電話代行屋ブログ

【早退電話代行】電話代行専門の便利屋

早退電話代行

「体調が悪くて会社に行きたくない・・・」「今日は用事があって早退したい・・」様々な理由で早退をしたい時もありますよね。しかし、休みたくても休ませてくれない会社が多いのが事実。そこで今回は早退電話を得意とする電話代行会社で4000人以上の案件を成功させた私が簡単に会社を早退できる方法をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

「会社に行きたくない」「今すぐ家に帰りたい」そんな方は意外と多いのです。しかし早退させてもらうにしても理由やアリバイが必要ですよね?しかも、上司を納得させられる理由を伝えないと簡単に早退をせてもらえません。私もとりあえず会社に出社して朝からソワソワして、なんて言おうかなとずっと考えるのですが「う〜ん 言い出せない!」やっぱり自分では無理だったという経験が私にもあります。

やはり早退する場合、自分一人の力ではどうしても難しいです。そこで今日は早退電話のプロとして簡単に早退できる方法をあなたに教えますので参考にしてください。

簡単に早退する方法と具体的な理由

まず、誰か(友達か電話代行屋)にお願いをしてもらえるのであれば身内の方になりすましてもらい、母親か父親もしくは祖父や祖母が倒れたのですぐに帰ってきてほしいと会社(職場)へ連絡してもらいます。シンプルにそれだけです。

すると、会社の方は「わかりました、本人へ伝えます」と言ってくれます。その後、あなたは会社の方から「家の方から連絡があって〇〇さんが倒れたそうだから、すぐに帰りなさい」と伝えてもらえます。

これで早退のおおまかなシナリオです。実際に、このやり方で電話代行ニコイチでは7000人以上の早退や退職をさせることに成功しています。なので、今すぐ仕事を早退したい、今日だけ早めに家に帰りたい人は電話代行のプロにお任せください。おもしろいように早退を成功させることができます。

多くの依頼の中でも早退電話は得意分野に入ります。アリバイ工作もバッチリでノウハウもありますので会社に怪しまれる事無く早退の連絡が可能です。時には息抜きも必要だと思います。鬱になったりするくらいだったらそんなに無理せず、職場を早退するのが一番です。

早退電話の代行料金はお問合せくださいませ

早朝7時から営業しておりますので出勤前に依頼をされる方も多いです。早退電話を希望する時間は指定することが可能ですのでご安心くださいませ。他人を頼ることで、スムーズに早退したり会社を休むことができます。苦痛から開放されるのであれば利用する価値はあると思います!

早退電話の成功事例

内定辞退が成功した事例です。下記の内容はお客様へ提示した早退電話のシナリオですので参考にしてください。今回は父親が急病で倒れたという設定で親戚のおじさんになりすまして会社に早退電話をしました。

伝える内容としては、そちらで働いている〇〇のおじなんですが。本人の携帯に電話をしたのですが繋がらなかったのでこちらに電話させて頂きました。「本人の父親が倒れまして、すぐに家に戻るように本人に伝えて頂けますか?」と伝えます。

もし、本人に代わりますとなった場合は「〇〇くんか?おじさんだけど、お父さんが倒れたからすぐに家に帰ってこれるか?」と伝えますので「はい、わかりました。すぐに行きます」と言って電話を切ってください。注意:信憑性を出すために、「今どんな状況」とか「病院は?」など電話代行ニコイチへ聞いてこないようにお願いいたします。余計な事を話してボロが出ないようにする為です。

通常、電話を切った後は「すぐに家に帰ってあげてください」と職場の方に言ってもらえますのでご安心くださいませ。

早退電話の相談や依頼はLINEが簡単!

早退電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業16年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。