電話代行屋ブログ

上司と不倫関係になる人の特徴とは?決定的な原因と対策もご紹介

上司との不倫

 

職場の上司との不倫なんてする人の気がしれない

 

そんなことを思う人もいるかもしれませんが、職場とは意外と恋に落ちやすい環境であります。

 

さらに、上司との不倫をしてしまう女性にはある共通した特徴があります。

 

今回の記事では、

 

上司と不倫関係になる人の特徴とその原因と対策」について、ご紹介します。

 

なぜ上司との不倫が始まるのか?

 

上司と部下の関係から、なぜ不倫が始まってしまうのでしょうか?

職場には、人間の性質上、不倫関係に陥りやすい環境が出来上がってしまっていたのです。

 

以下の環境です。

 

  • 会う回数が多い
  • 知らず知らずのうちにお互いのことを知り、理解しあえる
  • 親密な距離になりやすい

 

順番に解説します。

 

会う回数が多い

 

学生時代の頃、全然興味のなかった相手なのに、隣の席になった瞬間、いつの間にか好きになっていたなんてことはないでしょうか?

 

  • 毎日会う
  • 会話する

 

特に大きな何かが起きた訳でもないのに、単純に回数を重ねていくだけで、繰り返し目に触れると、興味がなかったものに対してもいつの間にか好意を持つようになっているようです。

 

これは、1968年アメリカの心理学者ロバート・ザイオンス氏によって、単純接触効果という研究結果が発表されており、営業やビジネスシーンなどで取り入れられている施策の1つです。

 

知らず知らずのうちにお互いのことを知り、理解しあえる

 

恋愛成就に必要と言われる3つの「ing」をご存知ですか?

 

  1. フィーリング(feeling)
  2. タイミング(timing)
  3. ハプニング(happening)

 

職場という環境は、この3つのingが自然と起きやすい環境になっているんです。

初めは意識していなくても、この3つが重なっていくことによって、徐々に惹かれあってしまう傾向があります。

 

親密な距離になりやすい

 

上司と部下である関係である以上、同じプロジェクト等を進めていく中で親密になる機会が増えます。

 

出張先や新幹線の中やクライアントとの打ち合わせ先に向かう車の道中、プライベートな話題を話したり、仕事面とは違う面を見て、思わずキュンとしてしまう瞬間も多く、距離が縮まる傾向も多いようです。

 

不倫が始まるきっかけ(心理編)

 

 

では一体、心理面で見た時にどこから不倫関係が始まってしまうのか?というと、以下の3つです。

 

  1. 仕事ができる上司の姿に惹かれる
  2. 共通の趣味などから意気投合
  3. プライベートな一面を見て、ギャップに惹かれる

 

きっかけ1、仕事ができる上司の姿に惹かれる

 

上司という立場は、人の上に立って先導する立場なので、それだけで〝すごい人〟というイメージを抱きやすいです。

 

仕事の経験も長く、何事も卒なくこなしたりなど仕事もよくできる上に、部下のサポートや予想だにしないトラブル等にも堂々と対処する姿を見て、思わず惹かれてしまうのです。

 

きっかけ2、共通の趣味などから意気投合

 

同じ時間を過ごす中で、プライベートな話や趣味などの話題に発展するタイミングがあります。

 

その際、趣味や好きなものが同じなどの共通点があると、意気投合し、話が盛り上がるでしょう。

そのようなタイミングから親密になる傾向があります。

 

きっかけ3、普段見せない一面を見て、ギャップに惹かれる

 

一緒にいる時間が長ければ長いほど、様々な経験を共に過ごすことも多くなります。

 

その中で、いつもとは違う一面を見る機会も増えます。

 

例えば、いつもはクールな感じなのに、飲み会の場では、とても気さくで人間味のある人柄であったり、会議の場ではキレキレの意見をいうのに、プライベートでは、可愛い天然キャラだったり。

 

ふと見せるいつもとは違った一面を見ることで、思わずそのギャップに惹かれてしまうのです。

 

不倫が始まるきっかけ(行動編)

 

 

不倫が始まるメンタルの動きは先ほどご紹介した通りですが、職場には、不倫が始まるきっかけになりやすい活動というものがあります。

 

以下の4つです。

 

  1. 残業
  2. 出張
  3. 親睦旅行や飲み会
  4. 上司が単身不妊

 

これら4つとも、2人の空間が出来てしまうというのが共通点です。

2人で会話をしたりすれば、当然お互いのことを深く知ることができるので、上司部下としての関係ではなく、一人の人間として、または男女としての興味を持ちやすくなります。

 

特に社外へ出る場合は、メンタル的に開放的になりやすいため、不倫に発展しやすくなる確率も高まるでしょう。

 

上司と不倫関係になってしまう女性の特徴

 

上司と部下の関係から、実際に不倫関係に発展していくというのはリスクが伴うため、比率的には数少ないです。

 

しかし、不倫関係に発展していく女性が存在するのも事実。

 

不倫関係に発展していく女性には、ある特徴があります。

 

  1. 寂しさを感じている
  2. スリルを味わいたいと感じている
  3. 誰かに必要とされたいと感じている

 

1、寂しさを感じている

 

心のどこかで寂しさを感じていたり、埋められない寂しさを感じている場合は、その穴を誰かに埋めてほしいという気持ちを常に持っている状態です。

 

リスクがあると分かっていても、その穴を埋めてしまう人が近くにいる安心感と心地よさに包まれてしまい、知らず知らずのうちに抜けられない沼にハマっていってしまうのです。

 

2、スリルを味わいたいと感じている

 

ストレスなどから、非日常を味わいたい、現実逃避をしたい人もいます。

 

知ってるのは二人だけ

 

自分たちだけが知る世界を誰にも見つからないようにする行為は、その目標を達成するために心を一致団結させ、二人の関係性をより親密にさせるのです。

 

3、誰かに必要とされたいと感じている

 

誰の役にも立っていないんじゃないか…〟この思いは、自分の存在価値を認めることができない憔悴感から判断力を鈍らせます。

 

人は誰でも、誰かの役に立つことで喜びを感じるもの。

 

それは、女性でも同じ。自分のことを必要とされている実感を味わうことで、満足感を抱くことが出来ます。

 

上司との不倫が危険な理由

 

 

上司との不倫はダメなことだとは分かっていても、どうしても抜け出せない人も多いでしょう。

 

しかし、不倫がバレてしまうことでどんなリスクがあるのか?をもう一度整理してみたいと思います。

 

  1. 職場を失うリスク
  2. 社会的信用を失う
  3. 自己肯定感を失う
  4. 配偶者から訴えられるリスクがある

 

1、職場を失うリスク

 

もしも、上司との不倫がバレた場合、間違いなく職場を失うことになるでしょう。

 

その場にいられなくなる〟という表現が一番正しいでしょうか。

 

2、社会的信用を失う

 

上司との不倫がバレることで噂が広まり、次の転職先にも悪影響が出る場合があります。

 

世間は、広いようで狭いのです。誰と誰が繋がっていて、どこで誰の耳に入るかわかりません。

 

ビクビクしながら生活するのも、心底疲弊してしまいますよね。

 

3、自己肯定感を失う

 

いけないことをしている・・〟このような自覚がありながらも続けてしまう自分自身に対して、時間が長ければ長いほど自分の自己肯定感を下げていきます。

 

自信がついていくことは、ほぼないと言っても過言ではありません。

 

4、配偶者から訴えられるリスクがある

 

上司の配偶者から訴えられるケースもあります。

 

配偶者に訴えられることで、時間もお金も労力も浪費しながらも、残念ながら上司を手に入れることも出来ません。

 

まとめ

 

かつて〝不倫は社会現象だ〟と話題になった時期もありましたが、男女がいる限り、どのタイミングでも発生していることなのかもしれません。

 

自分のストレスや現実逃避、欲求を埋めたいという一時的な欲望によって、のちに自分の人生に大きく影響を与える大きなハプニングに変わってしまう可能性があります。

 

今は関係性がうまくいっていたとしても、本質的なさみしさは埋められることがありません。

 

心は満たされないという状態がずっと続くことになってしまいます。

 

ぜひ、一度立ち止まって、長期的な目線で今後の未来について考えてみていただきたいと思います。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

浮気・不倫忠告電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業18年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。