早退電話代行

【早退電話代行】電話代行専門の便利屋

「体調が悪くて会社に行きたくない・・・」「今日は用事があってどうしても早退したい・・」など様々な理由で職場を早退をしたい時ってありますよね。しかし、休みたくても休ませてくれない会社が多いのが事実。


でも、安心してください、早退電話代行ニコイチは他の便利屋さんなどでは対応できないような【早退したい】【仕事を休みたい】という悩みを今すぐ解決することができる電話代行業者です。


今から出勤だけど【会社に行きたくない】【早退したい】場合でも大丈夫です。ニコイチでは依頼を受けてから実行するまでのスピードにもこだわっており最短30分で問題解決したケースも多くあります。今の時間からじゃ間に合わないと諦める前に今すぐご連絡くださいませ。


実は本日も、早朝から会社を早退したいという依頼が入りました。依頼は入ったのが朝の8時、クレジット決済を希望されたのですぐに決済を済ませ、8時20分には職場に早退電話を代行させて頂きました。


遅刻をした、仕事を休みたい、早退したいという依頼は緊急性が高く今すぐできますか?という内容です。その点、当社は朝7時から営業しておりますので問題なく対応できますのでご安心くださいませ。


「会社に行きたくない」「今すぐ家に帰りたい」そんな人は意外と多いのです。そこで今回は早退電話を得意とする電話代行ニコイチが簡単に会社を早退できる方法を教えます。

早退電話の方法

早退するにしても、それなりの理由が必要ですよね。しかも、自分で伝える場合は上司を納得させられる理由を伝えないと早退せてもらえないです。私も経験があります。とりあえず会社に出社して朝からソワソワして、なんて言おうかなとずっと考えるのですが「う〜ん 理由が思いつかないし言い出せない!」やっぱり自分で伝えるのはできなかったです。


なので早退する場合は、自分一人の力ではどうしても難しいです。よっぽど体調が悪くて帰らせてもらうか、身内が倒れたという内容でないと信用してもらえないでしょう。そこで今日は早退電話のプロとして簡単に早退できる方法を教えます

 

おすすめの人物設定

まず、職場に電話をしてくれる人を探します。友達でもいいですが、慣れていないため、バレたり怪しまれたりするリスクがありますので、プロの電話代行業者がいいでしょう。では、電話を頼める人が見つかったら父親・母親・兄弟・親戚の方など身内になりすましてもらいます。

 

伝える内容

本人の携帯に電話をしましたが電話が繋がらなかったので、こちらに連絡をさせて頂きました。「母親が倒れたので可能であればすぐに戻ってくるように本人へ伝えてもらえますでしょうか?」です。電話をかけるのが男性であれば父親や親戚のおじさんという設定になり。倒れた人は母親、祖父、祖母という設定になりますね。


実際に誰が電話をするかというのは、あまり重要ではありません。倒れたのですぐに帰ってきてほしいという連絡をすることが重要なのです。しかも、怪しまれずに。

 

想定される結果 

電話を受けた会社の方は「わかりました、本人へ伝えます」と言われるか、「本人が近くにいるので電話を代わります」と言われます。あなたが近くに居ない場合は会社の方から「家の方から連絡があって〇〇さんが倒れたそうだから、すぐに連絡してあげて」と伝えられるでしょう。


近くにいて呼ばれた場合は、多少の芝居が必要になります。そういうことが想定されるのでやはりプロの電話代行業者に依頼をした方がいいでしょう。その場合、こちらがリードして芝居をしますので、話を合わせてもらえれば上手くいくようにやりますのでご安心くださいませ。


これで問題なく早退ができます。実際に、このやり方で電話代行ニコイチでは4000人の方の早退や休ませることを成功しています。なので、今すぐ仕事を早退したい今日だけ早めに家に帰りたい場合は私達にお任せください。

 

アリバイ工作のシナリオもバッチリありますので会社に怪しまれる事無くあなたはみんなから心配され堂々と会社のドアを開け早退してください。時には息抜きも必要です。鬱になったり、会社が嫌になるくらいだったらそんなに無理せず、とりあえず休むのが一番です。

 

ここでは当社のお客様の早退電話代行の事例をご紹介しています。私達に任せて頂ければ誰でも、これと同じ、またはこれ以上の結果を出すことができます。(お客様の許可を得て掲載しております)

早退電話代行 成功事例 ケース1

依頼状況電話でご相談後すぐにご依頼され、即実行を希望
お客様30代 男性
電話相手職場
依頼内容


父親が急病で叔父から会社に電話をするケースをお願いしたいです

人物設定


親戚のおじさん

早退電話 実行

親戚の叔父になりすまして会社に早退電話を実行。

結果

そちらで働いている〇〇のおじなんですが。「本人の父親が倒れまして、すぐに家に戻るように本人に伝えて頂けますか?」と伝えたところ本人が近くにいますので代わりますと言われ、ご本人さんが電話に出られましたので、「〇〇くんか?おじさんだけど、お父さんが倒れたからすぐに家に帰ってこれるか?」と伝えました。


ご本人さん「えっ、本当ですか?わかりました。すぐに行きます」と言って電話を切られました。その後、電話で無事 早退できました!ありがとうございます。と連絡を頂き無事に早退電話が成功したことを確認させて頂きました。 

早退電話の代行料金は1万円

早朝7時から営業しておりますので出勤前に依頼をされる方も多いです。早退電話を希望する時間は指定することが可能です。

 会社/仕事を早退したい時は早退電話の代行サービスを活用しよう!

このように他人を頼ることで、スムーズに早退したり会社を休むことができます。


1万円くらいで悩みが解決できるのであれば利用する価値はあると思いますので私達にお任せくださいませ!

早退電話の無料相談や依頼はLINEが簡単!

ページ上部へ