電話代行屋ブログ

仕事で声が小さいと言われてしまった…原因と5つの改善方法とは

職場で「声が小さい」と言われたり、何度も聞き返されて気まずい思いをしたり、ということはありませんか?それはあなたの発声方法や、心的なことに原因があるのかもしれません。このコラムでは、声が小さいことの原因やその対応方法をまとめています。是非最後まで読んで参考にしてくださいね。

1:「声が小さい!」と指摘されてしまう原因とは?

一口に声が小さいと言ってもさまざまな原因が考えられます。この項目ではまずそれを整理しましょう

1−1:自信が無い

自分に自信がない人は発言することに消極的になりがちですから、どうしても大きい声を出すことが苦手です。それは相手を嫌っているのではなく、嫌われたくない、失敗したくないという気持ちの表れでもあります。

1−2:あがり症

何かを発言しようとするだけで緊張を感じてしまう人がいます。それは過去に自分の発言を叱責されたり、大きく恥をかいたりしたというトラウマによるものかもしれません。

1−3:成長時の環境

比較的狭い家で育っていれば大きな声を出す必要が無いので、小さな声で話す癖がつく場合があります。また、家族の中に騒がしくすることを嫌う人がいれば、そのように育てられている可能性もあります。

この場合、精神的なことに起因するわけではなく、注意すれば改善できる可能性は高いと思われますから、まず自分の声が聞き取られにくいのだ、と気付くことが重要です。]

1−4:自分の発言の影響を考えすぎる

HSP=Highly Sensitive Personという言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは相手や状況の細かい変化に敏感に反応する人で、良い意味では気遣いが得意な、いわゆる「空気を読む」ことが上手い人です。しかし、相手の怒りや集団が混乱することも敏感に感じすぎてしまうので、どうしても慎重な発言をしがちです。結果として強い主張を避ける傾向が育まれ、声も小さくなるケースが多いと思われます。

HSPは20%程度の人が該当すると言われていますから、決して珍しいタイプではなく、身の回りに必ず何人かいるはずです。もちろんあなた自身がそうである可能性もあります。これは病気ではありませんからもし自分自身が当てはまるとしても、過度に心配する必要はありません。むしろ知っていることで生きやすくなることもあります。

1−5:相手を怖がっている

上司や相性が悪い同僚など特定の人の前でだけ声が小さいのであれば、この可能性があります。自分に対してしばしばネガティブなことを言う相手、必要以上に怒る人には誰しも苦手意識を持ってしまいますから、自分がダメージを受けるきっかけを減らしたいという気持ちが声の小ささとしてあらわれるのでしょう。

1−6:発声の仕方が悪い

姿勢の悪さは声を出しにくくします。あごを引き過ぎていたり、出し過ぎたりしていると声が通りにくくなりますし、ベルトなどで腹部を締めすぎるのも声が出にくい原因になっている場合があります。

口が開いていないことも声を小さくしますが、これには意外と本人が気づいていないことがあります。また、息を吐く量が少ない場合も声は遠くまで届きません。

1−7:そもそも話をしたくない

基本的に話をするのが嫌いな人、他人との接触を好まない人は、自己主張を必要としていないので、しっかり声を出して自分の話を聞いてもらおう、という気持ちがありません。

2:声が小さい癖を改善する方法とは?

2−1:自分の声を録音して聞いてみる

原因が精神的なものでも身体的なものでも、自分の声がどの程度聞きにくいか、ということは自分自身では分からない場合が多いでしょう。自分の声が聞き取りにくいことが思い当たるという人は、是非自分の声を録音してみてください。それも自分ひとりでボイスレコーダーなどに向かって話すのではなく、知人との会話を録音しましょう。(何も言わずに録音していることを気付かれるとトラブルのもとになりますから、家族や親しい友人に事情を話して行いましょう)

録音していると意識すると最初はぎこちないかもしれませんが、ある程度話をしていれば、時間とともに自然な会話が録音できます。それを聞いてみて、リラックスしているのに聞き取りづらいと感じた場合、職場などの緊張する場所ではもっと聞きづらい声で話している可能性があります。何度もきちんと聞き返して自分の反省点を見つけましょう。発生方法や滑舌の問題なら、ボイストレーニングに行くという方法もあります。

2−2:姿勢を正す、話し方に気を遣う

アナウンサー、声優など声を出すことを職業にしている人で不自然な姿勢の人はいません。気になる人はニュースを読むつもりで姿勢を正してから発音してみてはいかがでしょう。また、口を意識的に大きく開ければもちろん声が通りやすくなりますし、見た目も快活な印象を与えやすいと思います。さらに腹式呼吸を取り入れてみるのも良いでしょう。

2−3:緊張しにくい自分を作る

緊張や気の弱さで声が小さくなっている人は、何よりも他者との会話に慣れることが重要です。とは言え、職場でいきなり人に話しかけるのはハードルが高いですから、少しくらい中途半端な会話になっても特に支障がないところ、例えば買い物の際に商品について質問する、公園などで散歩しながら歩調や話題が合いそうな人に話しかけてみてはいかがでしょう。これなら、ちょっと気まずくなってもその場を離れてしまえば済みますから気が楽だと思います。

あるいはスポーツジムや料理教室などを利用する手もあります。やはり職場と関係がありませんからリラックスしやすいですし、インストラクターや講師の人と会話が生まれやすいというメリットがあります。さらに体力アップや料理のスキル向上など、何かが上達していく過程と会話の上達を紐づければ、二つの成功体験が得られますから自信を持つきっかけにもなるでしょう。

2−4:自分の精神的弱さを認める

精神面が原因である場合、まずそれを認めることから始めましょう。対人恐怖症などの生活に支障をきたすレベルであれば、医療機関の受診を考えた方が良いかもしれません。

まだ大丈夫、と思っている人ほど大きなダメージを受けるまで我慢してしまう、ということもあります。友人や家族に相談する方法もありますが、その人たちと上手く話せなかった場合、さらに傷ついたり自信を失ってしまったりすることもありますから、心療内科や心理カウンセラーなどプロの力を積極的に借りましょう。

2−5:相手の違う面に着目する

特定の人が相手であれば、その相手との関係性を見直すか、自分を高める工夫をするか、で辛い状況を回避できるかもしれません。まずは相手を必要以上に嫌っていないか、と考えてみましょう。

苦手な相手でも、あなたには無い優れた点が必ずどこかにあるはずです。リスペクトできる点を見つけられなかったとしても、せめて許せるところを確認できれば、少しずつでも前向きに話ができるでしょう。

3:様々な方法を試しても改善できない、という人は環境の問題が大きい?

もし上記のことを試してみても改善が難しいという方は「その職場が合っていない」のだと思います。ストレスを感じたまま過ごしたり、声の小ささを叱責されることが続いたりするようなら、転職を視野に入れてみましょう。特に人間関係が問題である場合、こじれてしまった今の状態を改善するよりも、一旦リセットして反省を活かした再出発をした方が早いこともあります。

転職にネガティブなイメージを持っている方もおられるかもしれませんが、昨今は転職者を積極的に採用する企業も増えています。ゼロから教育しなければならない新卒者より、社会人経験を持つ人の優位性は必ず存在しますから、是非認識を変えてみてください。

4:まとめ

「声が小さい」と言われることの原因と対策をご理解いただけたことと思います。中にはわずかな努力や意識の持ち方で改善できるケースもありますから、前向きに取り組んでみてください。それでもどうもうまく改善できない、という方も自分を責めるのではなく、転職という形で新しいスタートを切ってみましょう。

ページ上部へ