電話代行屋ブログ

【退職代行ニコイチ】業務委託契約中でも辞めることはできる

できるだけ円満に業務委託契約を解除してスムーズに辞めるためにはどうしたらいいのかとお悩みではないでしょうか?

 

そこで今回は円満退職をサポートする退職代行会社で4000人以上の退職を成功させた私が業務委託契約中でも退職できる方法をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

業務委託契約中でも退職できる方法

会社を辞めたい、仕事を辞めたい職場に行きたくない、職場の人と会いたくないそんな依頼が多い中ちょっと事情が違う方の依頼もあります。それは、業務委託契約をされている方。

 

業務委託契約をされている方で多いのはタクシー運転手、激安リラクゼーションマッサージ店美容師、移動販売、販売、などいろいろあります。

 

そこで、当社で退職代行を依頼されて私が実際に実行したのは、覚えている範囲で美容師さん、リラクゼーションマッサージ、などです

 

業務委託契約をされている方のお悩みと言えば「契約期間中の自主退職は損害賠償請求をされませんか?」とか「契約書には3ヶ月前の退職願が必要と書かれているけど大丈夫ですか?」ではないでしょうか。

 

業務委託契約書には「次の人が見つかるまでは辞める事はできない」とか「次の人を採用するのにかかる費用や損害金を支払え」というような会社都合の文面が書かれていることがあります。

 

あなたの業務委託契約にはどのような文言が書かれていますか?入社前に確認しましたか?一度注意して確認してみてください。中には契約書も読まずに契約をされるかたも多いのでトラブルが絶えません。

 

それでは、契約を解除する時や辞めるときにもめる原因にもなります。

 

業務委託契約を解除する

もし、契約期間中に辞めたい場合は、まず契約を解除したい旨を会社に伝えましょう。

 

そこで、期間満了まで業務をこなさないと損害賠償を請求するなどと言われた場合は仕方がありません。

 

しかし、損害賠償請求を避けてスムーズに辞めたいのであれば当社のような退職代行業者に依頼をしたほうがいいです。

 

契約書がある以上、会社はそれを盾にあなたに損害賠償請求をする可能性が大いにあります。無理難題を言ってきてもおかしくありません。

 

当然、お互いに揉めたくないから最初から契約書に明記して取り決めをしています。契約内容が納得できないのなら、申し訳ありませんが今回のお仕事はお断りさせていただきますとか、辞退する事になるのでしょう。

 

しかし、今すぐ働きたい一心で契約書もあまり確認せず仕事を始めた場合、辞める時が面倒なのです。

 

会社も人が少ないからすぐにでも雇いたい、働く人もすぐに仕事がしたい お互いの利害関係が一致した時、「まー、形だけだから一応目を通しておいてくださいな」ざっとこんな感じで終わってしまうのが現状です。

 

トラブルがなければ問題ありませんが何かあった場合や期間満了前の退職の時が問題になります。

 

スムーズに承諾頂けたらいいのですが揉める事が多いので、ここは退職代行業者に任せましょう。

 

スムーズに退職した時は退職代行ニコイチへ

退職代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業16年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。