電話代行屋ブログ

【退職前と後にやる事】私物の回収をして返却物や貸与物は職場に郵送する

初めまして自分で退職の意思を伝えることができない方の退職手続きをサポートしている退職代行ニコイチです。今回は退職代行ニコイチによくある退職の質問を紹介します。

会社の机の中とロッカーの私物はどうしたらいいですか?

職場に私物があるのですが退職後は会社からの電話も出たく無いし、自分で職場に取りに行けない(行きたくない)状況です。やはり、会社に置いてある私物や荷物は自分で取りに行って持ち帰った方がいいですか?会社にある私物は着払いでもいいので自宅に郵送で送ってもらうという事を代わりに伝えてもらうのは可能でしょうか? 

退職代行ニコイチの私物回収に関する回答

可能であれば私物は最終出勤日までに持って帰れる物は持って帰って頂き、持って帰れない物に関しては後日、着払いでなどで自宅へ郵送してもらうように会社にお話しますのでご安心くださいませ。職場に残っている私物は郵送で送ってほしいという意思を代わりに伝えます。


しかし、ごく稀に郵送はやってないので職場に取りに来てくださいと言われることもあり、確実に対応してくれるとは言い切れません。郵送をしてくれない場合、ご自身で職場へ取りに行くか、身内の方に取りに行ってもらうか諦めるかになりますので在籍中(在職中)に回収して持ち帰る方がいいでしょう。


いずれにしても自分で取りに行くのが難しい(行けない)と思いますので、やはり退職日までの間に、やっておく事として最低限の私物は前もって自分で片付けておくことをおすすめします。退職代行ニコイチに依頼される方は職場に残っている私物は、着払いでもいいので自宅に郵送で送ってほしい、もしくはすべて廃棄処分でかまいませんと言われるお客様が多いです。


退職する前に私物は持ち帰っておくのがベストですが、私物を全て持ち帰ることで逆に怪しまれそうであればやめておいた方が無難です。その場合は、自宅へ郵送で送ってほしいという意思を代わりに伝えますのでご安心くださいませ。

退職後、書類の受け取りや会社から借りている返却物はどうしたらいい?

結論、社会保険証や貸与物・返却物など会社に返す物は基本的に郵送で大丈夫です。退職代行ニコイチでは、退職の申し出後に会社から貸与されている作業服・制服・返却物は後日、郵送で職場へ郵送すると伝えます。なので会社から支給されていたり借りている貸与物や返却物はいつでも勤務先に郵送できるようにまとめておいてくださいませ。


お客様が健康保険証や貸与品を返却するために、職場に出向いて持って行ったりする必要はありませんのでご安心くださいませ。会社から貸与されている貸与物や返却物はできる限り机の中、机の上、ロッカーの中に置いて帰りましょう。


ロッカーは鍵を開けておき、鍵を挿しておくか中に入れておきましょう。鍵がない場合は暗証番号を合わせて帰ってください。貸与品を置いて帰って怪しまれるようであれば、そのまま自宅へ持ち帰ってください。社会保険証はしばらく使用する可能性があるので持ち帰っておきましょう。返却物や貸与物は後日、書留郵送などで職場へ送って頂ければ大丈夫です。


返却物や会社から借りている物は後日、本人が郵送で送るそうですと退職代行ニコイチが会社へお話しますのでご安心くださいませ。

自分で返却物を職場に持っていきたくない人は退職代行ニコイチへ

退職後にやる事、返却物を職場に郵送する

社会保険証は奥さんやお子さんの分の保険証をお持ちであれば扶養家族のカードも返却しましょう。退職したら社会保険証は使えなくなるので使用しないようにしましょう。被保険者資格を失うことになるので次の職場で任意継続をしない場合は市役所や役場で国民健康保険に切り替える手続きをしましょう。

制服

制服はクリーニング屋さんに出してから返却しましょう。

セキュリティーカード・入館証・社員証・社章

社員証や社章など、その企業の社員であることを証明するものは全て返却します。非常に大事な物になりますので紛失した場合、セキュリティーシステムを全て変える事になり多額の損害賠償請求をされるリスクがありますので郵送ではなく直接持ってきてくださいと言われる場合が多いのでご注意を!

パソコンやPC周辺機器

返却物は郵便局の簡易書留、パソコンや携帯電話は佐川急便の精密機器輸送サービスやクロネコヤマトのパソコン宅急便を利用しよう。

社用携帯・タブレット端末

ガラケーやスマートフォン・タブレット端末・パソコンや携帯電話は佐川急便の精密機器輸送サービスやクロネコヤマトのパソコン宅急便を利用しよう。

自分の名刺、交換した名刺

名刺を捨ててしまう方がいるのですが会社の物なので勝手に廃棄せず返却しましょう。

書類やデーター・支給された備品

自分で作成したものであっても、業務中に発生したデータ、資料類、メモは返却するようにしましょう。持ち帰ると後々機密情報が漏れてトラブルになる恐れがあるため、迷うものがあったら上司に相談しください。


自宅のパソコンに保存した業務上のデータは、消去するか、必要があれば記録媒体に移して会社に返します。書籍や文房具など、社費で購入したものは会社の所有物になりますので返却しましょう。

通勤定期券

まとめて定期代をもらっている場合は忘れずに精算して返却しましょう。定期券は解約して現金書留などで全額返金しましょう。

社用車

社用車は会社のガレージか所定の場所に返しましょう。車の鍵はダッシュボードか会社のポストに入れるか後日、書留郵便で送りましょう。

ロッカーのカギや店舗の鍵

ページ上部へ