電話代行屋ブログ

【バレない浮気密告】きれいに別れさせるやり方を大公開!

密告電話代行

「浮気・不倫に気づいてしまったけど、どうすればいいの?」「別れさせる手段はあるんだろうか?」と、相手の浮気や不倫行為にお悩みではありませんか?

この記事では、知ってしまったときにとるべき行動や、密告という手段など、気になる部分を紹介します。詳細のみ知りたい場合は、下記目次からリンクをご確認ください。

目次

浮気や不倫に気づいてしまったら

もし、あなたの恋人や家族が浮気や不倫をしているとしたら、誰だって今すぐ「別れさせたい」と思うでしょう。人によっては「むかつく」「許せない」「復讐したい」といった怒りの感情に任せてパートナーや浮気相手を攻撃してしまうこともあるでしょう。

一方でで悲しい」「戻ってきて欲しい」「自分を一番に思っているなら許せる」といった感情になる方もいるでしょう。どちらの場合であってもパートナーと浮気相手や不倫相手の関係を終わりにさせたいという気持ちは変わらないと思います。

この記事では、そんな時にうまく別れさせる方法を紹介していきます。

あなたのとるべき行動は?

普段の何気ない生活の中でもパートナー、友人、同僚など誰かの浮気に気づくことがあります。
そんなとき、あなたはどんな行動をとるべきでしょうか?

  1. まずは動揺する気持ちを抑えて、落ち着いて行動する。
  2. 浮気しているのか確信できるまでは普段の行動を心がける。
  3. 自分ひとりで解決しようとしない。
  4. 密告電話代行業者に依頼する。

 

1.まずは動揺する気持ちを抑えて、落ち着いて行動する
ここですぐに感情的になったり、相手を攻撃したりすると、その後の関係が修復できなくなったり自分が不利な状態に陥ることがあります。これは後ほど解説します。

2.浮気しているのか確信できるまでは普段の行動を心がける
あなたが浮気に気づいたことが相手にバレてしまったら、白黒はっきりさせることが難しくなってしまいます。当然、相手はあなたにバレないように注意深く行動するようになりますし、メールやLINEなどの連絡の履歴をすぐに消してしまうでしょう。気付くことによって、相手が改心して浮気相手との関係を断ち切ってくれれば良いですが、そうならないことも多いのです。

つまり、あの手この手であなたにバレないように隠し通すようになってしまうと、一生この状況から抜け出せません。最悪の場合は浮気相手があなたより優先されてしまい、あなたとの関係を断ち切ってしまうこともあります。

3.自分ひとりで解決しようとしない
もし、パートナーとの関係が壊れてもいい。ただ、この怒りをぶつけたいということであれば、突っ走っても良いかもしれません。しかし、多くの場合は不倫相手を懲らしめたい、パートナーの気持ちを取り戻したい、相手に損害賠償を請求したいというようなゴールがあります。

どのゴールの場合でも、パートナーと浮気相手の関係は許せないはずです。その関係を消滅させるためには「密告」という方法があります。密告するにも色々なやり方がありますし、やり方次第では簡単に相手を引き離すこともできるのです。

4.密告電話代行業者に依頼する
弊社では電話代行業を展開していますが、その中には密告電話代行サービスというものがあります。
依頼者に変わって密告するサービスです。こちらのサービスを利用していただくことで、依頼者の精神的な負担がなく簡単に浮気や不倫の密告をすることができます。つまり、あなたは待っているだけでパートナーから浮気相手が離れていくのです。

どうやって別れさせるのか?

破いた紙

密告電話代行サービスはどうやって相手を引き離すのかが気になりますよね。密告のプロですから浮気密告は過去に沢山の成功事例があります。

まずは浮気をしてることがバレていると相手に伝えることです。このときはあなたに成り代わってお電話することもできますし、第三者として連絡をすることも可能です。相手と関わりを持ちたくない、パートナーに報告されたくないなどの理由から第三者として密告することも多くあります。ただの遊び相手欲しさに浮気をしている場合は、これで終わることもあります。

しかし、お互いの想いが強い場合はそうもいきません。何かしらの方法で気持ちを変える必要があります。

  • 浮気相手がパートナーのことを嫌いになる
  • パートナーが浮気相手のことを嫌いになる
  • 浮気相手とパートナーの関係が社会的に許されない状況になる

 

お互いのことを嫌いにさせる密告方法としては、相手の悪い部分を伝え、気持ちが冷めるように仕向ける方法です。

例えば他の異性と一緒にいるところを押さえて密告する。もっと手の込んだやり方の場合は、他の不倫相手が複数いるように偽装する。絶対に別れさせたい依頼主の場合は、探偵事務所を使って別の異性を相手に近づけて気持ちを離れさせようとする方もいらっしゃいます。非常に巧妙な手段ではありますが、成功すれば確実性が高いものとなります。

そして、社会的に許されない状況にするという方法も有効です。パートナーや不倫相手の立場にもよりますが、例えば会社で役職をもっていて従業員と不倫関係にある。そういった場合、密告する際に「二人の関係性は分かっている。別れてくれない場合は会社にも連絡する。」と伝えるとします。
不倫関係を続けることと、今までの会社で何もなかったように働けるということを天秤にかけた場合、多くの人が不倫を諦めるでしょう。

会社以外でも、家族や親族にバレるということも非常に困ることです。当然周囲からは悪いこととして「不倫なんてやめなさい。」と言われることでしょう。会社と同じように今後一生関わり合いのある人たちですから、不倫と天秤にかけるのは難しいでしょう。

密告の手段

電話代行では誰かになりすまして浮気相手に電話することも可能です。パートナー本人であったり、その家族や親族、第三者など様々です。そしてこれまで説明の通り、密告内容も様々です。さらに、密告するには電話以外のやり方もあります。これを使い分けることによって、さらに効果的にダメージを与えることができます。

密告方法

①電話

依頼者になりすまして密告することができます。事前に密告内容やを共有いただいた上で密告先にお電話します。第三者としてあなたが登場せずに架空の人物からの密告も可能です。その場で直接やりとりが発生するため、しっかりと内容を練った上で相手に伝えることが重要です。直接相手に質問したり、今後の不倫に対しての約束を取り付けることもできるというメリットもあります。直接会話による相手に与えるプレッシャーは大きいはずです。

②メール

浮気相手の携帯電話はもちろん会社の総合窓口や職場の上司など複数あるためより効果的な密告先を選びます。電話と違い声バレするようなことがない。また、即レスする必要がないですし、一方的に送り付けることができます。必ずしも相手が電話に出られないという場合や、電話で対応したくない場合でも使える手段となります。ただし、受信拒否やメールを読んだかどうか分からないというデメリットもあります。

③文書

メール同様、声バレや即レスの不安はなくなります。住所が分かる場合に密告内容を郵送することもできます。証拠写真などがあれば密告の効果は高くなると思います。

自分で密告する前に

密告電話代行

ここまで、浮気や不倫をやめさせるための密告について紹介しました。これまでに紹介したものはかなり簡略化した内容ではありますが、状況は人によって様々でより複雑なものです。密告が骨の折れる対応ということも容易に想像できるかと思います。何より密告に関して、自分自身が登場人物となって人から恨みをかうようなことはやりたくないのが普通でしょう。

さらに、自分ひとりの力でうまく別れさせることができるでしょうか?また、失敗したときはどうなってしまうのか?ということが一番の問題と考えられます。

そうならないためにも、浮気や不倫に遭遇した場合は浮気密告電話代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか?プロによる密告代行なので、あなたがリスクを負うことなく効果的に密告することができます。

彼と相手の女の仲を引き裂きたい

別れてしまった彼に彼女がいるんですがどうしても仲を引き裂きたいのです今はうまくはいってない状態だとは聞いているのですが、どうにかならないかなと思い相談です。

私と彼が恋愛関係になったときに、すでに彼には相手がいる状態でした。私が妊娠をしたのをきっかけに別れることになりました。それを機に向こうもうまくはいってなく別れてはない状態らしいのですが彼と相手の女の人の仲が戻らないようにできないかなと考えて電話代行に依頼しました。

 

不倫相手の男性に慰謝料請求の警告・忠告をしたい

依頼することになった経緯 

友人女性の離婚調停を手伝っている者です。この友人が不貞行為を繰り返しており、調停に不利になるため不倫相手の男性に警告・忠告をしたいと思っております。現在の状況は男性のプロフィールを調べたり、弁護士/探偵/別れさせ屋などに相談中です。実際に伝えてほしい内容は会社宛に探偵業として「ある既婚女性を調べていたところ、御社の社員の出張や仕事などに泊りがけで同行していたことが分かっています。不貞行為に抵触するか判断したく、その同行は業務上必要なものだったのか教えてほしい。」という旨で連絡/警告してほしい。調停中の旦那宛に不貞を密告したい。不倫男性の実家(実家暮らしのため)に「息子さんの交際相手が既婚者であることはご存知でしょうか?現状の証拠では不貞行為の証明として弱いため、今すぐ女性に別れを告げ今後連絡を取らないというのであれば調査は継続せず慰謝料の請求もしません」という旨を伝えてほしい。

 

実行する際のニコイチ担当者の人物設定

探偵。男性役を希望します。不倫を知っている。充分ではないが不貞行為の証拠もある。今完全に関わりを断つなら責任を追求しない。接触や情報漏洩があれば責任を追及するという内容が伝えられるのであれば、上記のシナリオでなくても構いません。

 

伝えてほしい内容

「私、探偵をしております〇〇と申します。ある既婚女性を調べていたところ、御社の出張や営業など、業務に泊まりがけで同行していた事が分かっています。不貞行為に抵触する行動であったか判断したく、その同行は業務上必要なものであったか教えていただけますか?

裁判に持ち込めば不貞行為を認めるに十分な状況ではありますが、不貞の瞬間の証拠がある訳ではないので裁判で争う事になる可能性があります。

慰謝料の請求や今後の接触禁止など、手続きが煩雑になるので、今すぐに別れ、SNSの繋がりも無くし、今後連絡しない、近付かないという事であればそれ以上追求しない意向です。

今後も引き続き対象の既婚女性への調査は継続する中で、次に接触したという事であれば裁判になる覚悟をお願いします。また、探偵から連絡があったので別れるなど、こちらの調査が対象女性に漏れた場合にも直ちに裁判になる可能性があると思って下さい。では、失礼致します。」

 

浮気相手になりすまして別れの偽装工作電話をしてほしい

長年一緒に暮らしてきた彼女がいます。2年前から、その事を隠して違う人と浮気をしていました。同棲している彼女にはバレていないのですが浮気相手の方が好きになってしまい、いずれは別れようと思っています。でも長年連れ添っただけあり、家族の事もあり今すぐ別れると言うわけには行きません。もちろん浮気相手は同棲彼女と別れないと納得してくれません。

 

別れた証拠が欲しいと言われています。なので別れた証拠とし電話で確認したいと言ってますので別れた彼女として偽装電話に協力よろしくお願いします。また、浮気相手に冷められてしまっているので、早く何とかしてもらいたいです。何点か質問されると思うのですが2点ほど答えたら、あとは怒りながら切る形で数分で終らせてもらえばと思っています

 

あなたが不倫や浮気に遭遇した場合は密告電話代行サービスの「ニコイチ」までご連絡ください。無料相談受付中ですのでお気軽にお問い合わせください。

https://www.g-j.jp/service/secret/

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

密告電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。