電話代行屋ブログ

【密告代行とは?】代行の種類や料金など疑問を徹底解説!

密告電話代行

密告代行ってどういうサービスなんだろう?」「具体的にどんなことをしてくれるんだろう?」とお悩みの方に、当記事では密告代行サービスとは何かをわかりやすく解説していきます。詳細のみ知りたい場合は、下記目次からチェックできます。

目次

密告代行ってどんなサービス?

青ハテナ

密告代行サービスとは依頼主に代わって密告や告発をしてくれる代行サービスです。

依頼者が何かしらの秘密を知ってしまい、正義感からこれを報告すべき状況であるときに代行業者を利用することができます。
また、何か悪いことから関係者を守る場合もありますが、密告することで誰かの立場が悪化することもあります。
依頼者自身では勇気が出なかったり、関係者とのつながりや自分の立場的に難しいこともあると思います。
そんなときは密告代行業者に相談してみてください!

どんな時に使うの?

aribai-04_3

重大な秘密を知ってしまった場合、どうしても自分から相手に伝えられない場合に利用することがよいでしょう。
どうしても密告しなければいけないとき、自分からは言えないというのはどういった状況でしょうか?

例えばこんな状況が考えられます。

  1. ビジネスの場でいつもお世話になっている上司が会社のお金を横領していた。
    対象者が上司であることから、下手に密告して失敗した場合、自分の立場の悪化(役職が降格など)や上司の態度が変わったりと働きにくくなることがあります。
  2. 自分の会社がインサイダー取引のような違法な方法で利益を上げている。
    この場合、相手が会社となると規模が大きく一人で立ち向かうこととなり、勇気と計画が必要になります。
    雇われている弱い立場からすると非常に困難であることが容易に想像できると思います。
  3. 仲の良い同僚が同僚が会社の顧客情報を流出させてしまったが報告を上げずにいる。
    会社に損害を与えかねないミスが起きているが、仲間意識や情があるため自分で切り出すのは申し訳ない、同僚なので守りたいという気持ちになります。第三者が密告してくれることで同僚との関係性は保ったまま、今の関係も築いたまま業務を続けることができそうです。
  4. 犯罪グループに加担してしまったが告発しないように脅されている。
    非常にやっかいな状況ですが、自分が既に当事者側になってしまっています。本来ならすぐに警察に通報するべきではありますがグループで監視されている場合は一人での行動が難しいと考えられます。協力者がいることで動きやすく味方も欺けるというわけです。

 

どのパターンでも、自ら密告した場合は当事者や関係者として、人間関係、仕事の支障、面倒なことに巻き込まれてしまいます。
しかし、密告代行業者を利用することでこういった悩みから解放されます。
また、密告したとしても必ず事態が収束するとは限りません。密告したことがバレて自分に災難が襲い掛かるということもあります。
そのようなリスクを避けるためにも代行サービスの利用は有効な手段といえます。

何を密告してくれるの?

電話代行

率直に言えば「依頼者が密告してもらいたいこと」ですが、どんなことでも密告できるわけではありません。
当然事実に基づいたことが原則となります。
また、誰かを陥れるために事実とは異なる情報を業者に伝えることもNGです。
業者が密告するからといって、依頼者が嘘をついてはいけませんし、別のトラブルに発展する可能性もあります。
そうならないためにも、事実を把握したうえで詳細な情報をお伝えください。

誰が密告してくれるの?

業者の担当者が依頼者に変わって密告します。
基本的には第3者として密告することが多いですが、ご希望に沿って本人になりすましも可能です。

誰に密告してくれるの?

依頼者が指定する上司、浮気相手、取引先などの密告したい相手に謝ります。

どんな方法で謝ってくれるの?

会社を休む時の適切な連絡方法

密告する内容にもよりますが、基本的には電話が多いです。
難易度で考えると、このような順番になります。

    メール>書面>電話>対面

密告代行サービスのメリットとデメリット

まとめ

依頼者には多くのメリットがあります。

代行することで、一人で抱えこむことなく相談できる体制が整います。
自身で密告した際の相手との関係性が悪化することを防ぐことができます。
つまり、あくまで自分は何も知らないという立場にありますので、対人関係も良好な状態を維持できます。
仕事やプライベートで密告する機会は少ないはずです。
正義感から密告したものの密告者であることがバレてしまうリスクはつきものです。
密告代行は経験豊かなプロによる密告であるためバレるということは基本的にありません。
もちろんそのための事前準備や計画しっかり立ててもらえます。

続いてデメリットですが、
一番のデメリットは料金がかかってしまうところです。
しかし、これまで一人で悶々としながら仕事や日常を見て見ぬふりをする、密告したことによるリスクを取ることと比較すれば、密告代行業者という強力な味方と一緒に事態を解決に導きけます。また、代行業者が自分の代わりになる安心感はお金には変えられないものと考えてもよいでしょう!

 

不倫相手の男性に慰謝料請求の警告・忠告をしたい

依頼することになった経緯 

友人女性の離婚調停を手伝っている者です。この友人が不貞行為を繰り返しており、調停に不利になるため不倫相手の男性に警告・忠告をしたいと思っております。現在の状況は男性のプロフィールを調べたり、弁護士/探偵/別れさせ屋などに相談中です。実際に伝えてほしい内容は会社宛に探偵業として「ある既婚女性を調べていたところ、御社の社員の出張や仕事などに泊りがけで同行していたことが分かっています。不貞行為に抵触するか判断したく、その同行は業務上必要なものだったのか教えてほしい。」という旨で連絡/警告してほしい。調停中の旦那宛に不貞を密告したい。不倫男性の実家(実家暮らしのため)に「息子さんの交際相手が既婚者であることはご存知でしょうか?現状の証拠では不貞行為の証明として弱いため、今すぐ女性に別れを告げ今後連絡を取らないというのであれば調査は継続せず慰謝料の請求もしません」という旨を伝えてほしい。

 

実行する際のニコイチ担当者の人物設定

探偵。男性役を希望します。不倫を知っている。充分ではないが不貞行為の証拠もある。今完全に関わりを断つなら責任を追求しない。接触や情報漏洩があれば責任を追及するという内容が伝えられるのであれば、上記のシナリオでなくても構いません。

 

伝えてほしい内容

「私、探偵をしております〇〇と申します。ある既婚女性を調べていたところ、御社の出張や営業など、業務に泊まりがけで同行していた事が分かっています。不貞行為に抵触する行動であったか判断したく、その同行は業務上必要なものであったか教えていただけますか?

裁判に持ち込めば不貞行為を認めるに十分な状況ではありますが、不貞の瞬間の証拠がある訳ではないので裁判で争う事になる可能性があります。

慰謝料の請求や今後の接触禁止など、手続きが煩雑になるので、今すぐに別れ、SNSの繋がりも無くし、今後連絡しない、近付かないという事であればそれ以上追求しない意向です。

今後も引き続き対象の既婚女性への調査は継続する中で、次に接触したという事であれば裁判になる覚悟をお願いします。また、探偵から連絡があったので別れるなど、こちらの調査が対象女性に漏れた場合にも直ちに裁判になる可能性があると思って下さい。では、失礼致します。」

 

浮気相手になりすまして別れの偽装工作電話をしてほしい

長年一緒に暮らしてきた彼女がいます。2年前から、その事を隠して違う人と浮気をしていました。同棲している彼女にはバレていないのですが浮気相手の方が好きになってしまい、いずれは別れようと思っています。でも長年連れ添っただけあり、家族の事もあり今すぐ別れると言うわけには行きません。もちろん浮気相手は同棲彼女と別れないと納得してくれません。

 

別れた証拠が欲しいと言われています。なので別れた証拠とし電話で確認したいと言ってますので別れた彼女として偽装電話に協力よろしくお願いします。また、浮気相手に冷められてしまっているので、早く何とかしてもらいたいです。何点か質問されると思うのですが2点ほど答えたら、あとは怒りながら切る形で数分で終らせてもらえばと思っています

 

サービスの流れ

流れ

まずは無料相談
密告が必要な事案が発生してしまった場合、まずはお気軽にご相談ください。
特に密告はスピード感や戦略が重要です。事態を早く解決するためにも、お一人で悩んで考えこまず、すぐに連絡してください。

料金のご案内
密告内容が確認できましたら、料金のご案内をさせていただきます。
対応内容によってはオプション料金となる場合もありますので、ご希望に合わせた対応をお伝えください。

ご入金・確認
ご入金完了の確認が取れましたら、事前のお手続きは完了です。

 

ニコイチの密告電話代行サービスの特徴

弊社ニコイチが行っている「密告電話代行サービス」の特徴をご紹介します。

1.代行実績は業界No.1
年間依頼者数は700件と現時点での業界実績は最多です。
日々多くの依頼者様がご利用されています。

2.密告に関する悩みほぼ100%解決
無事に解決できるのか?と不安を抱えている相談者様が多いです。
ほぼ100%解決してきたという過去の実績がニコイチの強みです。

3.最短即日実行
ご相談いただいて最短10分で解決した実績もございます。
内容の違いはございますが、迅速な対応を心掛けております。

4.なりすまして密告
依頼者になりすまして、最後までご本人様が登場することなく密告を遂行します。
依頼者様に余計な負担をかけず、密告のプレッシャーから解放されます。

5.アリバイ工作も可能
浮気がバレてしまったなど、浮気相手になりすまして密告をして丸く収めるといったアリバイ電話も得意です。

6.複雑なケースにも柔軟に対応
これまで他社では取り扱ってもらえなかった内容などでも諦める前に一度お問い合わせください。
ニコイチは密告代行のプロです。これまでの実績も活かしどんな密告でも挑戦させていただきます。

料金

お金

密告代行サービスのご利用料金は具体的な内容によってことなります。
ニコイチ密告代行では10,000円~50,000円の価格設定となっております。

料金に幅があるのは、密告に関する難易度や対応内容が異なってくるからです。
例えば、メール1通での密告などであれば、対応は少なくて済みます。
しかし、電話での密告などその場でのやりとりが発生する場合は念入りな打合せや、事前に起こりうる問題など想定した上での対応が発生するため、メールより高い料金となる場合が多いです。

メールでの密告であったとしても、何度も何度もやり取りが続く場合もございます。
そういった、密告内容や代理人として対応が必要になることが想定されるため、一律料金とはならず幅を持たせた料金設定となっております。

まずは、相談をいただき状況をしっかりと把握させていただいた上で料金をご案内させていただきます。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

無料お問い合わせ方法


お問い合わせ方法は電話、メール、LINEで受付中です。
それぞれ用途に応じて使い分けていただければ幸いです。

メール:電話をかける時間がない、残業等で帰宅が遅い方など
電話:お急ぎの方や文章で内容を伝えるのが難しい方
LINE:普段メールは使わない方、メールが苦手な方

下記のページからお問い合わせください。

https://www.g-j.jp/service/secret/

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

密告電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。