電話代行屋ブログ

試用期間中に退職するメリットとデメリット【理由も紹介】

「入社したけど、その仕事が自分自身に合っていない」「健康や家庭の都合で仕事を続けるのが難しい」そう思っていても「試用期間中」に退職をするのはどうなのだろう?と思われる方もおられると思います。退職代行ニコイチには試用期間中に退職したい新卒が多いです。入社して3週間足らずで試用期間なのですが、揉めるようなこと無く退職できるのか不安です。


まだ正社員の試用期間中で、分からないことが多い段階で退職したいと思うのも良くないと思うけど、精神的にも本当に辛くて毎日涙が止まらず、店長や、他のスタッフにも相談できない状況なのでどうしたらいいですか?スムーズに辞める方法が分からず困ってますというような相談も多いです。


試用期間中に退職するにはどうしたらいいのか?という不安を抱えている人がたくさんいるのが現状です。そこで、この記事では「試用期間」の意味や、試用期間中に退職するメリット・デメリットなどを丁寧に説明します。

試用期間中でも円満に退職するなら退職代行ニコイチへ

退職代行,退職代行ニコイチ

そもそも「試用期間」とは

そもそも試用期間というのは、企業側にとっては面接や入社試験だけでは確認しにくい適性や人格などを見極め、本採用にするかどうかを見極めるための期間です。「試用期間」というのは特に法に定められたものではなく、その企業ごとに定めるもので、法的には試用期間中も通常と同じ雇用契約です。


「試用期間中はミスしたり社風に合わないことを言ったりすれば解雇される」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際には企業側は不当な理由で解雇することはできませんから、業務に前向きに取り組んでいれば特に不安に感じる必要はありません。


会社側にとって解雇するための正当な理由は、経歴を詐称していたり、届け出なく欠勤したり、いちじるしく勤務態度に問題がある、などの極端なものですので安心しましょう。試用期間中であっても通常、職場には一ヶ月前に退職の意思を伝えるのが一般的です。


試用期間とは名前のとおり、お試し期間であり、会社としては適性を判断する期間で、労働者としては続けていけるかを判断する期間です。辞める気がある人を雇用し続けるのは会社にとってもデメリットなので早く退職した方がいいですね。なので、辞めるのであればこの期間に辞めるのが一番いい期間となります。


しかし、会社としては他の人を断って雇った訳なので、まだ入ったばかりなんだからと、すんなりと退職を認めないと思います。退職代行ニコイチには入社して1日とか1週間で退職したいという方からのご依頼はめちゃくちゃ多いです。


私たちにお任せ頂ければ明日から会社に行くことなく、できる限りスムーズに退職させることができますので安心してお任せくださいませ。 

試用期間に退職するデメリットとは?

転職先に「すぐに辞めた」という事実をマイナス視される可能性がありますので新たに就職を希望する際に、試用期間中に会社を辞めてしまったということをマイナスイメージに受け取る会社が無いとは言えません。

「試用期間中に辞めた」という評価がどこからか伝わる可能性

異業種に行けばあまり関係ないことかもしれませんが、同業他社に転職する場合は、あなた自身の評価がどこかから伝わる、という可能性もゼロではありません。

合わない会社で我慢して働き続けることに比べると…

上記のようなデメリットは存在するかもしれません。だからと言って恐る必要はありません。そのようなデメリットを気にして「合わない会社で我慢して働き続ける」ということだけは避けましょう。

 

転職のために履歴書を書く場合、試用期間中に辞めたことを書くかどうか、悩むかもしれませんが、それは隠さずはっきりと書きましょう。転職先での保険の手続き等で前の会社で働いていたことが分かる可能性があります。書いていないことは「職歴詐称」にあたりますので注意が必要です。

 

今や、転職の経験をマイナスとして受け止める企業は減ってきています。新しい希望先には堂々と「自分の希望に合わなかった」「入ってみて自分のやりたい事とは違った」ということをしっかり伝えましょう。

 

あるいは自分自身が向いていない会社を選んでしまったという場合も、自分の未熟さをはっきりと認め、「以前の会社には申し訳ないことをしたが、そこでの反省を活かし、今回こそ長く勤めたい」と決意をあらわせば、マイナスイメージをプラスに変換できる可能性もあります。

試用期間中に退職するメリットも存在

試用期間中は「会社側があなたを試している期間」であるのと同時に、「あなたが会社を評価する期間」でもあります。

 

あなたの人生の大事な時間を、年単位でそこに使う価値があるかをじっくりと見極め、もし将来像が描けないような会社であれば試用期間中に辞めることに何の問題もありません。

 

1:時間が節約できる

転職を考えるのであれば「再出発は早い方が良い」とポジティブに捉えて次のステージに進む自分を肯定しましょう。

 

「仕事が合わないけどもう少し我慢してみよう・・」「最低でも三年は在職した方が良いと言われているから」などの消極的な理由でその会社に留まる選択肢もありますが、人間はネガティブな環境下では力を十分に発揮できません。

 

2:仕事に対する意識が高いうちに転職できる

むしろ、無理な我慢はうつ病の原因になります。「我慢」がうつ病などに発展してしまったり、中途半端な環境にいることに慣れて熱意を失ったりするよりも、早く決断して迅速に転職することで、「自分を大事にする」「より良い場所を求める意識を持つ」というメリットがあります。

 

もちろん人生は全て思い通りに運ぶものではありませんから「我慢」「忍耐」は必要なものです。しかし、過度な「我慢」があなたの心にダメージを与える前に、思い切って行動するのは決してマイナスではありません。

 

3:転職活動がしやすいメリットも

試用期間中なら会社側も大きなプロジェクトを任せたり、過度な責任を求めたりはしないケースが多いでしょうから、転職活動も比較的スムーズに行うことが可能です。

試用期間中の退職手続きに関するポイント

1:退職までに適切な時間を取る

「試用期間」といっても正式な手続きを踏んで雇用されているのですから、思い立ったからといって数日で辞める、などということは控えましょう。社会人としてきちんと手順を踏むというのは大事な行為です。

 

出来れば1か月、最低でも2週間以上前にきちんと上司に退職の希望を告げましょう。

2:社会人として会社側のダメージも理解する

もちろんあなたの人生ですから退職は自由な権利です。とは言え、企業側も求人を出し、面接を行い、数々の事務処理や教育を経てあなたを雇っているのですから、自己都合で辞めるのであれば礼儀をわきまえた行動をすべきです。

 

3:上司に話すときは事前に時間をとるなどして丁寧に

雇用している側としては退職の理由を聞くのは当然ですし、その話は「立ち話数分で済む」というものではありません。事前に上長に対して「時間を取って話をしたい」ということを告げた上で、丁寧に話を進めましょう。

 

新しい就職先が、以前勤めていた会社にあなたの評価を確認する、ということもあり得ないことではありませんから、できるだけ社会人としての礼儀は保って行動することをお勧めします。

 

試用期間中の退職に使える最適な理由

これは実際の退職理由がさまざまですから一概には言えません。しかし方向としては「事実をそのまま伝える」という方向と、「角が立たないように穏便な理由を伝える」の二つに分かれます。

 

「会社に納得してもらえなければ退職できない」と思っている方もおられるかもしれませんが、会社側にどんな理由があっても、あなたの希望を無視して雇用し続けようとするのは許されない行為です。

 

ですから「その理由での退職は認めない」と言われても、そんな権利は会社側には無いということは知っておきましょう。それを踏まえた上で、社会人としてスムーズかつスマートに退職するにはどうしたら良いか、ということを考えましょう。

 

その観点に立って考えれば、基本的には「取り繕う」よりは「ありのままの話をする」ことをお勧めします。考えられる例をいくつか挙げましょう。

1:健康上の理由

その業務を行う上で、体調を健全に保つことができない場合、例えば体を使うことが多い職場で、その作業に耐えられる体力が無い、足腰や関節などを痛めてしまった、などであれば、その旨を話し、デスクワークなどに転職するなどを告げましょう。

 

逆にデスクワークなどが多い仕事で腰を悪くしてしまった場合も同様です。

2:家庭の事情

家族の転勤で引っ越しせざるを得なくなった、介護の必要が発生し勤務を続けるのが困難になった、なども同様に事実を丁寧に伝えれば問題ないと思われます。

3:希望した職種や部署に配属されなかった

これも事実の通り話せば問題ない事情です。あるいは人材を失うくらいなら希望する職場への移動などを考えてくれるかもしれませんし、その意思が無ければ退職を認めざるを得ないでしょう。

4:入社してから仕事が向いていないとわかった

退職する時に言い方に気を付けるとすれば、ほぼこのパターンだけと言ってもいいでしょう。これは他人からは客観視しにくい「あなたの気持ちや判断の範囲」だからです。

 

ですから「仕事を選ぶ上でのあなたの判断ミス」を責める人がいても不思議ではありません。しかし、基本的にいくら責められても仕事を自由に選ぶ権利はあるのですから、丁寧に話しをする以外ありません。

まとめ

「試用期間」というものが存在する意味合いや、そのメリット・デメリット、退職の進め方について、ご理解いただけたことと思います。大切なことですが、希望する仕事を選ぶ権利は全ての人が持っていますから、転職をするのは悪いことではありません。

 

近年は転職経験をマイナス評価とする会社も減っている傾向にあります。ある程度の社会人経験があることで教育を短縮できることを理由に積極的に転職者を採用する企業も存在しますから、合わないと思う会社で我慢し続けるよりも、思い切って新しい仕事に踏み出してみてはいかがでしょうか。

退職代行ニコイチの依頼はLINEが便利

ページ上部へ