お客様の声

【浮気・不倫忠告電話代行】成功事例2

職場に不倫の密告電話2

従業員からのタレ込みという設定で職場に不倫の密告電話を2回してください。1回目の要望としては、お客さんを自宅に連れ込んで不倫をしていることがバレていることを本人、もしくは職場の責任者に伝えてほしい。伝える内容としては、匿名、非通知の実行で「〇〇と申しますが、そちらの従業員の〇〇さんに代わって頂けますか?私は、そちらに通っている患者の知人なんですが、そちらの従業員の〇〇さんと不倫しているという話を聞いて今回確認の電話をしました。〇〇さんは既婚者と聞いてますが、さすがに患者さんと不倫関係になるのは、マズいですよね?やめておいたほうがいいと思いますよ。」とお伝えください。

2回目は本人に確認したのかということと、どのような対応をするのかを確認してください。伝える内容としては「前回、電話をした者ですが、本人にちゃんと伝えて頂けましたでしょうか?と確認の電話をお願いします。自宅に女を連れ込んで不倫をしていることを伝える。あなたは既婚者ですよね?一緒になる気はあるんですか?彼女を見ていてかわいそうで辛い。知人として悲しませたくない。あなたが一緒になる気がないのであればすぐに別れてください。不倫の証拠もあるのでクビになりますよ。証拠の動画を送りますので不倫関係をやめてください。と忠告をお願いします。そして「今後どう責任を取るのかの聴取」もお願いしたいです。私は不倫関係を辞めてもらえれば結構です。今回の不倫忠告電話に違法性はないと判断しております。

電話代行ニコイチの結果報告:本人は電話に出ませんでしたので責任者に不倫の事実を伝えました。ご依頼者様によると、それから一切会うことはなくなったそうです。やはり誰かが密告しないとバレないものですね。だから電話をするということは非常に大事です。

浮気・不倫忠告電話代行はニコイチへお任せください

ニコイチは電話代行専門の便利屋で創業16年目を迎える信頼できる会社です。
電話代行を専門業務としている会社で10年以上続いている便利屋はニコイチだけ!

1人1人のニーズに合わせてじっくりとお話を聞きながら最適なプランをご提案いたします。