電話代行屋ブログ

【バレたら会社をクビになるあなた】アリバイ工作お手伝いします

aribai-04

あなたは会社でこんな悩みを抱えたことはありませんか?

取り返しのつかない大きなミスをしてしまった

会社の人と男女の関係を持ちすぎて、面倒なことになった

自分が会社にとって大きな不利益を被るようなことをしてしまったことで、会社をクビになってしまわないかと不安になってしまう方も多いのではないでしょうか?

当記事ではこのような悩みを解決するために、会社で取り返しのつかないミスをした時、どのようにして穏便に解決するかから自分への責任や罪を軽くする方法まで紹介していきます。

「会社をクビになるかもしれない、、」と心配な方は是非この記事を参考にしてみてください。

会社をクビになる理由

aribai-04_1

会社への隠し事があったり、取り返しのつかない大きなミスを犯してしまった時、「クビになってしまわないか」と不安ですよね。

ですが、実際はそんな簡単に会社をクビになることはありません。

根拠の薄い解雇理由は法律違反に当たるため、会社にとってクビ宣告をすることもリスクになるのです。

第十六条 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。(引用:労働契約法 第16条

では、会社をクビになってしまう理由にはどんなものがあるのでしょうか?

クビ(解雇)の種類

一般的に、会社側からの一方的な労働契約の解約を「クビ」と言い、法的には「解雇」といいます。クビ(解雇)には3つの種類があり、下記のとおりに分かれています。

整理解雇

整理解雇はつまりリストラのことをいいます。会社の経営上やむを得ない事情がある場合に基本的には非のない従業員が経費削減のために会社都合によって従業員を解雇することです。

普通解雇

遅刻欠勤等の勤務態度・業績不良、職業上の適性・労働能力の欠如、違反行為など悪質性はないものの、解雇される側にも原因がある解雇をいいます。

懲戒解雇

普通解雇よりも悪質性がある、会社の社内でのルールや秩序を著しく乱した従業員に対して制裁として行われる解雇のことをいいます。

このように会社は正当な理由がない限り、法律上でも定められていますが、従業員をクビにすることはできません。つまり、クビになってしまうということは、社内の秩序を著しく乱したということになります。

では、どのようなことが社内ルールや秩序を乱す行為と言えるのでしょうか?

Case1:会社に損害を与える取り返しのつかないミス

ミスをしてしまうことは誰にでもありますが、会社に大きな損害を与える程の大きなミスになればなるほど、責任を感じてしまいますし、ミスを起こしてしまった時こそにすぐに相談すればいいものの、報告が遅くなり余計にミスの収拾が難しい可能性も。また、ずっと自分から言えずに後から他の人経由でバレたりしてしまうことも。

報告はできても、損失額や状況によっては即解雇の可能性が高いです。

Case2:社内トラブル

社内での男女トラブル、先輩や同期とのケンカなどは社内でのお互いの関係が悪くなったりすることで会社の雰囲気を壊したりするだけでなく、仕事に支障をきたしたり、当事者以外にも迷惑をかける行為に当たります。

そのため、法律上等の規則ではクビにはならなくとも、当事者のどちらかは退職せざるを得ない状態になってしまうことが多いため、円満退社とは言えず事実上「クビ」のようなものになってしまいます。

Case3:仕事中のサボり

サボりに関しては、誰にもバレずに上手くやる分には問題はないかもしれませんが、バレてしまえば厳重注意だけでなく、懲戒処分の可能性も。仕事中のサボりがばれるパターンとして例えば、客先訪問と会社に報告しているのにも関わらず、ゲームセンターに行ってサボっているところを目撃されてしまったなどのような、誰かからの告げ口がほとんどでしょう。

Case4:犯罪行為

犯罪は会社のみならず社会的に許されない行為です。横領架空取引など会社を利用した犯罪を犯してしまった場合はもちろんのこと、業務とは別でプライベートで犯罪を犯してしまった場合でも会社への名誉や価値を下げてしまうため、クビの対象となります。

会社をクビにならないためには?

aribai-04_2

ミスに関しては故意的なものではありませんが、起こしてしまったら、やってしまったらどうすることもできませんよね。

では、社内ルールや秩序を乱す行為をしてしまったとき、どのようにすれば、この状況を穏便に解決することができるのでしょうか?また、解決には至らずとも自分への責任や罰則を軽減することができるのでしょうか?

会社側に責任を問われた場合は、きちんと状況を説明し自分に非がある点に関してはきちんと謝罪し、会社側や相手側などと和解するということがクビを回避する方法と言えます。

①状況説明

会社側を納得させるためにも、どうしてそうなったのかを説明する必要があります。

ミスやトラブルに関してはあなたが100%悪いとは限りませんし、あなたに完全に非がある場合でも状況を事細かに伝えたり、証言を提供することで理解してもらえたり、信頼を取り戻すことができる可能性があります。

証言の提供は、証人に依頼しなければならず難しいかもしれませんが、あなたのことを証明してくれる人を作り依頼することで、トラブル解決や責任・罰則の軽減にも繋がるので必ず用意しましょう。

②謝罪

あなたが起こってしまったこと、してしまったことで会社に不利益や損害を与えてしまったという事実は変えられません。そのため、その事実に対しての謝罪は必要不可欠です。

あなたの反省の気持ちを伝えることができれば、会社側も、もし相手がいる場合は相手側もきちんと理解してくれるはずです。

そして、二度と同じ過ちを犯さないこと今後どのようにしていくかなども伝えると良いでしょう。

③和解

人間はミスやトラブルを1度は起こしてしまうものです。同じことを二度としなければ会社側も相手側もそこまであなたのことを咎めることはありません。

あなたのその時の状況や反省の気持ちと今後の姿勢を伝えることができれば、会社側や相手側と和解することができるでしょう!

どうやって証言をつくる?

aribai-04_3

でも、どのようにして証人や証言を提供すれば良いでしょうか?

トラブルに巻き込まれてしまうというようなリスクが証言する側にもあるため、証人を断られるという場合も少なくないと思います。

ですが、

第三者からの情報が問題解決のキーポイントになるので、どうしても証言を頼みたいものです。

そんな時は「アリバイ工作会社」に依頼しましょう!

「アリバイ工作会社って何?」

「なんかちょっと怪しい、、。」

なんて思う方がほとんどだと思いますが、アリバイ工作会社はあなたがピンチの時に、あなたの立場や状況を証明したり、アリバイの証人となって救ってくれます。

利用方法はとても簡単で、あなたの困っている状況や悩みを説明するだけで、あなたのアリバイ・証人対策のお手伝いをしてくれます!

電話代行ニコイチは相談無料で、あなたの伝えてほしい証言を電話でお伝えします!

もちろん、相談した内容が外部へ漏れることもありません

気になる方は、電話代行のニコイチへぜひ相談してみてください。

まとめ

今回は、会社で取り返しのつかないミスしてしまった時、「クビを回避するにはどうしたら良いか」そして、「自分への責任や罪を軽くする方法」まで紹介していきました。

会社はそう簡単には従業員をクビにできませんが、社内ルールや秩序を乱す行為をしてしまうとクビになってしまう可能性があります。クビにならないためにも、きちんとそうなった経緯を説明し、謝罪、そして和解しましょう。

何度も同じ過ちを犯すことがなければ、理解してもらえると思います。

そして、証人を立てることであなたの説明の信憑性がより高まります

証人を立てることが厳しい場合は、ニコイチの電話代行サービスを利用してみてください。

The following two tabs change content below.

株式会社ニコイチ代表

【記事監修】電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える会社社長です。心理カウンセラー資格所持。「退職代行」「謝罪代行」など業務に関わるテーマで、日々情報発信します。

最新記事 by 株式会社ニコイチ代表 (全て見る)

アリバイ電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業17年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。