電話代行屋ブログ

内定辞退代行を使ってもいい?ノーストレスで怒られずに辞める方法

 

近年、退職代行というサービスの需要が増えてきていますが、徐々に内定辞退代行というサービスの需要も年々増え続けています。

 

複数の会社に内定を受け、嬉しい反面、気がかりなことは、内定辞退の連絡をすること。

 

内定をもらうまでの間に良くしてもらったり、良い人間関係を築いていた場合、余計言い出しづらくなってしまいますよね。

 

さらには、内定辞退の意思を伝えると、会社によって拒否されるケースもあるようです。

そうならないために、どうしていけば良いのでしょうか?

 

今回は、ノーストレスでサラッと辞められる方法をご紹介します。

 

内定承諾後の内定辞退は可能?

 

そもそも、内定承諾後に内定辞退することって良いのでしょうか?

気になるところですよね。

 

答えは「YES!」内定辞退をすることが可能です。

 

法律では、以下のような決まりがあります。

 

企業側は、内定後内定を取り消すことができないのに対し、内定者は、内定承諾書提出後は、労働契約を締結したという扱いになりますが、労働契約の解約は、民法においていつでも申し入れができることになっています。

 

そのような法律によって、会社に対し、解約の意思を伝えてから、2週間後に解約解消することが認められているのです。

 

民法627条1項より

「当事者が雇用の期間を定めなかった場合は、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において雇用は解約の申入れ日から2週間を経過することによって終了する」

 

しかし、あまりにも常識から外れた辞退の仕方は、避けたいところです。

 

内定辞退の方法とは?

 

世の中は広いようで狭いので、内定辞退する会社が、本採用してもらえた会社の取引先だったりする可能性があります。

 

どんなところで誰と再会してもいいように、内定辞退をする際には、誠意を持って対応したいところです。

 

では、内定辞退の方法とは、どんなものがあるのでしょう?大きく3つの方法があります。

 

  • メールで伝える
  • 電話で伝える
  • 手紙で伝える

 

1、電話で伝える

 

上司などの会社の人間に、電話で直接会話を交わす必要がありますが、内定者には非常に大きなコストを割いていることが多いため、なるべく早急に電話で伝えましょう。

 

2、メールで伝える

 

電話が繋がらない場合、メールで伝えるということもできますが、他のメールに埋もれて開封されない可能性があることを覚えておきたいところです。

 

3、手紙で伝える

 

以下の場合、電話にプラスしてお詫びの手紙を添えた方が良いケースになります。

とはいえ、必須ではありません。

 

お詫びの手紙を送った方が良いケースをぜひチェックしておきましょう。

 

  • 内定承諾後の内定辞退
  • 知人の紹介の場合
  • 老舗企業
  • マナーに厳しい職種

 

誠実な手紙の書き方

 

 

手紙の書き方は、縦書き・手書きで丁寧に書くのが基本。

以下のことに気をつけて書きましょう。

 

手紙の書き方①お礼を伝える

手紙の書き方②内定辞退と理由を伝える

 

内定辞退の例文

 

それでは実際に、どのような文章を書けば良いのか?例文を見てみましょう。

 

〇〇株式会社 御中人事部 〇〇〇〇様

拝啓

 

貴社、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。〇〇大学〇〇学部〇〇学科の〇〇と申します。先般、採用内定を頂き、誠にありがとうございました。勝手ではございますが、自身の進路について慎重に検討した結果、内定を辞退させて頂きたく存じます。

就職活動に際し、貴社以外の一社より内定を頂き、自身の今後の志望について最後まで悩みましたところ、貴社を辞退させて頂くかたちに至った次第でございます。せっかく頂いた内定を辞退させていただくのは、とても心苦しい限りではございますが、何卒お許しください。

就職活動を通して、〇〇様をはじめ、多くの方々に大変お世話になりましたことを心より感謝しております。末筆ながら、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

 

敬具

 

(署名)

 

白無地のシンプルな便箋と二重封筒を選ぶ

 

選ぶ便箋と封筒はどんなものが良いのか?というと、内定辞退という大切な手紙を書くときは、ビジネスシーンでも一般的な白無地の便箋を選ぶようにしましょう。

 

封筒に関しては、大切な手紙が入っている手紙を送付するときは、中身が透けて見えないよう、二重封筒を。

 

また、便箋は3つ折り、または4つ折りにしたものを入れましょう。

 

内定辞退を自分で告げたらトラブルになりやすい?

 

先ほどお伝えしたとおり、内定辞退を自分の口で直接告げることで、トラブルに繋がることがあります。

 

どんなトラブルが発生しやすいか?見てみましょう。

 

  • こっぴどく怒られる
  • 説得させられ、結局就職せざるを得ない状況になってしまう
  • 訴訟など法的トラブルに発展する可能性がある
  • スルーされてしまい、辞退できたのかがわからなくなる
  • 親や学校に連絡がいき、気まずくなってしまう

 

こっぴどく怒られる

 

一番避けたい嫌なシーンが、怒られることですよね。

怒られるのも十分嫌ですが、場合によっては嫌がらせを受けることもあるようです。

 

嫌がらせの一部として、社長課長など各所へと、次々と謝罪させられたり、コーヒーをぶっかけられたりなんてこともあるとか・・。

 

説得させられ、結局就職せざるを得ない状況になってしまう

 

なかなか認めてもらえず、年齢も立場も弱い場合、結局はこちらが折れることなる可能性大!

 

その場の重い雰囲気によって内定辞退の意向を言えなくなったり、会社によっては、わざと断れない状況を作っている可能性もあります。

 

社会人経験のない新卒者こそ、気をつけたいところです。

 

訴訟など法的トラブルに発展する可能性がある

 

内定辞退をすることは、法律的に違法ではありませんが、あまりにも会社にとってリスクが高い辞退の仕方をした場合、損害賠償を請求されることがあるかもしれません。

 

スルーされてしまい、辞退できたのかがわからなくなる

 

メールで送った場合、〝内定辞退のメールを送ったけど、返信がない・・〟というようなトラブルが起きる可能性があります。

 

そもそもメールを見てもらってるのか?スルーされているのか?もう一度送った方が良いのか?など、長い期間、無駄なストレスを抱えることになってしまいます。

 

親や学校に連絡がいくことで、気まずい思いをすることも

 

内定辞退をしたことによって、親や学校に連絡がいく可能性があります。

「こんな学校、もう採用しません!」など、後輩たちに迷惑をかけてしまうケースも多くあるので、慎重に誠実に対処したいところです。

 

内定辞退代行サービスとは?

ノーストレスで内定辞退をしたいのであれば、内定辞退代行サービスのプロのお任せを。

 

そもそも内定辞退代行サービスとは、どんなサービスなのか?をまとめました。

 

内定を取りやめたいと伝えたら、強く引きとめられ拒否されてしまった・・

お世話になっている会社なので、言い出すタイミングを逃している・・

罵声を浴びせられた・・

会社から呼び出しを受けている・・

 

など、会社によっては、社会経験のない新卒者や年齢が若いということをいいことに、

内定辞退を受け入れてもらえない場合に、内定辞退代行サービス業者という第三者があなたの代わりに内定辞退の意向を伝えてくれるサービスです。

 

自分で電話をしたり、会社の上司などに顔を合わす必要がないので、ノーストレスで内定辞退を可能にしてくれます。

成功率ほぼ100%のプロ集団なので、安心です。

無料相談で話を聞くだけでも、気持ちが整理されてスッキリするかもしれません。

 

また、業者の電話を依頼することで、本人が連絡をするよりも丸く収まりやすい傾向にあるのでおすすめです。

 

まとめ

 

今回は、内定辞退の方法をお伝えしました。

内定辞退を強く拒まれて、会社と揉め事になってしまうのは避けたいところです。

 

社会人生活を良いスタートを切るために、モヤモヤすることや自分では対応が難しいと感じた際には潔く、代行サービスに頼るという方法があることを覚えておいてくださいね。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

代わりに電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。