電話代行屋ブログ

退職代行を利用して会社を辞めるベストなタイミングとは

退職代行を利用するタイミング

かつて新入社員たちの合言葉となっていた「言葉に会社を辞めるにしても3年」というものがありました。1年目で辞めたいという人もいるでしょうが、会社や仕事の本質はもっと時間をかけなければわかってこないもので、せめて3年は我慢した方がいいという意味で口にされていた言葉です。

とはいえ、会社側に非がないならその言い分にも一理ありますが、明らかに会社の方が悪くて辞めたいと思う人も少なくありません。たとえば上司のパワハラがきつい、残業が多くて嫌になる、など理由は様々です。


それならばすぐにでも辞めるべきですが、一方でどのタイミングで辞めたらいいかわからない、という人も多いのではないでしょうか。加えて、自分一人では勇気がないからなかなかやめられないでいる、という人もいらっしゃるでしょう。


そこで今回は退職代行をどんなタイミングで利用すればいいかご説明します。

会社が人手不足で忙しい時は辞めづらい

どんな業界にでも繁忙期というものがあります。こんな時に人が辞められたら困る、というタイミングで退職届を出したとしたら、あまり良い顔はされないでしょう。もちろん会社は退職届を提出されたら受け入れなければならない、という法律はあります。


会社が忙しいだなんて知ったことではない、とドライに考えられればいいのでしょうが、できるだけわだかまりなく退職した方が気分が楽になることは間違いありません。それに、退職届を出したはいいものの、もう少し続けてみないか、と説得されてしまった結果辞めるにやめられなかった、というケースも考えられます。

そこでこそ退職代行を利用するのも一つの手ではあります。どうしても辞めたい、という時には使ってみましょう。しかしながら、忙しい仲間たちを置き去りにして自分だけ去っていってしまった、という後ろめたさを残したまま辞めるよりは、もっといいタイミングで辞めることもできます。

周囲との相性や人間関係が悪かったら

大抵の会社は、誰かと協力しながら仕事を進めていくものです。理想を言えば誰もが仲良くしながら仕事を上手く進めるのが一番ですが、人間と人間ですから時には仲たがいすることもあるでしょう。単に仲が悪いだけならまだいいのですが、時には周囲から見放されて孤立してしまった、ということもありえます。


いつ会社に行っても誰からも助けてもらえない、上司や同僚は話を聞いてくれない、という事態になったら仕事どころではありません。そこでこそ退職代行を使うべき、というのも一つの意見でしょうが、いったん立ち止まってみましょう。


どうしてそういう事態になったのか、自分は何も悪くなかったのか、とまずは考えてみます。この際に自分にも落ち度があった、と認められるならば、それは自分を変えるチャンスとも言えます。自分の欠点を直すことでより素晴らしい人間になれるチャンスを逸してしまってはもったいないです。


一方、考えても考えても自分は悪くない、と思えるようでしたらすぐさま退職代行を使ってください。今よりも輝ける職場はかならず見つかります。

肉体的、精神的に限界がきたら退職代行業者へ!

最近は仕事が原因で体調を崩す人が増えています。長時間の労働で疲労が抜けずそのまま過労死してしまった、という人は多くいますし、職場の環境が原因で病気になったという人もいるくらいです。また、心の病気も見逃せません。


会社に行きたくない、という思いが募ってメンタルヘルスを受診したらうつ病と診断された、という人は増えてきました。日本の労働法には健康面で問題がある人を働かせてはいけない、という規定があります。ですから身の危険を感じた際にはすぐさま退職するようにしましょう。

もっとも、心身ともに疲れ切っている人が陥りがちな事態として、辞めるための気力すら湧いてこない、というものがあります。辞めるために使うエネルギーのことを考えたら辞める気が薄れてしまい、ずるずると会社に居続ける人は少なくありません。

それもひとえに自分一人で抱え込んでいるからこそ起きる事態です。誰か相談できる人がいさえすれば解決は容易になります。退職代行はそういう人のために相談にも乗ってくれますので、積極的に使うようにしましょう。

一人で辞められなかったら退職代行に相談しよう

仕事を辞めるにあたって、退職届を出すだけで済むなら非常にいいことです。しかしながら現実は厳しく、上司を説得したり必要な手続きを進めたり、と退職にあたっても一仕事しなくてはいけません。そのすべてを一人で賄うのは大変だからこそ、近年では退職代行というサービスが現れ始めているのです。


身近に頼りになる人がいればその人を頼ってみてもいいでしょうが、もしいなかったら退職代行を使ってみてください。大抵の業者は多くの退職希望者と取引を行っていますから、親身になって相談を受け付けてくれます。

ページ上部へ