ばかりうかがっているのに疲れた」「上下関係が厳しくて」などという声が多く聞かれました。



ノルマが達成できないと怒られるという恐怖や、周りの人の目が気になって精神的に辛くなり退職に踏み切る人が多いようです。仕事をしていく上である程度の忍耐は必要となります。


しかしながら、毎日怯えて会社に行っていては仕事も辛くなってしまいますよね。仕事だけでなく、人間的にも成長できないと感じたら早めに退職をしましょう。

 

自分の能力が生かされる職場でイキイキ働いた方が、心にも体にもずっと健康的です。今までやってきた仕事の中で、楽しかった業務や自分の得意だったことを思い出して紙に書き出してみてください。そして、それを参考にして次の仕事を探してみましょう。

 

精神的に辛いと感じた時の対処法を紹介します

①人と比べない

人の目をあまり気にしないようにしましょう。実はあなたが思っているほど、周りの人はあなたのことを気にしていないものです。人の目を気にすることに時間を取られていては、仕事にも集中できないと思います。

 

そして、人には向き不向きがあります。たとえ同じ仕事をやらされたとしても、その仕事があなたの不得意なことだった場合は差が出てしまうと思います。だからと言って簡単に諦めてしまってはもったいないですから、自分が得意な作業を見つけ一生懸命取り組んでみましょう。

 

そうすることにより、おのずと実力や評価がついてきて、それが自信にも繋がるはずです。

 

②頑張りすぎない

完璧を求めすぎているのかもしれませんので、少し力を抜いてみましょう。きっちり仕事をこなすことはとても素晴らしい心がけですが、そのこと自体があなたを苦しめているのであれば、もう少しペースを落としてみてください。

 

マラソンを走る時もずっと全力で走っていたらバテてしまいますよね。自分のキャパを超えているのなら、我慢せず周りに助けを求めてください。仕事はチームプレイです、お互い助け合って業務を成し遂げましょう。

 

③何もしないでとにかく休む

精神的に辛いことが続くと、自分に余裕がなくなって、何もかもが嫌になって悪いことばかり考えてしまいがちになってしまいます。そんな時は、考えるのをやめてさっさと寝てしまいましょう。

 

普段きちんとした睡眠がとれていないと、体にまで影響が出てきてしまいます。栄養のあるものをしっかり食べて、湯船に浸かり、早めに布団に入ってみてください。

そして、たまには好きなものを買ったり、綺麗な景色を眺めに行ったりして、いつも頑張っている体に感謝して自分を褒めてあげましょう。

 

肉体的に辛い

肉体的に辛いと答えた退職者達に話を聞いてみると
「思っていたより重労働だった」「時間が不規則で生活リズムが崩れてしまった」
「慣れない作業で体を痛めてしまった」「休んでも全然疲れが取れない」
などという声が多く聞かれました。

若いから大丈夫だと自信を持っていたけれど、いざ働いてみたらあまりのハードさに
体が壊れる危機を感じ、退職を決意するという人が多いようです。

何をするにしてもそうですが、慣れるまでは誰でも辛いと思います。
最初からできる人なんていないのですから、まずは経験を積むことが肝心です。
今できなかったことも、あと数ヶ月やっていたらできるようになるかもしれません。

しかし、病気やケガをしてしまっては元も子もありませんから
あまりにも辛いのであれば、思いきって転職した方が良いでしょう。

肉体的に辛いと感じた時の対処法を紹介します

①バランスのとれた食事をとる

人間の体は食べたものからできています。
毎日クタクタで食事を作る気になれないからと言って、
コンビニ弁当やインスタント食品ばかり食べていては栄養不足に陥ってしまいます。

栄養が足りていないと体が作られないため、体力もなかなかついていきません。
とくに肝機能が低下していると、分解されるはずの毒素が体に残り、疲れやすい体になるようです。

ですから、まずは自分の食生活を見直して体力づくりをしてみましょう。

②マッサージやストレッチをして体をほぐす

疲れが取れないと次の日の仕事がさらに辛くなりますよね。

そんな時は、自宅で軽くストレッチをしてみたり、
仕事の帰りにマッサージ店などに寄って毎日酷使している体をたまには労ってあげましょう。

筋肉が凝り固まると血流やリンパの流れが悪くなります。
マッサージをすることによって、リンパの流れを良くして、筋肉の中に溜まっていた老廃物や疲労物質を
外に排出し血流の流れが良くなることにより、筋肉の柔軟性が回復するといいます。

体をほぐしてあげることにより、リラックス状態になり自律神経のバランスも整えることができるそうです。
自律神経のバランスが整うと睡眠の質が向上し、疲れが取れ細胞の修復がきちんと行われるようになります。

③体の痛みが慢性化しそうなら転職する

これ以上続けることにより、今後に影響を与えるようなことが予測されるのであれば、
早めに決断するのも重要なことです。

症状が悪化し、慢性化すれば生活や次の仕事にも支障をきたしかねません。
それに痛いのを我慢し続けていると、それがストレスとなり、ますます辛くなってしまいます。

自分のことは自分にしかわかりませんから、
肉体的に限界を感じたのであれば躊躇せず転職を決めましょう。

体は一つしかありません、大事にしてください。

1−6 待遇や体制に不満

待遇や体制に不満があったと答えた退職者達に話を聞いてみると
「給料が安い」「残業代が出ない」「休みが少ない」
「希望していた仕事をやらせてもらえない」「女性が働きにくい環境だった」
などという声が多く聞かれました。

期待いっぱいに始まった社会人生活でしたが、
実際に働いてみたら聞いていない話のオンパレードで、
その不満が日に日に積み重なった結果、退職を選択する人が多いようです。

入ったばかりの時は、下積みや雑用ばかりさせられて
思うように仕事をやらせてもらえないこともあります。

でもそれは、必要があってそういう経験をさせていることもあるでしょう。
会社には会社の方針がありますから、
不満があっても最初のうちは我慢することも必要となります。

しかし、生活をしていくのが困難なほど給料が安かったり、
あまりにも理不尽な扱いを受け、労働環境の悪さに限界を感じるようであれば
早めに見切りをつけ、退職を選択しましょう。

給料とは自分が働いた対価ですから、あまりに低ければガッカリしてしまいますよね。
モヤモヤした気持ちのまま仕事を続けるよりも、
条件の良いところに転職した方がよっぽどやりがいを感じると思います。

待遇や体制に不満を感じた時の対処法を紹介します

①会社と交渉してみる

仕事もまともにできないうちから意見を言うのは、ただのワガママになってしまう可能性もあるので、
少し会社に慣れてきた頃に一度上司に掛け合ってみましょう。

もちろん、話す時はあくまで冷静に話をします。

一方的に意見を述べるのではなく、
不満に思っていることを改善することにより、どういうことが具体的に変わり、
会社側にとってもこんなメリットが発生します、というような提案の仕方をすると良いでしょう。

「どうせ受け入れてもらえないだろう」と言ってもみないうちから決めつけてしまっては何も始まりません。

どうしても納得できないと思った時には、行動に出ることも考えてみてください。

②やりがいと生活を天秤にかけてみる

労働に見合わないような待遇や体制だった場合、
仕事に対しての意識も日に日に下がっていってしまうと思います。

そんな時はまず、自分が仕事に対して何を優先しているのかを考えてみましょう。
やりがいなのか、給料なのか、それとも休暇なのか・・・

優先順位を理解することにより、次の仕事を探す時の条件にもなりますから会社に対し疑問を感じたのであれば
一度自分自身を見つめ直してみると良いと思います。

ただし、今の仕事を続けることによりスキルや専門性が高められ、
今後の人生にとって有利である場合は、もう少し頑張ってみた方が良いでしょう。
早まって後悔するようなことだけは避けていただきたいです。

1−7 拘束時間が長い

拘束時間が長いことが原因だったと答えた退職者達に話を聞いてみると
「残業が多い」「休憩時間が短い」「始業開始の30分前に出社させられる」
などという声が多く聞かれました。

連日の残業続きで疲労が蓄積され、
帰る時間も遅いため自分の時間もまともに作れないような状態になり、
このままでは体が持たないという危機を感じ退職に至る人が多いようです。

ブラック企業という言葉が定着し、以前よりは改善された会社も少しは出てきたものの、
実際はまだまだ異常なほど働かせている会社があるのも事実です。

会社のために、お客様のためにと思って一生懸命働くことは素晴らしいことですが、
体を壊すほど自分を犠牲にしてはいけません。
状況が一向に改善されないようであれば、早めに退職を考えましょう。

拘束時間が長いことに不満を感じた時の対処法を紹介します

①仕事の効率を上げてみる

残業をしなくてもいいように仕事の効率を上げてみましょう。
実は気付いていないだけで、時間を有効に使えていないかもしれません。

自分の1日の作業を、かかった時間とともに書き出して
無駄な時間や改善できるところはないか見つめ直してみましょう。

作業効率が上がれば、会社での評価アップにもつながり一石二鳥です。

②上司に相談してみる

拘束時間が長いということは、その分給料にも反映されるということです。
お金を取るかプライベートを取るかは人それぞれですが、
あまりにも納得がいかないのであれば一度上司に相談してみましょう。

暗黙の了解になっていてるだけで、案外不満に感じている人も多いかもしれません。
みんな我慢してやっているのだから、
自分も文句言わずにやらなければと思って、無理をして体を壊すようなことになってしまっては大変です。

本当に辛い時は、正直に言いましょう。

1−8 会社の将来が不安

会社の将来が不安だったと答えた退職者達に話を聞いてみると
「キャリア成長が望めない」「会社の経営方針が変わった」
「経営状態が悪化した」「仕事が全然ない」
などという声が多く聞かれました。

せっかく期待して入った会社だったのに予想とは違う現実に直面し、
先行きに不安を感じるようになり、退職に踏み切る人が多いようです。

急に業績が悪化したりしてしまえば、
常にそのことに怯え仕事どころではなくなってしまいますよね。

業績の悪化が明らかな状態なのであれば、賃金の未払いが発生する恐れもありますから、
早急に転職先を見つけた方が良いでしょう。

会社の将来が不安だと感じた時の対処法を紹介します

①今の会社で吸収できることは全て吸収しておく

学校で学んだことを生かし、さらにそこから専門性を高めようと思って今の会社に入ったものの、
ここでは望んでいたようなキャリア成長ができないと感じてしまったり、経営状態が思わしくない状態だと
知ってしまったら誰だってモチベーションが下がってしまいますよね。

しかし、どんな会社でも何かしら学ぶことはあるはずですから、とにかく今の仕事に集中しできる限りノウハウや
コツを習得して、次に転職するときのために自分自身の価値を高めることに集中しましょう。

能力が高くなれば、転職をする時にも有利になります。

②副業を始めたり、資格を取る

どんな仕事をするにしてもそうですが、様々なリスクはつきものです。
100%の安泰はどんな業種にだってないでしょう。

常にリスクがあることを想定しつつ、
副業を始めたり資格を取ることにより、リスクを軽減させることも一つの方法です。

資格を取ることによって仕事上メリットになることも多いので、
これを機に何か探してみるのも良いと思います。

③次の転職先を見つけておく

不安な気持ちで生活をしていれば、誰だって落ち込んでしまいますよね。

そんな時は、気分転換も兼ねて次の仕事を探してみましょう。
今の会社がダメになったときに探していては遅いかもしれませんので、
早めに保険をかけておくことも考えておきます。

まずは、エージェントに登録するだけでも始めてみると気持ちが軽くなるはずです。

1−9 会社の方針についていけない

会社の方針についていけないと答えた退職者達に話を聞いてみると
「経営者がワンマンだった」「上司が尊敬できない」「売上第一主義だった」
「その日の機嫌次第で振り回される」
などという声が多く聞かれました。

価値観のズレなどから仕事を続けていく意欲を失ってしまい、
媚を売ってまで今の会社にしがみついていたくはないという気持ちになり
退職を選択する人が多いようです。

いくら頑張っても評価されないことが目に見えるようであれば、
この会社とは縁がなかったと思い、転職を選択しましょう。

不満を抱き続けて仕事をするよりも、自分の仕事や会社に対して
愛や誇りを持てるような職場へ転職した方が、あなたの実力を最大限に生かせるはずです。 

会社の方針についていけないと感じた時の対処法を紹介します

①自分を押し殺してまで働くぐらいなら転職する

会社の方針を変えようとしても、こればかりは自分の力ではどうしようもできないことなので、
ここにいても自分にプラスにならないと感じたのであれば早めに決断することをオススメします。

自分の仕事や職場を好きになれなければ、仕事に対する意識も下がってしまいますからね。

お金さえもらえればいいやというような気持ちで取り組むよりも、仕事が楽しいと感じられるような職場で
スキルを磨き経験を積んだ方がずっとあなたにとって良いでしょう。

1−10 転職

転職がきっかけだったと答えた退職者達に聞いてみると
「他にやりたい仕事が見つかった」「今の会社に不満があって」「今の職場より条件が良かったので」
などという声が多く聞かれました。

就職活動に苦戦したあげく惰性で入社してしまい、
もともとあまりやりたい仕事ではなかったために
どんどんとモチベーションが下がり、退職を決意する方が多いようです。

もちろん、どんな会社も入ってみなくてはわからないものですが、
自分の進むべき道が見つかったのであれば、なるべく早く退職した方が良いでしょう。

早期退職することに対して情けないとか、申し訳ないという気持ちになるよりも
今の会社で、ある程度社会人としてのモラルやマナーを学ぶことができたということに
感謝し、前向きに退職する方があなたにとっても会社にとっても良いと思います。

転職を考えた時の対処法を紹介します

①本当に後悔しないか今一度、考えてみる

「後悔先に立たず」ですから転職を考えたのであれば、
今の会社に対して何が不満なのかを紙に書き出してみましょう。

そして、その不満が転職することにより本当に解決するのかどうか考えてみてください。
もし仮に人間関係だけが原因になっているのであれば、たとえ転職したとしても好転するとは限りません。

自分の本当にやりたいことは何か、望んでいる将来像をしっかりイメージし、
転職した方が自分にとって確実にプラスになるのであれば転職を決意しましょう。

②次の仕事は自分の適性に合ったものを選ぶ

よく考えずに勢いで転職した場合、同じような悩みで退職してしまう可能性があります。
どんな働き方が理想なのか、
仕事に求める価値や優先順位などをじっくり考え、総合的に判断し転職先を選びましょう。

「聞いていた話と違う」とならないためにも労働条件をきちんと確認し、
なるべく退職者が少ない企業を選ぶなどして、未然に防げる対策を取ることも大事な要素です。

失敗しないためにも、いろんな角度から次の転職先をリサーチしてみてください。

2:入社3年未満の人でも円満かつスムーズに退職するために使える理由3つ

退職を決意したものの、
入社したばかりの方にとって退職を切り出すのはとても勇気がいることですよね。

引き止めにあったら・・・怒られそう・・・受け入れてもらえないかも・・・
そんな不安で頭がいっぱいになってしまうと思います。

しかし、ここをクリアしなければ道は開けないのですから意を決して臨みましょう。

弱腰になり、安易に引き止めに応じてしまった場合、
会社に居づらくなったり再度退職を申し出る際にさらに言いにくくなってしまい、
ますます退職が困難になってしまう恐れがあります。

そこでここでは、引き止めに合わないように
会社を納得させ、円満に退職するために使える理由を紹介していきます。

退職を伝える時のルール 

  • 会社に迷惑がかかるので、繁忙期は避ける
  • 会社側にも準備が必要なので、退職の1ヶ月~3ヶ月前には伝える
  • 自分を管理しているのは上司なので、まずは直属の上司に話をする
  • 円満退職するためにも、嘘だとバレるような理由は使わない
  • 引き止められないためにも、とにかく強い意志を持ち、根拠を示すこと

2−1 やりたい仕事が見つかりました

説得されないためのポイント
具体的な会社名や入社日などを伝えることにより、相手に余地を与えないようにします。

「今の職場に不満はないのですが
 以前から〇〇に興味がありまして、違う分野に挑戦したいという気持ちが強くなりました。

 黙っていて申し訳ありませんが、自分のやりたいことが定まり
 転職活動を始めたところ先日、〇〇社から内定をいただくことができました。
 
 新たな環境で自分の可能性を広げていきたいので転職させていただきます。」

2−2 スキルアップすることを決意しました

説得されないためのポイント
今の職場では実現できないというところを強調しましょう。

「ここでの経験を生かし、さらに自分のスキルを高めるため、
 その分野に特化した企業でもっと深く学びたいという気持ちになりました。

 今まで指導してきてくださったことには本当に感謝しております。
 
 自分の中で十分に考えた結果、より専門性を高めるためには今しかないと思い
 ここではそれを実現することが難しいので退職を決意いたしました。」

2−3 資格取得のために勉強に専念します

説得されないためのポイント
どんな資格を取って、それを今後どのように役立てていくつもりなのかを明確に述べます。

「今後の人生を考えた時に
 〇〇の道に進みたいと考え、そのためには資格が必要だということに気づきました。
 資格を取って〇〇を目指し、1人でも多くの人の役に立ちたいという新たな目標が見つかったのです。

 実は1ヶ月ほど前から勉強を始めているのですが、私は両立をするのが苦手なため
 思うように進まず、仕事をしながら勉強をするのは無理だと判断したのです。

 少しでも早く資格を取りたいので退職をして勉強に専念させていただきます。」

円満退職をするために日頃から以下のことを心がけておくといいでしょう

  • 何事にも常に一生懸命取り組むこと
  • 職場の人たちとコミュニケーションをとる
  • 誰もやりたがらないような仕事も率先してやる


気持ちよく送り出してもらえるような関係性を築いておくことが、円満退職への近道となるのです。

3:第二新卒の方必見!面接時に退職理由を聞かれた際に最も効果的な理由5選

学生時代の就職活動に苦労した方にとっては転職に対しても
苦手意識を持ってしまうかもしれませんが、まずは面接に行ってみなければ何も始まりません。

たしかに早期退職した場合、印象は決して良いとは言えませんし
「またすぐに辞めてしまうのではないか」と思われているのは事実です。

ですから、そこを払拭させるためにも前職での経験からどういったことを学び、
どのようなスキルを身につけることができ、転職先で働くことによって、
どんな姿を目指しているのかを明確に伝えることがとても重要になってくるのです。

そこでここでは、前職の退職理由をいかに前向きに伝え、
好印象を与えるにはどのように自分をアピールすれば良いのかを紹介していきます。

3−1 仕事が面白くなかった→幅広い知識を身に付けたいので

仕事が面白くなかったと言っただけでは、ただのワガママにしか聞こえませんし、
仕事に対する意識や責任感が低いと思われてしまうかもしれませんので、
仕事に対する意欲の高さや勉強熱心であることを示すような前向きな理由に変えましょう。

前職での仕事内容に不満はなかったのですが、働くうちに少し物足りなさを感じるようになりました。

業務の中で〇〇に興味を持つようになり、さらに技術を高めるためにはもっと幅広い知識が必要だということに気がつきました。


しかしながら、前職ではその実現が難しかったので転職を決意いたしました。

今後は自分の可能性を広げるためにも、どんどん新しいことを吸収して知識やスキルを高め、会社に貢献できるような人材になりたいと思います。

3−2 人間関係が原因で→他の企業で自分の力を試したい

人間関係が原因でと言っただけでは、協調性に欠けていたり、
もしかしたらトラブルメーカーかもしれないという印象を与えてしまう可能性がありますので、
実力とチャレンジ精神の高さをアピールし、意欲的な姿勢を示すような前向きな理由に変えましょう。

前の職場では本当にたくさんのことを学ばせていただきとてもいい環境ではありましたが、仕事をするうちに〇〇に自信がついてきたので他の企業で自分の力を試してみたいという気持ちになりました。

一つの会社で長く勤めることも、とても素晴らしいことですが若いうちに様々な経験をして、いろんな人と触れ合うことにより人としても、もっと成長したいと思い退職を決めました。


今後はさらに仕事の枠を広げ、新たな自分を発見し、多くの方々のお役に立てるようになりたいです。

3−3 体制に不満→能力や実績をきちんと評価してもらいたい

体制に不満があったのでと言っただけでは、適応力の低さから、
また不平不満を言いだすかもしれないと思われてしまうかもしれないので、
仕事に取り組む意識の高さや熱意を示すような前向きな理由に変えましょう。

前職では〇〇の仕事に取り組み、実績も挙げておりました。

チームワークも良く、とても温かい職場ではあったのですが自身が挙げた成果を思うように評価していただけませんでした。

自分なりに精一杯努力はしてきましたが、やはり能力や実績をきちんと評価してくれるような会社に入りたいという気持ちが強くなり退職を決意いたしました。

今後は、ますます仕事に打ち込み、腕に磨きをかけ、より高い成果や実績を挙げれるようになりたいと思います。

3−4 ノルマがきつすぎて→もっと丁寧な仕事をしたい

ノルマがきつすぎてと言っただけでは、要領が悪いと判断されたり、
自分で工夫をするなどの自発性に乏しい傾向があると、厳しい目で見られてしまうかもしれませんので、
向上心の高さと自分の目指す方向性を具体的に示すような前向きな理由に変えましょう。

前の職場では〇〇の仕事をしておりました。

やりがいのある仕事ではあったのですが、常に高いレベルを求められ数字を気にすることにより
お客様に対しての接し方が浅くなってしまい日に日に違和感を抱くようになりました。

自分の目指している方向性を考えたときに、もっと丁寧な仕事をしたいという気持ちに気づくことが
できたため、退職を決断いたしました。

今後は前職で培った経験を生かし、お客様と真剣に向き合うことにより、質の高いサービスを
提供していけるようになりたいと思います。

3−5 会社の方針と合わなくて→新しい分野への挑戦を決めたので

会社の方針と合わなかったと言っただけでは、やる気や根気が足りないと見なされ、
柔軟性に問題があると思われてしまう可能性があるので、
仕事に対する情熱の高さと将来的に何を目指しているのかを明確に示すような前向きな理由に変えましょう。

前の職場は魅力的な仕事ではあったのですが保守的な組織で、若い人たちの意見を
なかなか取り入れてもらえませんでした。

もちろん、どの会社にもそれぞれ方針があるのは理解しておりますが、自分としてはもう少し自由に発言できるような環境で、お互い切磋琢磨し合えるような仲間と一緒に働きたいと考えるようになり退職に至りました。

実は以前から〇〇に興味があり、専門性を高めたいと思っておりましたので、これを機に新しい分野への
挑戦を決意し、御社に応募をさせていただきました。

今後は新たな環境でしっかりと経験を積み、思う存分力を発揮し、今まで以上に質の良い仕事ができるよう
励んでいく所存であります。

4:まとめ

それでは最後にこの記事で述べてきたポイントを改めておさらいしておきましょう。

1章でのポイントは
退職を決意する前に一度立ち返ってみる
一時的な感情や勢いで退職をしてしまうと同じ原因で辞めることになったり後悔する可能性がありますから
退職を考えたときには、まず自分自身を見つめ直し、
本当に現状を改善できないのかをきちんと見定めることがとても重要となります。


2章でのポイントは
退職を伝える際はルールを守り、断固たる姿勢で臨む
会社にも準備期間が必要ですし、残る人達に配慮するためにも退職までの十分な期間を設けましょう。
そして、退職の意思を伝える際は、
引き止められないような明確な理由を使い、甘い言葉に惑わされないようにします。


3章でのポイントは
前職の退職理由を前向きに伝え、好印象を持ってもらう
「またすぐに辞めてしまうかも」というマイナスのイメージをプラスに変えることが肝心です。
前職での経験を生かし、
どういった活躍ができるのかを
具体的に伝えることにより意欲の高さをアピールしましょう。


何事も全ては経験です、やってみなくてはその仕事が自分に合うかは分かりません。
退職を失敗だと思わないでください、経験をして学ばなければ成長は出来ないのです。
大切なのは、諦めないことです。

ページ上部へ