電話代行屋ブログ

リファレンスチェックって何?転職前に詳しい内容を要チェック

 

リファレンスチェックとは?

 

リファレンス(Reference)とは、英語で「身元照会」という意味です。

 

中途採用の過程で、書類や面接では聞き出せなかった性格やスキルなどを前職の上司や同僚に確認することを言います。

 

求職したい人と働いてくれる人を探している企業とが、お互いのニーズに対してスムーズにマッチングできるように行われる調査です。

 

リファレンスチェックと前職調査の違いとは?

 

リファレンスチェックとはなにか

 

リファレンスチェック〟と〝前職調査〟は、似ているようで内容は異なります。

 

リファレンスチェック実績や人柄を調査するのに対して、前職調査とは、書類に記載してある経歴や職歴に偽りがないか?金銭トラブル等を起こしていないかなどをチェックする調査です。

 

個人情報保護法により、個人情報を入手することが以前に比べて難しくなってきたため、前職調査を行うのも難しくなってきているのが現状です。

 

リファレンスチェックが行われる理由

 

リファレンスチェックが行われる理由

 

リファレンスチェックは、企業が採用する人材に対して行う調査ですが、どのような理由で行われるものなのでしょうか?

 

その理由は以下の通りです。

 

  • 入社後のギャップを未然に防ぐことができる
  • 面接では見れなかった人柄や働き方の姿勢を確認できる
  • 在職中のトラブルなどを発見できる

 

外資系企業では取り入れられていますが、昨今、転職者が増えている日本でも導入する企業が増えてきました。

 

入社後のギャップを未然に防ぐことができる

 

書類や面接で確認できるものは、経歴や自己アピールやその人の外観的な部分です。

 

しかし、その内容が自社の業務内容とマッチしているかはまた別の話になってきます。

 

また、求職者にとっても採用後に〝こんな会社だと思わなかった・・〟などのギャップに苦しむこともなくなります。

 

つまり、リファレンスチェックを行うことで、力を最大に発揮しながら、やりがいを持って働ける求職者、会社にとっても途中で辞職されることを未然に防ぎ、教育コストを最低限に抑えることが可能になるのです。

 

面接では見れなかった人柄や働き方の姿勢を確認できる

 

面接の時間は、だいたい1時間以内。

 

その時間内で、初めて会った人の全てを把握することはとてもハードルが高いものです。

 

自己アピールに関しても自分の主観が入っていたり、仕事に取り組む姿勢等は、本人では分からない部分でもあります。

 

さらに〝いつも周りに気を配れる存在だった〟といった実績では証明できないコミュニケーションスキルなどといった仕事において大切な部分を、一緒に働いていた人たちから客観的な意見をもらうことができます。

 

求職者の強みが発揮できる部署やポジションに配置したり、早期退職を回避できたり、

また、経歴を詐称している場合などのトラブルを防ぐことができます。

 

在職中のトラブルなどを発見できる

 

在職中に無断欠席が多かった、途中で大切なプロジェクトを放り投げた、お客様からのクレームが多かったなど、前職でのこういったトラブルを自ら公言する人はいません。

 

しかし、そのトラブルこそが企業にとって命取りになってしまうこともあります。

 

そういったトラブルを未然に防ぐためのものです。

 

リファレンスチェックは誰に依頼する?

 

ハテナマーク

 

では、リファレンスチェックは一体誰に依頼するものなのか気になるところですよね。

リファレンスチェックは、前職の上司2人に依頼するのが一般的です。

 

1人よりも2人。多くの人の意見をもらうことで、合致しているところを探していきます。

 

上司は、人を管理する立場なので、当然部下のことをよく見ていなければいけませんし、把握している存在です。

 

働く姿勢や人柄や日々の状況を把握している人に当たる、上司に依頼します。

 

リファレンスチェックをする人は誰?

 

リファレンスチェックをする人は、応募先の採用担当者第三者機関が行うことがほとんどです。

 

リファレンスチェックの流れ

 

チェックリスト

 

リファレンスチェックの流れは、一般的に以下のような流れで行われています。

 

  1. 求職者からリファレンスチェックへの同意をもらう
  2. リファレンスチェック先の連絡先を教えてもらう
  3. リファレンスチェック先に連絡を取り、面談の日時を決める
  4. 面談にてヒアリング
  5. ヒアリングした内容を資料にまとめる

 

1、求職者からリファレンスチェックへの同意をもらう

 

勝手にリファレンスチェックを行うことはできません。

まずは、求職者からリファレンスチェックを行うことへの同意をもらう必要があります。

 

リファレンスチェックの内容(求職者自身やリファレンスチェック先から個人情報をいただくこと)を説明し、同意を得ます。

 

2、リファレンスチェック先の連絡先を教えてもらう

 

求職者の同意後、リファレンスチェック先の連絡先を教えてもらいます。

 

上司2人という組み合わせが一般的です。

 

3、リファレンスチェック先に連絡を取り、面談の日時を決める

 

リファレンスチェック先に連絡を取り、面談の日時を調節します。

面談の時間の長さはたいてい30分ほどです。

 

 

質問内容

 

質問内容は、下記のような内容になります。

 

  • 勤務実績、勤務態度
  • 人柄、ポジション
  • 仕事への姿勢
  • トラブルの有無等

 

4、面談にてヒアリング

 

リファレンスチェック先と面談にて、求職者についてのヒアリングを行います。

 

5、ヒアリングした内容を資料にまとめる

 

リファレンスチェックでヒアリングした内容を全て資料にまとめ、採用担当者に提出します。

 

リファレンスチェックの方法とは?

 

 

実際にリファレンスチェックのヒアリングを行う際は、どのような方法をとっているのかというと、多くは、書類、面接、通話に分かれています。

 

昨今では、Zoomなどのビデオミーティングでの面談も増えてきました。

 

また、リファレンスチェックを行う際には、以下の2つの方法が一般的です。

 

  • 採用担当者がリファレンス先を探す方法
  • 求職者から前職の上司、同僚、部下2人を紹介してもらう方法

 

採用担当者がリファレンス先を探す方法

 

求職者から同意をもらい、採用担当者自身が前職の上司などのリファレンス先を探す方法があります。

 

しかし、前職の会社がリファレンスチェックへの理解に乏しかったり、個人情報保護法の観点から協力が得られないケースもあるようです。

 

求職者から前職の上司、同僚、部下2人を紹介してもらう方法

 

求職者本人から、前職の上司や同僚等2人を紹介してもらう方法もありますが、

 

求職者自身が、現職の上司や同僚には秘密で転職活動を行っている

 

上司などにリファレンスチェックをお願いしても、やめてほしくないなどの理由で協力してもらえない・・

 

などのトラブルが起きてしまい、スムーズにリファレンスチェックを実行できないケースもあります。

 

リファレンスチェック電話代行ニコイチにお任せ

 

上司によっては、仕事を辞めさせたくないからとリファレンスチェックを拒否したり、わざと求職者の立場を悪くするような発言をする人もいます。

 

そんなトラブルに遭わないようにするためにも、困った時には企業へのリファレンスチェックを電話代行してくれるニコイチにお任せしましょう。

 

電話代行のプロ集団が、前職の上司になりきって対応してくれます。

 

業界No.1の実績を持つニコイチでは、以下の理由から多くのお客様から喜ばれています。

 

✔️申し込みから対応までのスピードがとても早い

✔️最短10分で対応!

✔️全て丸投げOKなので無駄な労力不要!

✔️成功率ほぼ100%

 

電話相談、LINE相談、メール相談と、

自分の好きな方法とタイミングでいつでも無料相談ができるのも嬉しいです。

 

無料相談はいつでも受け付けているので、ぜひ気軽に相談してみましょう。

 

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

リファレンスチェック代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業18年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。