電話代行屋ブログ

【仕事が辛い】と感じる理由と試してほしい対処法

「仕事が辛くて会社に行きたくない」「会社を今すぐ辞めたい」そんな気持ちありませんか?

 

実は真面目な人ほど、人手不足だから自分が辞めると迷惑がかかるからなどの理由で仕事が辛くても「もうしばらく頑張ろう・・」と我慢して働き続けてしまいます。

 

しかし、自分の気持ちを押し殺してまで働いているといつかは体を壊してしまいます。

 

そこで今回は円満退職をサポートする退職代行会社で4000人以上の退職を成功させた私が仕事が辛いと感じる原因と対処法をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それではまいりましょう!

 

仕事が辛い!会社に行きたくない理由と対処法

「仕事が辛い」「会社に行きたくない」そんな日もありますよね。仕事が辛いと感じるのには必ず理由があります。この章ではその理由と対処法を紹介します。

 

仕事が辛いと感じる理由

:職場の人間関係

:就労時間が長い

:残業が多い

:休みが少ない

:通勤時間が長い

:結果が出ない

:仕事が合わない

 

【仕事が辛い】理由のランキング結果上位トップ3

 

下記は当社の退職代行サービスを利用したお客様100人にアンケートを取った結果、実に多くの方が「人間関係」が理由で仕事が辛いと回答されました。

 

1:人間関係 40%

2:仕事が合わない 35%

3:体力的にキツイ 25%

 

では、理由別に原因を見ていきましょう。

 

上司のパワハラやモラハラで精神的に辛い

上司が気分屋でイライラするとすぐに暴言やイヤミを言われる・・つい先日、上司からパワハラを受けている方からの相談がありましたので一部紹介したいと思います。

 

パワハラ被害者の声

20代 男性 正社員

せっかく思いきって転職して新天地での生活に夢と希望を膨らませていたのに・・・新しい職場の上司が最悪でわからないことを聞いてもまともに教えてくれないし挨拶しても無視される毎日。

 

初めての仕事だからわからないことだらけなのに周りの人たちも冷たくて僕が20代後半だからなのか「そんなことも知らねーの?」とバカにされてしまう始末。

 

聞くたびに怒られたり威圧的な態度をとられるためもう聞くのも嫌になってしまい・・・あんなに期待いっぱいでやる気に満ちていた気持ちもすっかり無くなってしまいました・・・。

 

上記のような職場だと、このまま続けていくのは絶望的ですね。結局この方は自分で退職の理由を伝えるのが出来なかったため、当社の退職代行サービスを利用されて退職されました。

 

あなたも一人で悩まずに思い切って相談してください。

 

仕事が合わなくて辛い時

「体力的にキツイ」「仕事が向いていない」などが原因で辛いと感じている時は部署を変えてもらうとか、仕事量を減らしてもらうとか上司の方に相談してみましょう。

 

数日働いて、「仕事が向いていない」と決めつけて会社を辞めてしまうと、今後もちょっとしたことで諦めてしまう、いわゆる逃げ癖がついてしまいます。

 

よく、石の上にも三年と言いますよね。それでは、長く働くことのメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

 

同じ会社で我慢して3年以上働くことのメリット

「石の上にも三年」が時代遅れの考えだとは言いましたが、逆に同じ会社で我慢して3年以上働くことにもメリットはあります。まず、単純に収入が上がりやすくなります。

 

年功序列賃金制がなくなったとは言っても労働組合があるので、会社から支払われる給料は少しずつ上がります。また、同じ会社で働き続ければ、働き方のノウハウが身について、自分自身に自信がつき、キャリアアップができるチャンスも上がることでしょう。

 

もちろん、会社を辞めなければ履歴上ののキャリアに傷を付けることもありません。特に1年以内など、あまりに早く会社を辞めてしまうと、継続性や忍耐力が疑われてしまい、転職の際に不利になる傾向は確かにあるのです。

 

このため、最低でも1年~3年は同じ会社で我慢して働けと言われることになるわけです。

 

同じ会社で我慢して3年以上働くことのデメリット

当然ながら我慢して働き続けることにもデメリットはあります。まず、前述したような給料やキャリアアップが必ずしも見込める訳ではない点です。

 

近年は実力主義の会社が増えており、結果を出せないままでいると、キャリアアップどころかリストラの対象になることもあります。また、結果が出せない状態でいると、上司に怒鳴られ、同僚や後輩に追い抜かれ、働き続けることが苦痛になってストレスが溜まります。

 

その結果、自分自身に対しての自信を失い、精神的にも肉体的にも消耗し続けるのです。さらに1社で長く働き過ぎると、業務のルーティン化を招きます。

 

職人の技術のようにスキルを高めることで、オンリーワンになれるような業務なら構いませんが、誰でもこなせるような業務を漫然と続けていると成長の機会を失います。

 

このような状態に慣れてしまうと、モチベーションも下がりますし、キャリアアップすることもできません。

 

終身雇用時代ならそれで良かったかもしれませんが、現代はいつリストラの危機が訪れるか分かりませんので、このようなケースに陥っている方は注意する必要があるでしょう。

 

同様に会社で重要な存在となっても、リストラの危機は突然やってきます。また、与えられた仕事が重要であるほど転職し辛くなり、我慢を続けているうちに機会を失います。

 

現在、楽しく仕事ができているなら問題ありませんが、そうでない方は自らの将来のために早めに転職しても構わないのです。

 

仕事が辛くて辞めたくても自分で言えない時は退職代行業者へ

会社は人生の3分の1を過ごす場所。たった一度の人生なのですから、将来を会社に任せず、自分自分で決めたいものです。そのために退職が必要となるのであれあば、勇気をもって決断する必要もあるでしょう。


ただ、退職するときは自分で会社側に退職の意思表示をしなければなりません。円満に退職させてくれる会社であれば問題ないのですが、中にはあからさまに拒否したり嫌がらせをされるケースもあります。


また、上司や同僚との関係が良すぎて、退職し辛いという方もいるでしょうし、退職の方法が分からずに困っているという方もいると思います。

 

このような方は、退職代行サービスを利用してみてください。これは名前の通り、本人に代わって退職電話や手続きを代行するサービスです。

 

最近はニュースにも大々的に取り上げられ、ご存知の方も多いと思います。私達はプロなので、どのようなケースでの退職にも対応できるノウハウを持っています。

 

一人で悩まないでください。私たちがついています。

ページ上部へ