電話代行屋ブログ

【退職願と退職届の違い】

最近は

なんだか温度差が激しいですね。

 

 

季節の移り変わり

皆様も体調を

崩さぬようお気をつけくださいませ。

 

 

さてさて、今日は

「退職願と退職届について」

お話ししたいと思います。

 

 

*退職願と退職届の性質的な違い

 

 

退職願は「退職を願い出る書類」です

 

退職届は「退職を届け出る書類」となります

 

 

つまり、退職願は

「◯月◯日に退職したいと思います」

という願書で

 

 

退職届は

「◯月◯日に退職いたします」

という書類なのです。

 

 

この性質の違いは

言語上のものではなく

正式な書面としてのものです。

 

 

*退職願に出来て退職届に出来ないこと

 

 

大きな違いは

退職の意思を撤回できるか

できないかです。

 

 

退職願は

「退職を希望していることを表明する」

もので

 

 

退職届は

「退職への強固な意思を表明する」

ものなのです。

 

 

つまり、退職届は出してしまったら

撤回できないものなのです。

 

 

*退職願・退職届どっちを提出すればいい?

 

 

基本的に、一般企業などで働くすべての

労働者には会社と

「雇用契約」を結んでいる形になります。

 

 

その「雇用契約」に基づき

労働者は労働を提供し

賃金を得て生活し

会社側はその労働に対して

報酬を与えることを契約しています。

 

 

「退職」とは

この労働契約の終了を意味します。

 

 

労働契約の終了には

3パターンあり

 

 

①自主退職(労働者による解約)

 

②合意解約

(使用者と労働者双方の合意による解約)

 

③解雇(使用者による解約)

 

 

上記③の場合は

会社側からの意思表示ですので

退職願も退職届も関係ありません。

 

 

労働者側から

「労働解約の終了」を行う場合には

上記の①・②どちらかのパターンとなり

 

 

 

「退職願」は法律的には

雇用契約の合意解約を

申し込むことであるとされているため

②の合意解約に該当し

 

 

「退職届」は

①の自主退社に該当するものとなる。

 

 

いかがでしたか?

 

 

退職を考えていらっしゃる

そこのアナタ!

 

 

自分で切り出せないのであれば

まずは当社にご相談ください。

 

 

【退職代行屋に相談する】

 

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業16年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。