電話代行屋ブログ

【退職交渉】体調不良を理由に退職する方法

退職交渉の難易度は担当者次第で大きく変わります。

ほとんどの場合、スムーズにいくのですが

社長や上司が意地悪な場合めちゃくちゃ大変です。

 

本人から連絡がないと退職手続きは進みませんとか

自宅に来ないでくださいと伝えても突然アポなしで

訪問してきたりする上司がいます。

 

そうなると、ご自身では退職するのは大変です

では、どのような理由にすれば退職が比較的

スムーズにいくのか一緒に考えていきましょう。

 

退職にはいろんなパターンがあります。

例えば、ご本人の体調不良を理由に退職を伝える例

 

:体調不良を理由にしばらく休暇をとり

診断書を提出してから2週間後に退職し

傷病手当金を申請する。

 

:親が倒れて介護が必要だと伝えて退職

などです。

 

体調不良を理由に退職をするのであれば

まずは病気療養で仕事を休む必要があります。

 

会社の規定により長期の休みを認めてもらえる

会社もあり最長半年や1年休職することができます。

 

自己都合で退職した場合

雇用保険給付の待機期間が約3ヶ月です。

失業保険をすぐに受け取りたい場合は会社都合の退職の必要があります。

 

休職期間満了で解雇になれば、会社都合での退職となり

診断書を提出すれば失業保険給付の待機期間が

1週間程度です。

 

退職手続きをスムーズに進める方法が

ありますので、仕事を辞めたい方

退職電話代行屋にご相談ください。

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業16年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。