電話代行屋ブログ

職場の雰囲気に耐えられない人必見!改善方法やストレス発散法について

雰囲気が悪い職場ってありますよね。社員の間での会話が無く、いつもピリピリした空気が流れている。たまに会話をすれば上司への不平不満や愚痴、特定の社員の悪口、そんなところにいるとやる気も失われるばかりです。こんな職場、もう嫌だ!何とか雰囲気を良くしたい!このコラムでは、そんな人に向けた記事をまとめました。

1:職場の雰囲気が悪いことによるデメリットについて

職場の雰囲気が悪いと気持ちが落ち込むだけでなく、さまざまな弊害が起こります。その具体例を挙げて解説しましょう。

1−1:目標となる上司・先輩がいないと若者が成長しない

仕事ができる上司がいて、人間として尊敬できる先輩がいる…そんな職場に恵まれていれば、若い人たちもそれを手本として成長していきます。

しかし雰囲気や人間関係が悪いと、目標にする人を見つけられないばかりか、不平不満や愚痴ばかり聞かされることになります。当然必要なスキルも伝授されにくいので、自分自身のキャリアアップも望めません。そのような場所では、希望に燃えて入社した人でも、徐々にネガティブな気持ちに支配されてしまいます。

1−2:作業効率が悪くなる

雰囲気が悪いチームの中では、報告や連絡が満足に行われないことが増えますから、業務がスムーズに進みにくくなっていくことが考えられます。

ほんのわずかな連絡が行われなかったばかりに大きなトラブルが起こったり、その解決よりも責任の押し付け合いで時間が経過して事態はさらに悪化したり…そんな状態では利益や成果を生み出せるはずはありません。業績が上がらなければ、当然やる気も生まれませんし、昇給なども機会も望めませんから雰囲気は悪くなる一方です。

1−3:やる気がなくなる

人間関係も悪く、業績も上がらないようなところにいれば、誰しもモチベーションを維持することは難しくなります。自然と仕事も雑になりますし、ミスや問題が発生しても「まあいいや」、と流してしまうことが増えていきます。

そのような職場は対外的にも評価されませんから、自然とクレームが増えていくこといでしょう。無駄に謝ったり、対策に追われたりする日々はストレスを産むのみです。

2:職場の雰囲気が悪い原因

どんな人でも嫌な環境にはいたくないはずなのに、会社の雰囲気が悪くなるのは何故なのでしょうか? ここではそれについて考察してみましょう。

2−1:問題が解決されないまま放置される

どの会社にも問題は必ず存在していますが、それを解決・改善していく姿勢がある職場は健全だと言えるでしょう。しかし問題を解決する習慣が無く、放置するのが当たり前になっている組織には誰しも不満を蓄積させがちです。

「ゴールにたどり着いていなくても解決に向かっている」と思うことができていれば、人間はポジティブな感情を維持できます。逆にそれが無ければ「あきらめ」が先行しますから、努力をする気持ちが減っていくのです。

2−2:社員の意見・提案が尊重されない

なにか問題があれば嫌な思いをするのですから、そうならない方法を考えるのは人間として当然のことです。また、仕事に取り組んでいれば、効率アップや利益アップの方法を思いつくこともあるでしょう。それを提案して、目に見える改善があれば「自分たちの職場が良くなることに参加している」という喜びが生まれ、職場へ愛着も育っていきますから次々と改善は進んで行きます。

しかしその提案が無視されたりすれば、気分が悪いばかりでなく、問題はそのまま放置されるのですから、マイナス面しかありません。再度提案を行う気は無くなっていきますし、職場への愛着やチーム意識も薄れていくという負のスパイラルが起こり続けます。

3:職場の雰囲気を改善するには?

職場の雰囲気が悪いと感じた場合、それを改善する方法はあるのでしょうか?意外に簡単な方法二つを挙げますので、是非実践してみてください。

3−1:コミュニケーションを活発にする

社員同士が無関心な職場は、必要な情報交換もとどこおり、成果が上がりませんから発展が見込めません。そんな時はとにかくメンバー内の接触を増やすことから始めましょう。

挨拶や日々の会話の中から連帯感が生まれれば、ミスも防止できますし、問題を共同で解決していく流れができたりします。一つでもそのような成功事例ができれば、その経験は記憶され、他の問題にも取り組んでみようというプラスのサイクルが生まれます。

悪い雰囲気の中で人に声をかけるのは気まずいかもしれません。しかしあきらめずにやっていれば会話は生まれるものです。

3−2:成功をほめ、長所をピックアップする

どんなに雰囲気が悪い職場でも、小さな成功例は必ずあるはずです。それを見かけた時に、みんなで共有して喜び合ったりほめたりしましょう。また、成功に至らなくてもそれぞれの人の長所を見出し、それを言葉に出しましょう。

どんな人でもほめられれば嬉しいですし、認められれば活力になります。認められた人、ほめられた人はさらに良い働きをするでしょう。それは新たな成功を産みますから、職場を明るくしていくはずです。

4:自分一人では雰囲気改善は無理!という人向けのストレス発散法

前向きに職場を改善していくことができればそれに越したことはありませんが、それもなかなか上手く行かないということもあるでしょう。そんな時でもせめて自分自身のモチベーションは高いまま保っておきたいですよね。この項目ではストレスを発散して前向きに生きるための方法をピックアップします。

4ー1:運動をする

「体を動かすことはストレス解消に有効」というのは古くから知られています。そのメカニズムは、運動によって脳内のセロトニンやエンドルフィンという分泌物が出ることによります。特にジョギングやウォーキング、サイクリングなどの一定のリズムを刻む有酸素運動は、「幸せホルモン」とも呼ばれているセロトニンを活性化してくれます。

あまり過度に行って疲労を残すのも違うストレスを産みますから、慣れない人は30分程度の苦にならない範囲で、週に3~4回の運動を取り入れてみましょう。1回で終わってしまわないように、継続させることに効果があります。

4ー2:大きな声を出す

スポーツ観戦やカラオケなどで大きな声を出すとストレスが解消できた、という経験を持つ方は多いと思います。お腹から声を出すことは自律神経に刺激を与え、その結果として交感神経と副交感神経の切り替えをスムーズにする効果を生みます。

副交感神経が優位になっている時はリラックスすることができますから、ストレスや疲労が解消されやすくなるのです。

4ー3:感動の涙を流す

痛みや身体的刺激ではなく、心の動きによって涙を流した時にはコルチゾールというストレス物質を体外に流し出すので、ストレス解消につながります。この効果を狙って、休みの日などには感動できる映画を見るなどして過ごしてみましょう。

4−4:入浴

入浴することは血行を促進して新陳代謝を高めてくれます。38℃から42℃の温度であればストレス解消効果が高いと言われていますので、自宅であればそのように設定しましょう。もちろん温泉や銭湯で広いお風呂に入るのも、気分を一新してくれますからおすすめです。

5:まとめ

職場の雰囲気について、悪くなる原因や改善の方法をまとめてみました。長くいる前提の会社であれば、頑張って少しずつでも改善していくことも重要ですが、いくら努力しても少しも雰囲気が良くならない、という場合は転職を考える良いタイミングかもしれません。仕事に費やす時間は一日の中のかなりの比重を占めますから、できるだけストレスのない環境にいたいですよね。

あなたに合った雰囲気の良い職場はきっとどこかに存在しますから、この機会に思い切って転職を検討してみてはいかがでしょうか?

ページ上部へ